スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水?浦和(’09) 

いいゲーム、いいレッスン。

J1第8節 浦和 △2?2△ 清水(エコパ)

でも清水とは、日本平でやらないと、気分が出ない(笑)。磐田は別に、どっちでも。


狙いなのか、ハマったのか、今のところ特に聞かないので後者なのかなと思いますが、清水の守り方は”浦和対策”として、とても効率が良かったと思います。
簡単に言えば、丁寧だけど準備運動という以上の意味の余り無い(笑)、浦和の初期段階の(ショートパスによる)ビルドアップは放っておいて、そこからより攻撃的な縦パスや広角の展開(まとめてロング)を繰り出そうとするその瞬間にプレスをかけて、コツンコツンと、言わば出バナを挫くようにかっさらう。そして勿論そこからカウンターを繰り出す。
最初からギリギリ封殺しようとして消耗した千葉とも、浦和の攻撃に調子に乗らせる余裕を与えて結局防ぎ切れなかった跳ね返せなかった京都とは違ってというか、その中間というか。

やってることは要は「低い位置のプレス」であるし、その内実は日頃からやっているプレス動作を、”好調”浦和を警戒してある意味たまたま引き気味に構えて、それが上手くミックスされたというそういうことなんだろうと思いますが。つまり別段”ザ・浦和対策”というほどのものでもないんじゃないかとも思うんですが、それにしてもそれが見事にハマって、前半はほぼ完全に抑え込まれましたね。
今季は苦しんでいるようですが清水という同じ監督の元で長く訓練されたチームだからこそ、あそこまで的確にやれたという感じはしますが、しかし少なくとも鹿島ならこのやり方は完璧にこなすでしょうから、次当たっても結局開幕戦と同じような形でカウンターに沈んで返り討ちに会うのかなと、不吉なイメージがどうしてもよぎりましたが。(笑)

とにかく、一つの”教科書”を、他チームに示されてしまったのは、確かだと思います。
次どこだっけ?新潟か!それはいかにもまたヤバそうだな。ここもかなりの精度でそれをやれそうな、むしろ得意そうなチームではあります。ううむ。(笑)


改めて言うと、普通のサッカーでも「攻撃的な縦パスを入れさせない」とか「クサビを潰す」みたいな守り方は当たり前に行われているわけですが、フィンケ・サッカーの文脈に特化した言い方をした場合、要は”ショートショートロング”と言った時に含意されているのは、”ショート”だけでは詰まる/狙われるので、それを交わす/打開する為に”ロング”というそういうことなわけで。
その「対処」策であるはずの”ロング”の方を狙われた時は、じゃあどうするのかという。

それについては正にこれから示されるのかも知れませんが、今までの話の範囲で考えられることとしては、一つにはそもそもの”ショート”と”ロング”の関係をイメージする為に使った”ドリブル”と”パス”という比喩(”キープ”と”リリース”というか)を思い出してもらいたいんですが。基本はドリブルでゴールへ、寄せられてヤバそうならハタくという、例のアレ。
そこから単純に考えた場合は、”ロング”の方を狙われているということは”ショート”の方は狙われていないということなので、つまり”ドリブル”に寄って来ないのならハタかずにそのまま行ってしまえばいいと、そういう論理が一つ出て来るだろうと思われます。話を元に戻す、と言うか。

で、実はこの前のプロサッカーニュースの清水秀彦解説で、”浦和の欠点”として言われていたもう一つのこととして、「ショートで崩し切れない」(崩し切る形が無い)というのがあって、ちょっとその時は虚を衝かれたというか、そうだったかな、結構頑張ってたけどな、いいプレーあったけどなと今いち納得し切れないでいたんですが。
でも多分それは基準というか、要求水準の違いということで、特にあの年代の人にとっては(笑)「ショートパスで崩す」と言うからには、極端に言えばヴ○ルディくらいゴリゴリにやってくれないと認められないよ、そんなちょっと綺麗に回してお茶濁されてもねと、そういうところがあるのかなと。すぐロングに逃げるなというか。(笑)

これだけだとなんかサッカー観の相違みたいな感じですけど、実際に例えばこの日の1点目、同点ゴールの、阿部が中央を真っ直ぐに駆け上がったことで生まれた”補助線”を使った、結構強引で電光石火な、「ショートパスの交換による中央突破」(風のそれ)なんかを見ると、ああ、確かにまだやっていないことがあった、やり切れていないことがあったのかなと、そういうことは感じました。
若干偶然ではありますし、カウンターの形以外でいきなりあれをやるのは、現状ためらいがあるだろうとは思いますが。文化に無えというか、常識が邪魔をするというか。(笑)

フィンケがどう考えているのかはここまでのコメントではよく分かりませんが、確かに基本であるはずの「ショートパス(だけ)による崩し」そのものを、一度見つめ直すというか改めて定義し直してみる必要は、あるかも知れません。要するに、どうするのよ?という。仮に邪魔されなかったら。ヴ○ルディなら割りと簡単ですけどね。(笑)


と、やや先走ってしまった感はありますが、冗談でなく”ショート”の部分が少し機械的というのはあるんですよね。
それは京都戦あたりから言っていた、(最初の)”密集”の作り方ということも含めて。
・・・・ちなみにこの”密集”という言葉は、どっちか忘れましたが(マガジンかな)某専門誌の浦和プチ特集でもキーワードとして使われていたので、もうオフィシャルということでOKかなと。(笑)
話戻してつまりですね、それ自体は技術的確実性と”鉄”の意志で、案に反して現状特にリスキーではないですが、フィンケ・レッズが低めの位置で最初に密集を作る手際やタイミングはもう良くも悪くも安定してしまっているので、それで逆に”ロング”のタイミングや行き先も読まれる、そこを清水に引っ掛けられ続けたと、そういうことでもあるわけで。

