スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和?柏 

うーん、これは。

J1第19節 浦和 △1?1△ 柏(埼玉)

勝ったら”余裕”、負けたら”惰性”という感じの試合でしたが、分けたら?


実にこう、何と言うことのない、平均的な試合。今年のレッズがやりそうな。
結果だけ速報で聞いた人に「どういう試合?」と聞かれたら、「今あなたが頭の中で想像したような試合」と答えたらそれですむような。(笑)

前半、それほど目茶目茶間延びしているわけではないけれど、少しずつ、常に寄せがずれ気味(特にラストパスの出所への)なのを見て、「ああ、今日はこんなバランスの試合なんだろうな」と、何となくこういう最終スコアを予感してしまったようなところが既にあったんですが。
崩れはしないけれど締まりもしない。おおむね耐えるけれど1,2回綻びを衝かれて、あんまりは噛み合わないけれど1,2回は最後まで上手く行くこともあって。お暑い中今日も我慢大会ご苦労様でした、お足元に気をつけてお帰り下さい。

むしろ広島戦みたいに前半はっきり悪かったりした方が、その後の盛り返しも落差が大きくなってかえって埒が開いたりするのかなとか。まあそれじゃあ、多分、次のガンバにはやられてしまうでしょうが。

ただもう、とにかく凄まじい閉塞感、手詰まり感で。なまじ頑張って、頑張れてしまうから結局じりじりと、いつもおんなじようなレベル・均衡に落ち着いてしまう。
2チャ3チャ、3チャ2チャ。4チャ。勝てる感じはないけれど大負けもしないから、手筋を変えずに何となく打っている内に、点数もツキもその晩では回復不能なところに気が付くと落ち込んでしまっているような、そんな徹マンの一夜?(笑)
こういう時だけは思うのです。何てつまらないんだろう!麻雀って。


話戻して。

現在チームがこういう状態にあることについては、誰と言えば現場の最高責任者であるオジェックの責任ということになるんでしょうが、ではこれから、チームをもう1回上げて行ったり変えたりどこかへ連れて行ったりということになると、こりゃもう誰がどうやっても至難の業で。
単にオジェックより良い監督とかいうことではなく、ほとんど頭のちょっとおかしい監督でも連れて来ないと(笑)、何かが起きる感じが全然しません。前回書いたこととも関連しますが。
後はまあ、大連敗でもするか。大トレードでもするか。ワシントンがこのまま帰って来なかったりして。(笑)

もうちょっと真面目に反省すると、あるいは真面目にネガると(笑)、交代の駒を含めて気が付くと余りにも見慣れた、新鮮味の無い、効力も薄い、数も限られたメンバーでくるくる回っていて、ちょっと「斜陽の”銀河系”軍団」みたいな印象は無くはないですね。
あそこまで無理からでも年寄りでもないけれど、このままジリ貧になったりしたら必ずや似たようなことを言われてしまうのではないかと。・・・・まあ逆にレアルだったら、小野あたりはとっくに放出されて、スピードFWか何かを獲ってることと思いますが。

とにかく、何かもう、どうしろと言われても、現状を前提にして、どうしたらいいのか。傍目八目をもってしても。よほど無茶なことをしない限り。
3?5?2固定以降のオジェックは、はっきりと”現実路線”というか自分の功名心を手控えた”均衡・メンテナンス路線”に覚悟を決めたのだろうと思いますが、それで得られた安定感にA3シャッフルや田中達也のタイミングのいい復帰が重なって、いっとき確かにブレイクの臭いはあったわけですよね。

それがどっかへ行っちゃったらしいのがどこまでインターバルのせいかは分かりませんが、ともかくここから今更ポゼッションだプレッシングだと古い標語を掲げてもさしたる喚起力は望めないし、システムをいじる時期も過ぎたと言うか、自ら終わらしたというか。
さりとてその決断が間違っていたとも言いづらいし。強いて言えばそれとと同時にリアクションメインに割り切るという選択肢はあったかも知れませんが、そこまで負けが込んでいたわけでもないですしね。ああ!中途半端。どこにも”戦犯”もいないし!

まあかつかつその都度工夫するしかないですね。真面目にギリギリ3連敗くらいしてみるというのもありかも。とにかく風を、風を通してくれ!暑いぞ!(それは別の理由?)



さて今日の各論。
そのレッズの中では一頭地を抜く縦への駆動力で、”幻のブレイク”を主導した田中達也ですが、チームのトーンダウンと共に(?)やはり微妙に空回り気味。具体的には調子は悪くないのにシュートがさっぱり入らないことの印象が大きいわけでしょうが、なんかこうリズムがずれているというか、「無駄に速い」ように見えてしまう部分も。

この前は「チームプレイヤーである」という特徴を挙げましたが、今回取り上げたいのは生真面目である、神経が細かい、またそれにより少しタコツボにはまりやすいという傾向について。
元々メンタル的には、タイプ的には、野蛮人の王国である(笑)ストライカー界には必ずしも向かないところのある選手なんですよね。それが今までのところのピーク時、そうですねえ、アテネ最終予選の前後くらいかな?、あそこらへんにおいては、『ゴールから逆算したプレー』その緻密さという方向に神経の細かさを活かしていたわけですよね。緻密で効率的なプレーを、極限のスピードで!

それが今は・・・・そうやってないことはないんでしょうが、なんか、違う。その当時やっていたようなプレーの、内側ではなく外側を真似たような。こんなので、良かったんだよなあ。違ったっけ?
気が付くと周りの状況と、必ずしもジャストにはフィットしたプレーが出来ていない。それこそ今日の唯一の得点者、トゥーリオのようには。その速さは、本当に必要な速さなのか?

隠れたコンディション不安か、ゴールの成功体験不足か、とにかく以前のようには”ゴール”という行為を、場所を、自分の手に(足に)握っている感覚がないんだと思いますね。本当に決まると思って打ってないというか。結果非常に日本人的というか、ジェフの選手的というか(笑・失礼)、そういうアリバイ的なとにかく一生懸命急いでいます的な速さに見えてしまう部分がある。本来的に”本能”や”嗅覚”の選手ではないだけに。
でもそうじゃないだろ、そんなんじゃないだろ、一緒じゃないだろあなたは。速い上に一味違う正確さと技術、それが田中達也。

相棒のワシントンがいないので分かり難いですが、より根本的には(プレッシングという)チーム戦術的な噛み合い、そこへの速さでの貢献という点でうまくノれていないのがまずは問題なんでしょうけどね。
閉塞状況のチームの中で、「勝つ」ためというだけならむしろ先発から外して変化をつける駒として残しておいた方が、より戦略的には有効な気もしますが、あまりしたくはない。そういう条件抜きの選手として、そろそろ一本立ちさせたいですから。

まあ代表もしばらく大きなところはないし、ゆっくりトップフォームを取り戻して欲しいもの。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/214-cf352fc0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。