スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A3山東魯能戦(テレ東) 

A3チャンピオンズカップ 浦和 ●3?4○ 山東魯能(山東)

4点も取られてそうそう呑気なことは言ってられないかも知れませんが、1?2くらいまではむしろリーグ戦よりも楽しいようなそんな試合に感じられました。
苦しかったし悔しかったですが、メンバー落ちなりにその時持てる力を目一杯結集出来てるすっきりした感じがあって、これがつまり今年のリーグ戦に欠けてると感じるものだということになりますが。ボトムがちゃんと見えていたというか。

そういう意味では所詮帳尻合わせとはいえ、3?4まで追い上げて面目が保てたのはほっとしました。「完敗」ではあるけれど「惨敗」ではなかったと思いますし。


しかし色々苦しいのは分かりますが、リーグ戦の日程は調整してもらっているわけですし、普通に(残りの)ベストメンバーで勝ちに行くわけにはいかなかったんでしょうか。さすがにあそこから更にポンテが抜けてはどうしようもないでしょう。
トゥーリオも達也もブランクをほとんど感じさせないらしいプレーをしていましたし、長谷部だって胸を張って売りに出せるくらい(笑)いいプレーをしていただけに、惜しい。

山東魯能は普段どうなのかは知りませんが、高い個人能力をいい意味で大雑把に、伸び伸びと発揮してくる力強いチームでしたね。ちょっと去年のレッズみたいというか。


A3はACLよりも、シンプルにナショナリスティックになれて見てて力が入ります。
やっぱり「対外国」になるとそっちの方が大きいですかねえ、”クラブ”よりも。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/200-9b9cc689

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。