単純に”ロング”の優先度を上げるか、”ショート”と”ロング”の組み合わせのヴァリエーションを充実させるか、そして勿論、”ショート”自体の根性を(笑)、もう一度入れ直すか。どうすんでしょうね。
いずれにしても最初に敵の注意を引くゾーン(攻撃の始点というか)が、もう少し高い方がいいんじゃないかなあとは思います。ある意味余裕を持って待ってましたからね、清水は。真面目なのは結構ですが、運動量の有効投入ということも、やはり考えたいですし。高い位置のみに集中してあとスッカスカの岡田ジャパンみたいなのも、どうかと思いますけど。
多少コマいかなあと。フィールド全体についてのイメージが、無いかなあと。まあそういうサッカーではあるんですが。


1失点目のトゥーリオの対応の軽さを見てると、やっぱり疲れはあるのかなという感じはしますね。
リスキーなことはやっても、軽いことというのはやりそうでやらないですからあの人は。本人それを知っていて(一種の逃げのプレーをやってしまったことを分かっていて)、なんか”照れ”たような変な表情をしていたのは、それはちょっとかわいかったですけど。(笑)
”サボり”ならいつものトゥーリオ(個人)の話ですみそうですが、ああいう見た目は前向きなでも隠れた疲れみたいなのは、多分全体のことなんだろうと推測できます。チームに”一体感”があるだけにね。みんな、(痩せ)我慢している状態。

フィンケがターンオーバー的なことにどこまで積極的なのかはまだよく分かりませんが、現状でも例えば三都主を中盤で使ってみるくらいの変化は、付けてみてもいいんじゃないかと思いますが。今後の人材起用のヴァリエーションという意味でも。
しかしフィンケ下でむしろ劣化するエスクデロというのは、どういうことなんでしょう。ついてけなくてふてくされてるんでしょうか。これまでも決して賢い選手ではなかったですけど、そんなに軽い選手ではない、ある意味男気のある選手だったように記憶しているんですが。使われてはいるんだから、頑張って欲しいですね。

”敵”としての永井を見るのは、やっぱり少し辛いです。故障もあったようですが、やっぱり、レギュラー扱いではないようですし。
ヨンセン?永井なんて組み合わせは、それ自体としては魅力的だと思うんですけど、全然健太監督の色じゃないしなあ。
合わないって。帰って来なよ。高原と交換しようよ。静岡が恋しいだろう?高原も。(笑)
堀之内&セルの”必勝パターン”も破れたので、次あたりまた新しい(形の)選手起用も、見られますかね。

ではまたすぐ。(笑)


スポンサーサイト

浦和?新潟(’09)&柏?浦和(’09) 

クソ強え。

J1第9節 浦和 ○1?0● 新潟(埼玉)
J1第10節 浦和 ○3?2● 柏(国立)

こりゃ嫌われるわ。(笑)


ひどいよね。この2試合。つい負け側の気持ちなんぞも考えてしまうと、特に。(笑)
トゥーリオが殴るぞ殴るぞと見せかけて、ほんとに殴って倒してしまった新潟戦。(見せかけて?)
追いついただけでもお腹一杯なのに、ええいこの際だ行っとくか、これで逆転したら笑うけどなととりあえず突っ込んでみたら、その気楽な勢いに相手が勝手にひびって、あちこち警戒するんだけど正門だけは開いていたので通っちゃったよ城落ちちゃったよみたいな、余りにも美味しい結果にちょっと後ろめたくて、笑うのも遠慮した(笑)柏戦。

最後ボール触ったのがエスクデロで良かったですね。高原だったら、あれでも入らなかったような気がします。
いやあ、しかし勝つかね。勝つのってこんな簡単なもんなのかね。良い子のJリーグのみんなからの質問です!

気が付くと「3点」取ったりしてますけど、まあ”総得点”が何点とかいうのと、「その1点を取る」「相手よりも1点多く取る」ということが別のことなのだというのは、”強い”チームや”勝つ”チームを見てれば嫌でも分かることなんですが、どうしたらそうなれるのかが分からんのですよね、みんな。(笑)
今季のパルサなんてのは、「理解出来るタイプの強さ」をある意味歴史上最高クラスに極めて、それで勝ち切る予定だったんでしょうが直近の最重要試合では、何やらロスタイムのマジックに頼ってようやく勝ち抜けたらしいですが。まだ見てませんが。
まあバルサに関しては、出来れば”予定通り”の”見た目通り”の強さを出し切って、決勝では勝って欲しいと思っています。別に応援してるわけでもないんですけど、逆にたまにはそういうのも見てみたい。”精神”や”神秘”からは解放されて。


それはともかく。

内容的には、一方でなかなかの”危機感”も無くは無い、この2試合でもありましたが。
まあ連戦の中で片や俄かに「酷暑」の新潟戦、一転して「豪雨」の柏戦だったので、結果が悪ければいっそ”参考記録”としてスルーしてしまっても、いいところではあるんですけどね。そんなに毎回毎回、全ての出来事に同じように意味を見出すのも嘘臭いですし。
でも勝ったので(笑)、一応反省してみます。

