スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビスコ:浦和?FC東京 

ナビスコ:浦和?FC東京2?0

・こちらは逆に(原文ママ)浦和の基盤の強固さを感じさせる試合。
・単に「層が厚い」というだけでなく、メンバーが6人も入れ替わっても揺らがない、むしろかえってクリアに見えた共通感覚の浸透性が。
・Fマリ戦の脳内麻薬に支配される前の時間帯(笑)にも感じてたことですが、強力な前へのベクトルを伴いつつダイレクトでポンポン回すパスの感覚が、チームレベルで保持されているのが感じられました。
・小野とワシントンは本質的にはその上に被せたデコレートで、だから必要があれはFマリ戦のようないきなりのスピードアップも出来るという。
・....単に鈴木啓太が凄いという可能性もありますが。
・バックパスの強弱一つにも次への展開の意図を感じる、優れたリーダーになっているようで。いつの間にか。
・トゥーリオもリーダー。小野はコンダクター?長谷部は斬り込み隊長。ポンテは頼れる兄貴。おまけに重鎮(笑)ワシントンと賑やかな限りですが、それで別に混乱はしていないという。(あ、監督もいた。)

サイトトップへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/155-7dcb86e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。