スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.記憶以前(1) 

・・・・多重人格とトランス
・・・・多重人格(的な現象)が『記憶』の問題と分かち難く結び付けられる以前。(→タイトル)



”トランス”

「多重人格は西洋に独特なもの、つまり先進工業世界に特有のものであり、これらの地域に限って、しかもわずか過去数十年の間に限って診断されたものである。しかし、これはもっと普遍的なものが、地域的な現れ方をしただけなのかもしれない。その普遍的なものとは、トランスである。」


トランスという概念の性格

「ほぼすべての社会で、人々はトランス状態に入る」


「『トランス』というのは西洋の言葉で、人類学者に用いられるヨーロッパ的概念である。」


「トランスの『実体』が何か、または、トランスとして分類されるような人間の普遍的行動または状態が、実際にあるかどうかということは、まったく未解決のままの問題なのである。」


「一方、それは人間だけではなく、哺乳類全体の特徴なのかもしれない。」
「たぶん、トランスは進化の段階を降下するのかもしれない。」


「私は『トランス』とは、西洋人の目から見たものかもしれないと主張したが、これはもう少し意味を限定して、英語圏の人の目から見たもの、とした方がいいのかもしれない。」
「今やフランスの人類学者は、英国系アメリカ人がトランスと呼ぶものを述べるのにこの単語(元は違う意味を持ったフランス語“transe“)を使っている。」


トランスと精神医学

「一九九二年のICD?10には、『トランスおよび憑依障害』が存在する。DSM??(中略)の(解離トランス障害の)定義はトランス全体ではなく、宗教(実際にはキリスト教)で実践される場合以外のトランスのみを対象とするものである....あたかも『宗教的』という言葉が、異文化にも通じる汚れのない概念でもあるかのようである。」


「われわれは文化的帝国主義というものが、キリスト教の伝道師たちの手から精神科医へ主導権は変わったとはいえ、まだ死滅したわけではないことを理解する。」
「西洋の解離障害をトランスの地域的で特殊な一形態と見なす代わりに、この2つの診断基準は、トランスの方を、西洋の病気である解離障害の亜種と見なしているのである。他の文明の根幹をなす意義深い部分であるトランスを、病理へと変えてしまうとは、ずいぶん乱暴な話だ。」


「解離障害をDSM??に入れることを推薦した委員会の議長デイヴィッド・スピーゲルは、西洋に多重人格があるように、世界のそれ以外のほとんどの場所にはトランスがあると主張して、トランスを加えることを正当化した。」
「だからといって、これは、解離障害というこれまでは非常に珍しくきわめて西洋的な精神病と、トランスを、同等の障害にする根拠にはならない。(中略)解離障害は(何よりも記憶という文脈で)概念化されたものである。これに対し、トランスの概念は、記憶とは本質的に何の関係もない。」


(アト注)
やや分かり難い組み立てになっていますが、要するに2段落目の
『西洋の解離障害をトランスの地域的で特殊な一形態と見なす』というのがむしろ著者が正当・公平と考える視点なわけです。


サイトトップへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/121-bdc0b00f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。