相手の出方としては、まず新潟は、一見すると激しくプレスをかけて来ているようですが、それは要するに「タスク」という以上のものではなくて、本質的にはなるべくリスクを抑え、プレスで浦和をけん制しながら隙を見つけたら出るべきところで出て、取るべきものを取ってこようという、そういうスタンスだったかと。”アクション”とか”リアクション”というより”リーズン”というか、主観より客観というか。
まあなんか変に老成しているというか”ミニ鹿島”というか、これは別に悪口じゃないですが。
鈴木監督の特徴というのと、元々やや大人しいチームだと言うのと。燃えても燃えない。”醒めてる”というより、のんびりしている(笑)。そこらへんが、今はいい方に最適化されているように思えますが。ただ弱い時と強い時の区別が、よく分からない。外国人の当たり外れ以外の部分で。同じ理由で、強かったり弱かったりしているように見える。

一方の柏は、それに比べるとだいぶ若い(クラブの歴史は逆ですが)というか、先が見えないままとりあえずつっかけて来て、ただ疲労と雨で、正直少し嫌気がさしているところのあった浦和にはこれが結構小うるさくて、度々変な(予想しにくい)タイミングで変なボールの取られ方をして、そこからのチャンスをいくつかのファインプレーとどさくさで、結果的には妙に効率的に点に結び付けられて、どちらかというと普段”騙す”立場の浦和としてはちょっと事態を正視し難いようなところがあって、まあいいかもう今日は、これは悪い夢だ、忘れようと、ほとんどそんな気分になりかけていたようにも思いますが。
ただ最後だけはラストスパートで気合入れてみたら、いきなり”ウラワシステム”が回転し出してあら勝っちゃったという、そんな試合。

いずれにしても総じて言えば、”相手のプレッシャーやいくつかの悪条件によって、本来のサッカーが出来なかった”試合ということになるでしょう、この2試合は。
更に人によっては、その”本来のサッカー”の弱さや限界の、見え隠れした試合であるとも。

僕自身はまあ、”たまたま”と必然の混在している印象を受けていますが、つまり弱いところがあるのは確かですが、最終的な見極めをするには、その前にやっておくべきことがあるだろうと。”限界”や”方向転換”を言うには、単に「未完成」な部分も大きいというか。
・・・・ただその為の作業が、「これまでの」フィンケ・サッカーそのものからの、逸脱もしくは付け足しを要求するかも知れないと、そういう気もします。「完成度」以外に、フィンケにこれ以上のメニューが無いのなら。

具体的に現時点で出ている論点としては、一つはやはり、「もっと簡単に前に運ぶべきなのではないか」というタイプの、まあ柏戦を見てれば当然出て来る意見。これはつまり、日頃からうっすらみんな思ってはいたけど、あの日のピッチ・コンディションでそれが一気に表面に出て来たという、そんな感じでしょうか。
もう一つはそれとも関連して”ショートパス”の置き所、攻撃全体の中でそれをどう位置づけるか、どの段階で始めるのかというのと、最終的に点をもぎ取る上で、どれくらいの比重を置くのか。
・・・・まとめて”ロング”と”ショート”の問題、と、一応は言えますか。

まず前者については、新潟戦の印象からは、少なくともフィンケ自身の観念の中に、「どう運ぶ」という予めのイメージは、やはり無いのではないかなと。原理と規則を与えて、後は転がるに任せると、繰り返し言ってますがそういうこと。
新潟戦についての自分メモ(笑)には、「基本は即興、ライトジャズ」とあります。なんだ?ライトジャズって。(笑)
ここでなぜここまで断定的な言い方(書き方)が出て来るかというと、新潟戦というのがある意味とてもバランスが良くてニュートラルで、適度なプレッシャーとリーズナブルな押し引きの中で行われたいい意味で”標準的な”試合に感じられたからです。だからレッズも、標準的な姿を見せただろうと。ここらへんはちょっと感覚なので、同意してもらえるか分かりませんが。

後者について僕が一番関心を持っているのは、(ショートパスの)位置付けそのものよりも、「中身」ですね。逆にそれが決まれば、位置付けも自然に決まって来るだろうと。
どういうことかというと、それは前回あえて旧ヴ○ルディなどを引き合いに出して言った、「実際のところ、ショートパスで攻め切るイメージがどれくらいあるのか」という、そういう問題。

なかなか通じる人と通じない人がいるでしょうが、例えば柏戦のようなコンディションの日、レッズだったら、「ロングパスやシンプルな攻撃中心に」切り替えようとか、そういう話になるわけですね。あえて言えば、サッカーを”変え”ようということ。
これが典型的神話的(笑)なヴ○ルディだとどうなるかというと、確かに変えるんです、ヴェルディも(もういいや)。雨用に手数を省略したりはする。ただそれは別のサッカーをするということではなくて、さっさとゴール前に運んで、それでショートパスゴリ押しサッカーを始めようぜという、そういう”変わり”方なんですね。転向どころか”凝縮””純化”なんですね(笑)。これが根っから”パスサッカー”のチーム、もしくはブラジル的なそれと、フィンケの少なくともここまで見せているそれ(に関わっている人)との振る舞いの違い。

単に慣れや覚悟の違いかも知れませんが、どうもフィンケの”パス/ショートパス”サッカーには、ど真ん中が抜けたまま、周りだけが整えられているような落ち着かない感じが付き纏っている、今のところ。途中の話だけ異様に丁寧というか。
ある程度はほんとにそうなんだと思うんですけど。”こう”攻めよう、点を取ろうというより、こんな感じで人とボールを動かしてれば、その内何かの形で点は入るだろうという、”人事を尽くして天命を待つ”サッカー。それが悪いということはないんですけど、一時の高揚感が去って、そろそろ選手が迷い始めている感は無くも無い。ここまで言われた通りやった、なるほど悪くない。で?この先は?結局どうするの?

