スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分?浦和戦 

J1第4節 大分 △2?2△ 浦和(九州石油ドーム)

レッズはナビスコがないのでのんびり失礼。


・人気者のお坊ちゃま転校生(アベちゃん)のせっかくの名刺代わりの2発を勝利に結び付けられなかったという、大変遺憾な結果ではありましたが。
・しかし個人的には今季一番落ち着いて見られた試合でありました。
見えたぞ、ボトムが、等身大が。オジェックレッズの。多分。
・要するに自意識過剰だったんですね。オジェックも、我々ファンも。
・常に特別な何かが起きるわけでも起こせるわけでもない。
・オジェック新監督はブッフバルトの次の監督、第ウン代浦和レッズの監督である。それだけ。誰かが座らなければいけない地位に、たまたま今回ついた人。
・まあ元々個人的に期待感が無いということは最初から言ってましたが、ただそれは「期待感があるべきだ」という前提、強迫観念の元で言っていたわけで。
・ともかくオジェックは普通の手腕を持った普通の監督で、彼自身が何か特別なことをするわけでも考えているわけでもないと思います。今後も。(しくじって崩壊ということはあっても)
・やや反町五輪代表監督的な評価の落ち着き方。

・具体的に言うと「攻撃的」云々というのは新監督が誰でも掲げる意気込み、所信表明の類という以上のものではなくて、あえて言えば某早野氏の”スクランブルアタック”とやらとも本質的な違いはない。まさか何もしませんとは言えないですからね。(笑)
・嘘ではないとしても特別なプランや目算があるわけではない。
・それはまた言い換えれば、オジェックの’06レッズに対する認識が、「手堅くて抜け目ないけどそれだけで、チャンピオンチームとしては物足りない」という世評と大差ないのだろうということでもあります。
・既に”守備的な”チームならば、それをより攻撃的にするのは当然だしさほど特別な事業ではないという、そんな感じ。
・右のものを左に動かすだけで、特別なものに特別なものをぶつけるわけではない。
ここでやった”攻撃的チーム化施策”の分類で言えば、『一から作る』のではなくて『編成』の方だということになりますが、どうもあまりうまい分類ではない。
・特に「”レッズはリアクションだ”という世評を100%受け入れたならば作り変えだということになりますが」のところは妥当性が低い。そうとは限らんだろう。
・あれはむしろオフトや西野(や李国秀)のような”特別な”ケースとそれ以外を大別するという、そういう大雑把なものと考えていただくと。

・困った時の石塚さんの分類を使うと、『リフォーム』『模様替え』の間くらいかなあ。
・『模様替え』は既に「攻撃的」なチームを、新メンバーや前年の経験を踏まえて少し違った形の同じく「攻撃的」なチームにするというそんな感じか。
・『リフォーム』は「守備的」な性格の強いチームを、根本は変えずに「攻撃的な」使用にも耐え得るように手を入れるというそんなことろ。
・オジェックの目論見としては『リフォーム』寄りなんでしょうが、その為のノウハウを実は自分が思うほど持っていないのと、同時にパッと見の見立てほど元々実は「守備的な」構造物ではないので、作業の必要性としては『模様替え』の範疇に近いと言う。
・....まあ何て言うんでしょうねえ、古代文明の真価を知らずにその力に陰で助けられながら、遺跡の見えるところだけ自分の好みに作り変えて住み易くなったと悦に入っている新住人的な。
・字面ほど悪意は無いんですけど皮肉な物言いでどうもすいません。



・結論的に言うと「”攻撃的”な意識付けの強い、順列組み合わせのトライアル&エラー」、それが今行われていて今後も続くことかなと。
・根が手堅い監督なので、案外適当なところで早目に終わるんじゃないかなとも。
・ここ数試合の結果次第では今の形がそのまま基本に。

・その「今の形」ですが、完成していないとは言うものの、ぶっちゃけ緑のユニフォームを着せた方が似合うんじゃないの?というそんな感じに見えます。(笑)
・’06レッズ?(マイナス)ブッフバルト=ヴェルディ?
・言われてみればというところもありますが。ちょうど今4?4?2だし。
・ていうかヴェルディのやり方というのは「方法」というより「自然体」なので、オジェックが特別な方向付けや緊張感の下支えを施せなければ、折り紙付きの技能派集団がそちらに傾いていくのは当然と言えば当然。
・そういういい意味でも悪い意味でも自然な感じが、冒頭の「落ち着いて見られた」という部分に繋がるわけですが。
・現状サイドバックの位置付けなど、むしろヴェルディより保守的というか前後分断役割分担という感じですが。まあそれはさすがに直接の意図では。
・ともかくこのまま落ち着くところに落ち着いていきそうだなという、明るくかつよどんだ展望が僕には見えますが。(笑)
・むしろオジェック色、手腕は、大枠の強迫観念・意気込みを断念した後に出て来そうだなと。じたばたし続けると危ないなと。
・別にいいですよ、去年は3バック、今年は4バックというだけでも。
・このメンバーでやるとどうなるのかというだけでも興味は繋げるし。
・攻撃的とか守備的とか、どうでもいいって。

・ともかくこの先数試合が注目ですね。ここで蹴りがつかないと永久につかねえんじゃねえの?という。ACL2試合の位置付けが微妙ですが。


サイトトップへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/180-d96d12b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。