スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我がセカンドチームの近況 

言い切っていいのか?いいな、カテゴリー違うし。

・・・・勿論’06レッズの話です。突然失礼。(笑)
ちなみに甲府は割りと早々に飽きてしまいました。別に文句があるわけではないですが、なんか立派過ぎてつまらない。これは手本であるライカールトバルサにも言えることですが。
これがファーストチームならまた違う見方になるんでしょうけどね。


さて今回の焦点は小野問題。
終了したばかりの完敗(0?2)ジェフ戦に関しては、何せ大黒柱いやむしろ大前提である鈴木啓太が不在だったのでこれをもって中盤の構成がどうとは言い難いんですが・・・・。

結論としては僕は小野ボランチ反対です。これは一貫して。
理由は以下。
・啓太&長谷部のベースを崩すべきではない。
・小野がボランチに入ると縦へのベクトルが弱くなる。
・そもそも小野をチームの根幹部分に組み入れようとするのが間違い、もしくはリスキー。
・三都主ともども、当たるも八卦の遊撃隊と考えるべき。
・例え「機能」しなくても、小野が高めの位置でウロチョロしてるだけで相手には十分な&独特な脅威を与えている。
・今のところチーム状態が不安定な為に目立っていないが、長谷部2列目だといずれワシントンに「本物の」ポストプレーをせよという余計な負荷がかかる。(ヴェルディの二の舞になる)

まとめて言うと二重性が現在の浦和の強味であって、”融合”や”機能”には必ずしもこだわる必要はないというかねてからの主張の繰り返しになりますが、もっとはっきり言うと「小野ボランチじゃ浦和が普通のチームになってしまう」(それじゃつまらん)というセカンドチームならではの無責任な期待感が透けて見えます。

ただ、ていうか、小野に関してだけは石塚さん真面目過ぎるような気がします(笑)。初心を思い出して下さい。
・・・・しかしW杯中断がありがたいチーム状態ですな。一回整理せんと。

サイトトップへ

スポンサーサイト

コメント

まあ小野自身がはっきりしない以上、基本的にはチーム編成の問題ではあるわけですが。たいていのチームではボランチに置くのがむしろ正道でしょうけど、今のレッズは小野抜きでチームが全然出来てしまうだけに逆に難しい。
ただ特に前節大宮戦では、露骨に「ボランチ小野」がチームを毒していたと言うか、その時間帯は今年の僕が知っているレッズとは別のチームのように感じられましたが。

ポンテはねえ、「波」があるというより1人だけ「楕円軌道」で周回してるような分からなさで。計算が立つけど立たない。現状は精神的な問題なんですかね、あれは。

案外単純にFW不足が悩みの種という感じもします。黒部なんて所詮使い古しですし。

小野については、もうどうしたもんか。
自分でも考えがブレてるの分かります。ボランチ論もここ2試合見て、自信喪失気味ですし。
うーん、小野が浦和にとって英雄だった(過去形)ことと、オランダではボランチでバリバリ活躍してたらしい(伝聞)ということに囚われすぎてるのかもしれないです。
ただ、ポンテが不調な今、2人でトップ下フラフラされてもなあという気もしますし。
いっそサイドやってもらうのがいいんじゃないかとも思ってきてるんですが(ブレまくり)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/157-9a529727

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。