”教えて欲しい”というよりは、はっきりして欲しいということだと思いますけどね。プログラムがあるのか無いのか。無いなら無いで、何か考えてそのようにやるけどという。


そう言えば水沼さんなんかも、意外なほどフィンケ・レッズに辛口というか、まず”不満”、最後まで攻撃が行かないことへのそれを、ことあるごとに口にしていますよね。ここらへんは清水(秀彦)さんなどとも並べて、やはり世代的サッカー体験的な違いがあるのかなと、共感と違和感両方込めて、感じますが。
”(ショート)パス”という概念に関する、感覚の違いというか。回して当たり前の時代の人と、綺麗に回ること自体が快挙で勇気な現代と。讀賣に隠れがちですが(笑)、日産もあれで相当”ショートパス”だったみたいですからね、僕も見たことはないですが。

とにかく現状の色んな顔が出たり入ったりでも、別にJリーグくらいは勝ち抜けると思いますけど、ただ目指す高いステージを考えた時にはどうなのか。一つ、やり切るor典型的なイメージを共有しておかないと、厳しいんじゃないかという。いいとこ展覧会で終わるんじゃないかという。ヨーロッパ風にボールも回せる、黄色いおサルさんの。
せっかく何をやる上でもハイレベルの監督を抱えているんだから、フィンケが「先」を提供してくれるなら勿論それでいいですが、そうでないなら、共同で何か作って行きたいなと。時間はあるし。

ま、分かりませんけど。GW終わって、運動量が戻ってから、改めて考えた方がいいような気もします。


浦和?川崎F(’09) 

ミニマム浦和。

J1第11節 浦和 ●2?3○ 川崎F(埼玉)

と、思ったけど、ちょっと底割れしてしまったか。


疲労と暑さ、加えてポンテの不在で、どんな試合になるんだろうと思われましたが、序盤は思いの外ちゃんとしてて、かつそれ(パスワーク)とはあんまり関係無かったけど(笑)、コーナーから先制点まで入ってしまって、正直また勝っちゃうのかあと、思ったのは事実です。
後半に入ってクサビ一発で割りとだらしなく追い付かれて、でもすぐ取り返して、しかもそれが原口に交代したここんとこ音無しの高原の、思わず「誰だ?!」と叫んでしまった(笑)技ありのポストプレー(阿部の前の1つ目のやつね)がらみのもので、トゥーリオのいつもながらの落ち着いたシュートともども、いかにも「底力」を感じさせる取り方で、ここでも再び、勝ったなと思ってしまったのも、それも事実です。

だからこそ逆に、そのリードをやや不用意なトゥーリオのプレーによるPKで無いものにされたのには、「あれ、聞いてないぞ」と慌ててしまいましたし、実際慌てて攻勢に出た裏を衝かれた、1点目同様に縦パスをあっさりポストで処理された挙句の3点目には、1点目の時は見ないようにしていた(笑)チームの弱い部分に改めて直面させられて動揺したというのと、ここ2試合の強引な勝ちっぷりの後ろめたさにも今更引っかかってしまって、なんか一気に夢が覚めたような落ち方をしてしまいました。駄目じゃあ・・・・
ええええ、調子に乗ってましたとも、いいじゃんでも、それを含めて楽しみさ。本当に”駄目”になるその瞬間まで、例え根拠は薄くとも勝つに決まってると信じ込むのも、”勝者のメンタリティ”の一部さ。

まあ勝ち点”1”を取る為には、その根拠の薄い前向きさがアダになってたような気はしますけどね。
トゥーリオも反省しているようだし、それはそれでもう終わり。


この試合の少なくとも序盤、面白いなあと思って見ていたのは、ポンテがいない、エスクデロでは代役になれないのは分かり切っている、そもそもポンテがいても、ここんとこそんなにちゃんとやれてたわけでもない、にも関わらず、「ショートパスを回してポゼスをとる」イメージが、ある種何事も無くピッチ上に生きていたこと。川崎相手に。”とる”、または”とれる”という、日常性というか。
勿論立ち上げからのフィンケの”指導”が物理的基盤になっていたのは確かでしょうが、それ以上に、”パスサッカー”のチームとして試合を運ぶイメージが、いい意味で習慣化している、共有されているのを感じました。ポンテがいないだけに尚更ね。

一度実現された機能はその実現に用いられた条件が変わってもor欠損しても、別の道具的手段を使って再現・維持される(ことが多い)というような哲学概念があるんですが(笑)、そうい意味でのパスサッカーという「機能」の不可逆的実現・達成というか、独り歩きというか、その為の「臨界」を、既に一つは越えたんだなあということを、見ていて感じましたが。
まあどんなスタイルのチームでも、そういうことはあるんですけどね。逆に限界もあって、ではいくつ”条件”が変わったら維持出来なくなるのか、そこらへんは棒倒しか何かみたいなもので(笑)、山を崩して崩して、棒が”倒れる”瞬間までは、実はよく分からない。
・・・・いや、別に倒さなくていいですよ?(笑)、わざわざ。みんな怪我しないように。

この試合については、むしろポンテがいなくなったことで引き締まったというか、改めて意識付けがし直されたみたいなところも、無くは無かったと思いますが。エスクデロがもうちょっとちゃんとやってくれたら、稼働時間も延びたんじゃないかと思いますけど。
逆に点が入っちゃったんで落ち着きを失ったというか、せっかく引き締まっていたのがダレたみたいにところも、あったかも。

