スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりね 

闘莉王屈辱6失点、浦和最下位転落…ブルズ杯(報知)

浦和の日本代表DF田中マルクス闘莉王(25)が、13日のブルズ杯2試合(45分×2本)で6失点を喫する人生最大級の屈辱を味わった。調整不足と慣れない人工芝に苦しみ、ザルツブルクの控えFWに競り勝てず、チームは最下位に転落。


勿論コンディション&コンビネーション不足は明らかでしたが、それにしてもというやられっぷりでした。

「相手はしっかりと大きな選手が起点になって、闘莉王ですらやられた」とMF小野伸二も衝撃を隠さなかった。


前のエントリー「トゥーリオの鼻っ柱はこれで少し折れて大人しくなるのかな」と冗談めかして書いてますが、なんというか今までJ/アジアレベルで、おおむね”気合”で何とかしていた部分をしっかり衝かれたという、そういう感じは確かにありましたね。

中澤も代表復帰するそうですし(笑)、一緒に心と頭を入れ替えて頑張ってもらいたいものです。


サイトトップへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/174-a841c896

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。