スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうか、シンジと三都主がいたか 

留守録しておいたゼロックスの録画を観戦。

言うほど使いやすくないよ?ていうか悔しいのでぶっちゃけ失敗を願ってる部分が無いとは言えなかったワシントンinレッズでしたが・・・・。
うーん、こりゃどうも面白くもない結果になりそうで。

気付いたのは今年の浦和には小野シンジと三都主という、今のJリーグには珍しい、ブラジル的南米的なとことん柔らかく足元に出す、かついい意味でメッセージの強くない受け手の裁量の余裕が大きいパスを出す選手が二人もいるということで。
これか?これが欲しかったのかい?ワシントン。

だから大活躍するというわけでは必ずしもないというか、基本的にどこのチームだろうとJリーグのチームが”他ならぬワシントン”を必要とすることはまずないだろうとも思うのですが、ともかく特に問題が発生する気配は無く。・・・・あ、相馬が出て来た時が問題か。(笑)

ていうかね、今の浦和というのはそんな堅苦しいチームではないんですよね。過去に強いチームは沢山ありましたが、その多くは”N?BOX”磐田を筆頭とする一つの原理/やり方を厳しく追求してそれであるレベルを突破するというタイプのもので。
その点今の浦和は巨大戦力を背景にもっと緩くて総合的で、その中で選手が安心して遊ぶことが出来るようなそういう構造の強さを身につけつつある。つまり・・・・「讀賣ヴェルディ川崎」ですね?正に。嫌でしょうけど。それ以来みたいなタイプのチーム。凄いメジャー感。

まあがっちりしたシンプルな骨組に南米系のテクニシャンが程よく散りばめられているという意味では、近年のバイエルン的、ともっと当たり障りの無い言い方をしてもいいかもしれません。
ともかく”ビッグクラブ”誕生、おめでとう。こうなるとむしろサポの熱狂性が、逆に「全国区」になることを妨げるかもしれないなという感じですが。一時の磐田とは逆に。なりたければですが。


しかし例年思いますが、スーパーカップってこれ以上は無いイベント試合で、当該チームのファン以外にも楽しめます。”カップ”とは言うものの、どう見てもこの1試合で何かを争えるわけがないのが明らかなのと、そして勿論リーグ開幕を先触れするワクワク感と。

と同時に、初めてJ2所属チームのファンとして見るスーパーカップは、浦和のゴージャス感と相俟って何やらキラキラ眩しい夢舞台で(笑)。ほとんど外国のリーグを見ているような感すらありましたが。
この先いつヴェルディがJ1に上がれるのか正直今年も含めて見当がつかないですが、うーん悪くないかも知れないですね、「現実のJ2」と「夢のJ1」という立ち位置も。のんびり楽しむという意味では。

どうもあまりに深い利害関係があると不平不満や逆に強迫観念的な礼賛ばかりが先に立ってしまいますが、少し距離を取るとJリーグ/J1の良さというのがシンプルに見えて来る気が。今年僕はJリーグを好きになるのかも知れない。(もしくは「イヤな目」時代のやまかんさんの気持ちが分かって来るか(笑))

結局一握りの勝者以外は常に敗者なわけで、それなりの心の準備は必要なのかも。J2はJ1昇格の踏み台としてだけ存在しているわけではない。なんだかんだ認めていなかった「強豪でないヴェルディ」というものを急速に受け入れつつある自分を感じています。・・・・でも勝てよ?

サイトトップへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/150-55aa3983

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。