しかし何でエスクデロなんですかね。”いない”というのは分かるんですけど、他でもないフィンケが、ここまでも含めて相対的に重用する選手のチョイスとしては、正直よく分かりません。明らかにモラルを落としていると思うんですけど、”戦術理解度”以前に。
その、他の選手の”戦術理解度”(と運動量)と比較しても、エスクデロの恐らくはキープ力を、フィンケが買っているのだろうと、それくらいしか推測できませんが。

三都主がブリブリ怒ってるのも(笑)、多分関係ありますよね。言いたかないけどアイツ以下かよ俺はと。
まあ(フィンケの視察が始まった)去年ほぼ丸々いなかったですし、基本的に「左サイドバック」だとしか、思ってないのかも知れませんが。リハビリという意味も含めても、エスクデロに与えられている出場機会の少なくとも何割かは、三都主にも回されてしかるべきじゃないかと感じるんですが。
いや、三都主が問題だというんじゃないんですけどね。誰でもいいんですけど、西澤でも、赤星でも。まあどうしても試合でしか見る機会の無い立場としては、せっかくだから色々見たいという、そういう身勝手な注文をつけたくなるものではありますけど。エスクデロねえ。FWならまだしも、中盤メインですからねえ。

高原は余り何も言わないので、分からないですけど。ていうか言わな過ぎの気も。スポ新レベルでももう少し何かあっても不思議でない、そういう境遇ですけど。
大人で偉いのか、日本語忘れてるのか(笑)。いやいや。
気が付けば1トップベースのチームになってるし、ますます厳しい。正直気の毒ではあります。

いずれにしても、現状選手層が厚いとは言い難いですが、まあ無いものねだりですね、基本的には。
かつかつやって行くしかない。しかしこれ以上達也の復帰が遅れるようだと、さすがに何か考える必要は、あるのかなと。
まあ今季については、”ドリル”学習イヤーとして、いっそ手持ちでどこまでやれるかを貫くのも、清々しいような気もしますけど。


そんな中でフィンケデビューした高橋峻希。
バイエルン戦の思い出も遙か彼方で(ああ、クリンスマン・・・・)、正直ちょっと不安でしたが、やはりいい選手だということが確認できて、良かったです。原口や直輝の”ラン”体質と比べればグッと”ドリブル”寄りですが、しかし単なるヨーイドンではないというか、チームの一員としてのドリブルの出来る選手というか。
これはドリブルそのものの”威力”とも関係しますが、何と言うか「始点」が分かり難いんですよね、この人のドリブルは。いつの間にかという感じで、スピードに乗っている。比べるとすれば・・・・FCの石川直とかかなあ、特にデビュー当時の。ただしドリブルの”足の長さ”はもっとあって、あそこまで瞬間芸ではない。だからこそ、サイドバックも出来るんでしょうけど。(見たことありませんが(笑))

その石川直は、途中投入であっという間にゲームの”勘所”を見つけ出して、チャンス創出率が異様に高いのが特徴でしたが、峻希にも同様の臭いを感じます。
出来ればもっと右サイドで見てみたかった気がするんですが、展開で左に流れて来ることが多くて、ひょっとしてあれは仕様なんでしょうか。意外と真ん中も出来たりして。直輝と互換性のある動きが出来たりしたら、素敵ですけどね。

とにかく、なかなか賢い選手だなと。「頭」なのか、「勘」なのか、まだよく分かりませんが。(笑)
しっかし優秀過ぎないか浦和ユース。一人でも十分なレベルなのに、既に3人。もっといそうだし。
ガンバのようにトップに”合わせた”感じでもないのが、ちょっと不思議ですけど。いいタイミングでフィンケ引っ張れましたよね、返す返す。


そう言えば次ガンバか。ポンテも達也も間に合わないようだし、苦境は続きますが、フィンケの出方も含めて、まあ楽しみと言えば楽しみ。さすがに鹿島・川崎・ガンバと、ライバルにだけ全敗というのはちょっとかっこ悪いので、何とかしたいですけど。

この試合、ああも簡単にポストプレーを許してしまったのは、プレッシング/ゾーン仕様とマン仕様との切り替えがまだ上手く行ってないのかなというそういう感じですが、そもそもそういう守り方をいっさい練習してないようにも見える、そういう慌てようでしたね。捕まえに行く守備(とそこからの攻撃参加)で今季好調の坪井でしたが、ジーコジャパン(の4バック)の時もそんなにそこらへん強い感じはしなかったし、意外と単純な弱点が見つかってしまって、ううむという(いや、別にこの試合が坪井のせいという意味ではなく)。トゥーリオが本来的に”リベロ”でしかないのは、当然ですし。ミランはちゃんとスカウティングしてるのか?(笑)
・・・・あんまり言いたくないですけど、つい2年前まではワシントン使ってこっちがやってたような点の取り方で、正直かなり気分が悪かったです。(笑)

まあ当分は、かいくぐられない方を、優先なんでしょうけどね。でもそれだけでは世界ではって、その前にJでやられてますけど。
元々は得意な守り方ですから、むしろ少し不調が続くことによって、思い出せそうな気がしないでもないですが(笑)、しかしそれだと一貫性がな。ぶっちゃけ、最終的には個人能力なんだろうと思いますけどここらへんは。
まあ真面目な話、かなり久しぶりにまともに破られたというか、余りに迂闊にカウンターを食らってしまった面が強いので、もうちょっと本来は対応力があると、信じたいところですが。


はい、仕切り直し仕切り直し。


浦和?G大阪(’09) 

