スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A3城南一和戦(テレ東) 

A3チャンピオンズカップ 浦和 ○1?0● 城南一和(山東)

勝ったぜベイビー。ライブだと知らないで寝てたぜベイビー。

PKとロスタイム5分にはこの野郎という感じでしたが、勝てばかえって気持ちいいです。
まあその他は特におかしいところはなかったと思うので、考え過ぎかもしれませんけど。
ていうかせっかく止めたのに、変な切れ方して慌てさせないでくれよ都築。(笑)


結果的に見ると、一番強いところ(山東魯能)に一番弱いメンバーが当たったという格好になりそうですね。ポンテのコンディションに大きな問題があるのでなければ、3戦通して満遍なく選手を使うというのは、そもそもの予定の行動なんでしょうし。
それで結果的に上手いこと優勝できれば、なんて駆け引き上手という話になりますが。(笑)

思い返せば「ターンオーバー」なんて話もありましたし、新チーム立ち上げに当たってほんとはもっと早くこういうことをオジェックはやっておきたかった、またはやっておくべきだったのかもなと少し思いました。真面目な人だけに、ある程度機械的にまず満遍なく試してみて、その後順々に絞って行く・ハメて行くという過程があった方がやりやすかったでしょう。

その点ACLは冗談にも落とせないし、遊べるチーム状態でもなかったし、やらずにここまで来てしまった。プレシーズンマッチとはいえブルズカップは相手は強いし、”日本代表”としてのメンツも妙に強く感じるし、かなり最初から固めていかざるを得なかったですから。
ただでさえ難しい「前年度優勝チームの引き継ぎ」という作業を、随分厳しい環境でやってますよね、分かっていたことですが。

この大会が遅まきながらのいい再スタートになるか。はたまたこれで長谷部の機嫌は直るのか。(笑)
せっかくだから優勝したいですね。次何とか頑張ってくれ、城南一和。


小刻みにポストを繋いでグイグイ縦に出て来るというのは、伝統的に韓国サッカーの得意技ですね。中東のチームとかも結構やるし、ひと昔前の日本代表がかなり手を焼かされた記憶が甦りました。腰が引けたら絶対止められないんですよ、あれは。
1戦目を見る限り似たようなことを今の中国チームもやって来るようですし、苦しいでしょうけどちゃんと早目のプレッシャーをかける、その時間を長くすることを3戦目は努力してもらいたいです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/201-fa408ceb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。