スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府?浦和 

この相手にしてこの内容、結果・・・・ではあるんですが。

J1第21節 浦和 ○4?1● 甲府(国立)

それにしても浦和レッズイズバック!とか言いたくなる、何とも脱力感のある強さ(笑)でした。
昼寝してる間に通帳の残高がくるくる増えているう。


同じ調子が続かないのが今年の特徴とはいえ、前節のもっさりどんよりは何だったんだという、立ち上がりから妙にすっきりした感じの選手たち。やっぱ暑かったんですかね、そんでもってそれがいい加圧式トレーニングにでもなったんですかね。(笑)
まあ企みリアクションモードという意味では共通していて、おあつらえ向きの相手に尚更腹が決まって、かつ手堅い成功の予感にリラックスしていたと、そういう部分はあったかも知れません。

その相手甲府ですが、それにしてもほとんど負けに来ているというか自ら夏の虫に名乗りを上げているようにしか見えない、バタバタとした隙だらけの特攻ぶりで、レポート(立ち上がりから独特の雰囲気に“らしさ”を発揮できなかった)や談話(DFとMFの間が開いて、DFだけで守っている感じだった)によると、さすがに向こうサイドとしても問題があった模様。

ただ前回も似たような感じに感じましたから、要するにこれが今のこの2チームのマッチアップだということになるんだろうと思います。
ありていに言ってレッズに対して攻めるには、個々が”軽”過ぎるんですよね、身体的にか総合的にか。前提として慌てさせるような圧がかけられないので、攻勢が攻勢になっていない。戦術以前、or以上の問題。

J2で堅牢を誇っていた横浜FCの”守備力”のJ1での惨状とかもそうですが、ここらへんは戦術と個との変数関係というか、目標とするレベルによる前提として要求されるものの違いみたいな問題だろうと思います。
アジアでなら優位の”個”を利した中東チームの”戦術”と、それがステージを上げた時の無力ぶりみたいなものもそうですが。まあいいですけど。

個別には甲府の選手は好きというか、よくも次から次へと甲府”らしい”選手を見つけて育てて仕立てて来るなと感心して、小気味良く見ていますが。宇留野とかね。
ちなみに今度入った羽地というのは、徳島での印象では、らしいアジリティを持ちつつそういう”兵隊”以上のポテンシャルを持った一枚看板のいいFWで、むしろレッズに欲しかったなと思ってるくらいの選手なんですけどね。勿論みどりの方にも。(笑)


さてすっきり溌剌、よく機能したチームの中で、肉体的には別に悪くない達也もやや久しぶりに瞬時に抜け出す爆発力、それによる縦の速さのリード力を思うさま発揮して・・・・しかもマズいことに(笑)オシムの御前試合でやらかして(?)、案の定代表に選ばれてしまいました。

おめでとうではあるのかもしれないですけど、正直あんまり気が進まないですけどね。最終的には勿論入って欲しいし必要な選手だと思いますけど、もう少し安定してから入りたかった。ただでさえ、変に頑張ってしまう選手ですし。
肉体的なことは正味よく分かりませんけど、現代医学の勝利だか何だか(?)、復帰早々から気持ちが悪いくらい調子が良かったので、クソテンションで頑張っちゃってんじゃないかな、バランス的にどっか問題無いのかなと心配で。だからここ数試合の”不調”はむしろほっとしてる部分があったりしたんですが。一回落ちて、改めて上がってそこから安定走行したりしてくれるとこっちとしても落ち着くなあとか。

増してメディア発だかオシム発だか、今の妙に過敏な代表の状況だと、変に「救世主」的な期待のかけられ方をして、それで駄目だったら逆に批判される、失格にされるみたいなそういう怖さもありますし。
まあオシムは選んですぐとかはあまり使わない人ですし、今回は顔つなぎで帰って来るくらいでちょうどいいかなとか思いますが。むしろ大久保とか前田とか、使い勝手に注文のつく選手の方に頑張ってもらいたい。山瀬も遠藤のポジションを遠藤以上の適性とポテンシャルでこなせる選手ですし、ただあれも故障持ちなんだよなあ。

って、なんで代表話になってるのか分かりませんが、まあたまにはこっちでもいいでしょう。
・・・・は、小野!すまん、今ちょっと完全に忘れてた(笑)。だからといってフェイエはどうだろう、出戻りの上に出戻りを重ねるのは。パレルモやリケルメじゃあるまいし。まあそんな変な生温かい愛され方をしている選手ではありますけどね。(笑)


次節以降とかはまた全然分かりません。
涼しくなってプレッシング復活、とも、めでたく首位にも立ったし、オジェック空気化進行で要領大魔王レッズ本格復活とも。
平川の今更のフィット感は、後者の臭いというか、”落とし所”へ向けて順調に落ちている感覚をどうしても強く感じさせますが。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/216-6cfdb527

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。