勝ちたかった。

J1第12節 浦和 △0?0△ G大阪(埼玉)

勝てたはずですしね。”点が取れない”のはともかく、”チャンスを外す”のは癖になりかねないので、気を付けたいです。


やってみると分かる、やってみないと分からないことが、色々あるなあと、そういう感じの試合。
どういう試合になるんだろうと思ってましたが、こういう試合か。

と、一人で呑み込んでてもしょうがないので(笑)さっさと話を進めると、まず普通に、「圧倒」した試合だと思います。
”パスサッカー”ったって色々あるという話を、開幕から折りに触れてして来ましたが、ほんとだなあと。・・・・いかん、また一人合点モードに(笑)。感概深くてね、つい。
正直こういう試合になるとも、ここまで出来るとも、思ってなかったですね。ここんとこの試合内容からも。
疲労回復とガンバ相手という気合の入れ直しの効果は、あったんでしょうが。ポンテの不在も、ほとんどの時間帯では忘れてる状態に、早くもなってました。それ以上に(フィンケ)”レッズ”が、存在していた。

問題の”パスサッカー”・・・・の、あえて煽り的に言って「西比較」に移ってみますと。(笑)
どこが違ったか。まず東、レッズの方が、西、ガンバより”オートマティック”だったと思います。「組織的」というよりは、「規則的」という感じですけど。練習で仕込まれた原理の無意識的自動的発動。だからレッズの方が切れ目/淀みなくて、一つ一つ速かった。
ガンバの方には勿論熟練と蓄積では一日どころじゃない長があるはずですが、”こなれて”はいても、基本は個人ベースなんですよね、あえて言えば。まずおもむろに考え込む段階があるので、そこで一歩、立ち遅れる。いずれそれが強みになる局面もあるんでしょうが、少なくともこの日は、その前にやられていた。
こういうことを今まで分かっていなかったかと言うと、うっすらとは分かっていたとは思いますが、レッズの質の違う”パスサッカー”とぶつかることで、初めて理論的可能性が現実化したというか、可視化されたというか。少なくとも僕の目に。(笑)
マンUとやった時でも、特に感じなかったですから、やはりこれは、フィンケ・レッズの”集団”性ありきのことではないかと。

次にこれは上のことからある程度自動的に出て来ることですが、ガンバの”パス”は、結局のところスペシャリストたるFW/ストライカーに”渡す”為のものなんですよね。本質的には古典的、役割分担的。だから外国人FW次第という状況が、ここ数年続いている。今季についても、レアンドロ/チョジェジン不在のゼロックスではかなり悲観的に見えたんですが、戻って来たら何事も無く圧勝を繰り返してますからね。騙されました。(笑)
それに対してレッズは、基本全選手が同一原理の動きを繰り返しながら、たまたまその時”その順番”になった選手がシュートを打つ、比較の問題としては正に”トータル”なフットボール。そうは言っても得意不得意も能力差/徹底度の差もあるし、結果得点力が盤石というわけでもないので、多少綺麗事ではありますが。(笑)

・・・・ちなみに岡田ジャパンはどうなってるかというと、基本の発想は”トータル”なんですよね。同質的。少なくとも前の方は。
ところが運用のマズさやら何やらで、結果今のところ出来上がっているのは、特定の選手(具体的には遠藤と俊輔、特に問題なのは俊輔)の特殊技能に頼った、メンバー固定の”役割分担”風サッカー。・・・・にも関わらず、シュートを打つ「役割」の選手がいないという(笑)、なんじゃそれという、改めて言語化してみると立ちくらみがするような状態。
批判するとしてどこを批判すればいいのか。”トータル”的な基本デザインからか、にも関わらず役割分担色が強過ぎる部分か、それとももっとピンポイントに、シュートの打ち手がいない状態か。突っ込みどころがあり過ぎて、ほとんど各論者の”個性次第”みたいになってるところがあると思いますが(笑)、最低限ここらへんくらいは区別しておかないと、とにかく駄目だ!という話にしかならないでしょうね。

フィンケとの比較は、フィンケの方の「接近・展開・連続」性を、僕が(その後)未だ掴み切れてないので、とりあえずは接近/密集そのものの効率性の違いを指摘するくらいしか俄かには出来ませんが。
ただそれも、岡田のはこれは「原理」の問題として、意図的な無秩序・混乱を志向したものなので、直接的には駄目だとは言えないんですけど。結果が駄目だというだけで。細かいことを言えば、比較できないもの。


ま、そっちの試合は来週なので、それはともかく。
とにかく去年あたりは相対比較であんなに”立派”に見えた(笑)ガンバが、いきなり今度は古典的牧歌的に見えてしまったので、軽く衝撃的だったという。まあ僕は客観的には、ガンバのサッカーが凄いと思ったことは一度として無いんですけど、一応当事者??レッズファン??として、どうしても受け止めなくてはならない部分はあったのでね。
それが一年もたたずにこうなるかというのと・・・・やっぱ外国人監督と(既成の)日本人監督との間には、こんな根本的な質的違いがあるのかなと、そういう感慨も含めて。西野さんはよくやってますけど。よく作ったし、作ったものをベースにあれこれ工夫はしてますけど。”世界”レベルにもそれなりに合わせたし。ただそういうのをポンと飛び越してしまうような、何か基本的な作りの違いみたいなものが。秩序の高級感が。

