スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金庸先生にくびったけ 

金庸

このあからさまに中国人顔の(笑)おじいちゃんの手による『武侠小説』と称せられる作品群に、今年の夏からこっち、僕の脳味噌は7割方占領されてました。
長編12編、短・中篇3編、ようやく読了。以下大々的に紹介したいと思います。(金庸Wiki)


まず初めにこの”金庸体験”が僕にどんな影響をもたらしたかですが・・・・

一つ。
これまでの読書生活の間に形成された、「小説」なり「ストーリー」の”面白さ”というものに関する暗黙のリミッター、相場が破壊された。ここまでやって/望んでいいんだ!

一つ。
上の内容でもあり結果でもありますが、「ドラマチックな」「ベタな」展開・構成一般に対する僕の忌避感・照れ・躊躇いのようなものが解きほぐされた。やっちまえばいいんだ、やっちまえば。・・・・まとめて言うと「ストーリー」に関する視野が大きく広がった。

一つ。
古代はともかく、近年の中国に対して否応なく醸成された来た僕の悪感情がきれいに拭い去られた。もう二度と”嫌中”には戻れない。金庸先生を生んでくれてありがとう!

一つ。
中国文化の偉大さ・究極性を改めて実感。やはりダテに「中華」は誇っていない。日本文化なんて結局は中国文化の影、あるいは不徹底なものでしかないという面は確かにある。

一つ。
その中国文化の普遍的な”偉大さ”への敬意の一方で、日本文化のローカリティへの”愛おしさ”も同時に深まった。やはりここは東亜の桃源郷であり、神国である。芙蓉であり不二である。ナンバーワンではないがオンリーワン(笑)、そうあるべきだ。

・・・・いや、実際ね、それで丸く収まるなら現代版冊封体制も悪くないんじゃないかと。”リーダー”って柄じゃないよ日本は。ナイーブなのがいいところ。


全体の構成はこんな風を予定しています。
 1.(金庸)武侠小説の基礎知識。
 2.全作品レビュー。
 3.各論。コラム。


詳しくは2の項でやりますが、早速読んでみたいという気の早い人の為に(笑)先に翻訳版の作品リストと最低限の案内を掲げておきます。どの作品とどの作品がどういう関係にあるか。

書剣恩仇録(’55)→飛狐外伝(’60)→雪山飛狐(’57)
 『書剣』のキャラが『外伝』にゲスト出演。発表が後の『外伝』は『雪山』の”前日談”。
碧血剣(’56)→秘曲 笑傲江湖(’67)→鹿鼎記(’69)
 『碧血』と『笑傲』は剣術門派の名前でうっすらと関係している程度ですが、『鹿鼎』は『碧血』の設定と地続きでキャラも年取って登場、『笑傲』のキャラも実在の人物として『鹿鼎』の中で名前が出て来ます。
射英雄伝(’57)→神剣侠(’59)→倚天屠龍記(’61)
 そのものずばり続きもの。
連城訣(’63)
天龍八部(’63)
侠客行(’65)
越女剣(短編集。’61,’61,’70)
 『鴛鴦刀』(’61)という一編が『碧血剣』の後日談的設定。

さてどれから読むべきかですが、僕がランクづけするとこんな感じ。

A:碧血剣、射英雄伝、天龍八部、秘曲 笑傲江湖
・・・・典型性、面白さ、他の作品との関係性で。
B:書剣恩仇録、飛狐(どちらでも)、連城訣、侠客行
・・・・『書剣』は記念すべきデビュー作ですが、色々と中途半端なので発表順命の人以外には薦めません。十分に面白いんですけど「これが金庸だ」と胸を張るには躊躇いが。『飛狐』2編は発表順、時系列順、どちらでもいいと思います。
C:神剣侠、倚天屠龍記、鹿鼎記、越女剣
・・・・前3つは続編であり、また『鹿鼎記』は傑作ではありますが”反・武侠小説”とも言われる上級者用の作品。『越女』は読む必要自体が基本的になし。

でははじまりはじまり。

サイトトップへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/1-fb709e7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。