スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.トラウマ 

・・・・「心的外傷」という意味での“トラウマ”概念

起源

「かつて『トラウマ』とは外科医が使う単語で、身体への外傷、それもほとんど戦争の負傷について使われていた。」


「トラウマが身体に関わる言葉から心に関わる言葉へと飛躍したのは、ちょうど一世紀前、まさに多重人格がフランスに現れ(中略)た時代の話なのである。」
「フロイトが一八三九年から一八九七年まで主張していた理論の中で、トラウマは既に心理化されていた。トラウマとは誘惑であり、肉体的な傷跡や外傷は残さないものの、その結果が完全に心理的なものになる出来事だった。」


「心理的トラウマという観念はフロイトの独創ではない。脳の損傷という話から、ヒステリー症状の原因であり失われた記憶を取り戻すことによって救われる。心理的トラウマという観念に通じる、一本の観念の連鎖を見出すことはごく簡単である。」


1.脳の負傷は、健忘や麻痺などの障害を引き起こす。(事実)
2.しかし頭へのショックは、肉体的トラウマがなくても健忘を発生させ得る。(事実)
3.肉体的トラウマが存在しないのであるから、2の場合の”原因”は最終的には肉体的ショックそのものではなくてそれによる『ショックの観念』『ショックの記憶』と考えられる。(推論)
4.ヒステリーはしばしば健忘を伴う。(事実)
5.
『ショックの観念』『ショックの記憶』が健忘の原因となり得るのなら、それはまたヒステリー性健忘の原因ともなり得るはずである。(推論)
6.言いかえれば(ショックの)『観念』や『記憶』はヒステリーを発生させ得る。(論理的帰結)
7.肉体的ショックが健忘を発生させたとき、患者が肉体的ショックのことを覚えていないことはよくあることだ。(事実)
8.同様にヒステリー患者は、ヒステリーを生み出した心理的ショックのことを覚えていないのかもしれない。(類推)
9.そうであるなら心理的ショックについての失われた記憶を回復させれば、症状は消滅するはずである。(論理的帰結)



例証

鉄道脊髄症(19世紀、鉄道の普及によって広まった鉄道事故の後遺症)

「しかし、何か別のことが起きていた。事故の直後、無傷のまま歩いて帰れたものの、数日後になって、背中にひどい痛みを感じるようになったという不平をもらす乗客が現れた。」
「鉄道脊髄症の被害者には外傷、すなわち、はっきりしたトラウマはなかった。この点に関して、彼らはヒステリー患者(が示す身体的障害)に似ていた。」


『麻痺、痙攣、その他感覚異常といった(中略)障害は、(中略)観念と感情の両方が(鉄道事故による心理的ショックで)病的状態にあることが原因かもしれない』(ラッセル・レイノルズ)


戦争神経症

「戦闘の結果として発生した心的外傷後ストレス障害は、命名自体は新しいが、古代ギリシアの歴史家ヘロドトスは、二千年以上前にその障害らしきものを史書に書き残している。」


「イギリスのシェル・ショックと、ドイツの外傷神経症は、一九一四年から一九一八年まで続いた第一次大戦で大量に発生したが、もちろん、こうした影響は、昔からよく知られていたのである。」


「フランスの統計学者たちは、一八七〇年から一八七一年の普仏戦争の心理的影響に関する報告を用意した。一八七四年に出されたリュニエの『戦争痴呆症の精神病発現への影響に関して』では、何らかの戦争中の出来事が原因で長期間の苦悩を経験した三八六人の民間人が紹介されている。」
「戦争痴呆症の内容には、たいていの場合、被害者が恐怖におびえるか、自分を恐れさせることをやってはいるものの、字義通りの肉体的被害は含まれていない。」



意味

「長い間、存在論に支配されていた魂の霊的苦悩とは、誘惑に負けたわれわれ自身の罪の結果ではなく、外部からわれわれを実際に誘惑した他人によって引き起こされた、隠された心理的苦痛であると見なされるようになった」
「トラウマ(の心理化)は、この大変革の回転軸の役目を果たしたのである。」

(アト)
かなり強引にまとめてみると、
(1)19世紀の鉄道事故の研究に端を発して、外的ショック体験が健忘や麻痺などの原因不明の後遺症・身体障害を引き起こすことに注目が集まった。
(2)それらの症状の直接の原因は、外的ショックそのものではなくてそれに伴う内的・心理的ショックの方だと考えられる。
(3)(2)のような心理化された外傷としての「トラウマ」という概念が誕生。
(4)”原因不明の健忘及び身体症状”という類似から、神経症・精神障害としての「ヒステリー」も同様に考えられる。
(5)(器質性や心因性でなく)外的現実的ショック体験を契機として、ヒステリーを筆頭とする精神障害が起こり得るという認識が精神医学の世界で共有されて行った。
(6)その場合の”原因”もまた「トラウマ=心的外傷」であり、今日ではほぼこの意味でのみ用いられる。

・・・・なおフロイトは冒頭の「誘惑→トラウマ→神経症」という道筋(いわゆる”誘惑理論”)を最終的には放棄しているが、それは逆に「トラウマ」概念の完全な確立によるものである。つまりいかにある体験が苦痛として心理化されるのかが問題であるのだから、元の体験自体は(例えば)”誘惑”のような直接的にショッキングなものである必要はなく、極端に言えば患者の思い違いでも記憶違いでも何でもいいわけである。


サイトトップへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/129-41c6a49e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。