まあある程度は、「スタイル」の違いではあります。”南米”と”欧州”の。別に西野さんは”南米”をやっているつもりはないでしょうけど、歴史的(サッカー)地政学的に、どうしてもそうである部分は、否定し難く。比較の問題としてはね。
最近少し言い過ぎですけど(笑)、また僕の背景を活かして言うと、ぶっちゃけヴェルディに見えましたね、ガンバが。フリューゲルスに始まる、時々の欧州スタイルのチームに手を焼きつつ、何とか踏ん張ってる時の。うるさい、うるさい、うるさいんだよお前ら、いつか、やって、やるからな、見てろよ。でもその前に、少し、酸素を吸わせろ。(笑)

レッズ自身の問題、ぶち当たってる壁は、この日も決して乗り越えられたわけではないですが、取りあえず今確実に出来ることを結集して立ち向かったこの日の試合の印象の”重点”としては、こういうことです。

しかしこう、エジミウソンにしろ直輝にしろ、ちょっとシュート外し過ぎなのは、ひょっとしたらある程度体質的なものかも知れませんね。一生懸命、”オートマティック”に、流れでやり過ぎてしまう部分の。外し方がちょっと、”軽く”感じました。
やはり「個人」の部分、最終局面における、一瞬の内面の静寂というか、「一人」に立ち返る瞬間みたいなものが、必要なのかも知れない。万古不変の(笑)。”トータル”なのはいいんだけど、やはり「シュート」/点を取るというのは、特別な行為だというか。

それが今どれくらい優先順位の高い観点なのかは分かりませんが、ほんとに”確率”的問題としてしか点が入らないような感じはあって、特に”上手く行っている”時ほど。逆に「点が入る」瞬間というのは、多くの場合実は”確率”はどこかに行ってるんじゃないかと、多くの「入る」時と「入らない」時を見てれば、感じることだと思いますが。
まあ多分、『監督』はそこまでは面倒見切れないでしょうけどね、実際問題。そこで初めて、チームの”所有者”である『監督』が、いち要素としての限界を見せるというか。だからたまに、監督が頑張れば頑張るほど、点が取れなくなるみたいなことが、色々なレベルのチームで起きる(笑)。サッカーが相変わらず、偶然のスポーツであり続けるというか。この場合の「偶然」は、”点が入る/入らない”というより、個の要素等との色々なコンビネーションで、”入る”チームになるかならないかという、「偶然」ですけど。

レッズはまだまだ続きます。(笑)


原口は一回、先発外してみたらどうでしょう。思い詰めちゃってる感が、少しあります。閉じこもってるというか。


大宮?浦和(’09) 

もうちょっと苦労した方が、良かったかも。

J1第13節 浦和 △1?1△ 大宮(埼玉)

細貝簡単に決め過ぎ。(笑)


いやあ、いいシュートだった。
やっぱこの人の”前”への力というのは、独特ですよね。
ちょっと日本人離れしているところがある。
プレーの瞬間に、失敗するかもとか、自分が”上手い”かとか”下手”かとか、そういうことをいっさい考えていない感じ。

ブラジル・・・・いや、むしろドイツ人ぽいかな。
ゲルマン魂を持つ男。(笑)
ボランチやりたいだろうなあ。
まあ、その”餓え”もあったでしょうね。勢いというか。

それに引き換え・・・・という流れで書くほど別に気を悪くしているわけでは今更無いんですが、この日せっかくの先発の機会をもらったドイツ帰りのFWの彼の方は、もう目も当てられないというか、当てたくないというか。
何ですかねえ、大事な判断が、全て「間違ってる」か(間違ってはいなくても)「裏目」か、どっちかという感じ。(笑)
それら全ての背景に、思い切りの無さとか雑念とかがあるんでしょうけど。遅いんだよねえ、なんか。
何でここまで来ても開き直れないんですかね。プレーにでも、レッズという球団に対してでも、どっちでもいいですけど。他人のせいにするくらいの元気が、むしろ欲しい。ほんとに裏契約でもあるんじゃないかという。出場機会保障か、逆に年季奉公か。(笑)

ただエジミウソンも、この試合はちょっと外し過ぎだったと思いますけど。特に外し方が”雑念”っぽいのが気に入らない。
「勝てなかった」責任としては、あえて追求すればやっぱりこの人になってしまうでしょう。実際勝てたと思うし。
ポンテも直輝も、トゥーリオまでいなくなって、今季の実績としては、攻撃陣の中で順位/比重トップに繰り上がって、でもそれには応えられなかったというか、そうなると途端に頼りなくなるというか。
実力というよりも、タイプ的にね。多分それはこれからも変わらない。永遠のナンバー4みたいなタイプ。”組”の中で(笑)。そういう存在として、力を発揮する。
逆に力は足りなくても、意気込みと「顔」としてはエスクデロの方が”兄貴”っぽくって(笑)、「大兄貴たちがいないこの組を、今こそ俺たちが支えるんだぜ」みたいな、雰囲気だけはあった。雰囲気だけは(笑)。コメントも強気だしねいつも。

フィンケも”全員サッカー”を標榜しつつ、やっぱり要所要所に重い/厚い感じの選手がいることを無意識にか望んているところは多分あって、それでなんだかんだとエスクデロを重用して、ひょっとしたら高原にも、そういう期待がまだあるのかも知れない。
例えばどうせポンテも直輝もいないなら、エスクデロ真ん中で峻希右で、1トップエジミウソン軸に(原口と)左右対称多弾頭ミサイルとか、そういう若々しいイメージもありだったと思うんですけど、なんか手堅く行ったというか、特にアイデアなしにお茶を濁したなという、そんな感じはちょっとします。
ま別にいいんですけどね、結果的に林なんかも使ってくれましたし。でもナビスコと(直輝のいない)このリーグ戦と、もう似たような駄目もと試合扱いでも、良かったような気はしますけど。

それにしても”2列目原口”には、今更感を感じましたけど。これだけは開幕から、ずっとぴんと来ない。
まあ意図としては分からなくはなくて、高原入りの”普通の”2トップ(開幕は+達也)と”司令塔”ポンテによって割合がっちり構成したチームの中の、流動性要素として原口をある意味”閉じ込めて”、不確定要素を”囲い込む”ような感じで使って、だから”開幕”の「初心」がだてでないと考えれば、フィンケの本来の構想はもう少し手堅いもので、後に山田直輝の合流によって実現したねずみ花火みたいな(笑)忙しないチームは、理論的には扱い範囲だけど、少なからず偶然的に実現したようなところもあるのかなと。もしくは単に、予定よりだいぶ早いか。

だから”ポンテ”(という重し)の”バックアップ”としてのエスクデロというのは、これは実際の起用法としてもそうですけど、結構最初から中心的な構想としてあったのかなと。
・・・・ま、僕が”ぴんと来”ていないのは、何より原口個人があの位置での適性が無いように感じるからですけど。やや思考が直線的というか前しか向けないところがあって、むしろ天性のFWではないかと、繰り返し言ってますが。
ただもし「2トップ」の方が、もう少し安定感や存在感を示せれば、それとのコントラストで流動性要素としての原口も安心して働けるのかも知れないとは思いますけど。気が早い話ですが来年も同じ陣容とはあんまり思えないので、CWC仕様として大物系FWを更に加えた2トップの下の原口というイメージも、一応今から考えておいた方がいいのかなと、あるいは依然フィンケ構想の中での優先順位は、必ずしも低くはないのかなと。


話がだいぶ先走りましたが、はっきり言えば”抜け殻”的に何となく回してるだけというか、ガンバ戦は長期停滞期の中の、相手の存在によって引き出された束の間の活性化状態かなという、そういう感想も出て来ざるを得ない、大宮戦の全般的な出来でしたが。
ただそれでも相手の中盤のキーマンの一人(金澤)に「回させていたというよりも、回されていたと思う」と言わせ、かつ明らかに試合の終わりに向けて相対的に尻上がりに態勢が良くなって、出来が悪い割には”勝ちそびれた”印象の方が強い試合になったのは、どう考えればいいのか。

大宮としては、基本的には思い通りにやれた試合のはずなんですよね。浦和のパスサッカーに付き合わずに早く単純に裏を突くこと(の流れ)から早々に先制して、監督が代わっても結局変わらない(笑)、伝統の2ライン塗り潰し守備で待ち受けて跳ね返し続ける、言わば”勝ちパターン”に。
まあ”勝ち”パターンそのものとしては、細貝の早めの同点ゴール(前半35分)で計算は狂ってしまってはいるんですが、その後もペースは崩さずに、粛々とそのサッカー自体はやれていたはず。

にも関わらず特にこっちが有効な手が打てていたわけでも、トゥーリオ大作戦が発動したわけでもないのに、最終的には一方的な試合になった、見た目の支配率だけでなく実感的にもそうだったのは、フィンケ・レッズの「形」が”抜け殻”なりに効いていたのか、対戦相手には脅威になっているのか、それとも大宮の抵抗力の問題か。どうも見てて張サッカーそのものに大宮が疲れている感がありありなので、まあ後者かな。(笑)
”練習”としては、やはり冒頭に言った通り、同点に追いつくまでの双方に本当の緊張感のある状況が、もう少し続いてくれた方が良かったかなというのはありますが。それでちゃんと追いつけたかどうかも保証の限りではないので、負けなかったことに文句は無いですけど。


それにしても結局、鹿島とフロンタの、”自爆”的2試合以外は負けてないんですよね、大したもんだというか、何というか。
何だかんだ形のある強みというのは、間違い無くあるとは思いますけどね、少なくとも去年と比べて。自ら進んで(笑)不安に陥ることはないし、相手が悪ければ素直につけこめるし。今のところはそこまでですけど。”打ち破った”感があるのはガンバ戦くらいで、それも結局勝ってないわけですし(笑)、よく考えると。

攻撃パターン的にも数字的にも、決め手が無いのは明らかで、かつひょっとしたらそれが仕様である可能性も多少感じなくはないというここまでですが、まあ相次ぐメンバー落ちについてはついにフィンケも悲鳴を上げていますし(笑)、とりあえず中断明け&メンバーが揃うのを楽しみにして、レッズ・ファン的には久しぶりに楽しみだろう、代表戦を迎えるというそういう感じで今日のところは。
・・・・”レッズ・ファン的”と言いましたが、達也もトゥーリオもほぼ常に出てはいたわけですけど、特に達也の方は「楽しみ」より「苦しみ」の方が、遥かに多かったですからね。単なる”残業”というか。
直輝もそうなる可能性は無くは無いですけど、ぶっちゃけ「個人」としての期待感は達也より大きいですし、少なくとも今回は相手がアジアではないので、単純にチリやベルギーとやる直輝を見る楽しみというのは、あることはある。

ま、直前大宮戦がたまたま”お休み”だったのは、負担を考えればある種幸いですね。(笑)
岡田ジャパンに対する一般ファンの感情はともかくとして、やっぱり選手にとって代表というのは今だ特別のもののようですから、せいぜい応援したいと思います。W杯本大会に出ることをイメージすれば、それは間違いなく、楽しみですし。


怪我したら今の全部撤回しますけど(笑)。頼むぞ?それだけは。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。