スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸?浦和 

意外なところに落ちてた”大人の戦い”。

J1第23節 浦和 ○2?1● 神戸(ユニバ)

面白かったのに見てない人が比較的多そうで残念ですね。
さりとて”試合状況の描写”という作業が僕は苦手なので、一応J’s Goalのレポでも。


前回対戦時の印象が無いなあと思ったら、半分しか見てないんですね。どうりで。
ともかく始まってすぐに、いつもの相手とは違う感覚にちょっと戸惑いました。
あ・・・・見られてる。こりゃロクに見もせず突っ込んで来る相手を、オーレ!とあしらってすます(いつものような)わけには行かなそうだな。

別に神戸がベタ引きして来たとかそういうことではなくて(何だかんだJ1ってそういうチーム少ないですね)、ちゃんと中盤前からプレッシャーをかけて虎視眈々とハーフカウンター気味に狙ってくるそういう構えではあるんですが、その虎”視”っぷりが出色で。
プレッシャーのかけ方も遮二無二来るのではなく、行くゾーン流すゾーンきっちり約束事が貫徹されている感じでしたが、そうした戦術の成熟ぶりのおかげでしょうか、最終的に印象に残るのは、戦術は戦術として、個々人がちゃんと状況を見て、判断して、プレーを選択している感じ。良くも悪くも日本人のお得意の、スクールボーイ・サッカーではない。

逆に普段浦和が握っているアドヴァンテージ、対戦相手に与えるプレッシャーの本体もこれなんではないかと、神戸を見ていて思いましたが。嫌なもんですね「見られる」というのは。
見る、判断する、当たり前のようですが、日本で「良いサッカー」というとどうしても”一生懸命やってます”と看板ぶら下げて走り回るか、”理想のサッカー””理想形”という妄念の実現にかかりっ切りで、目の前の状況や相手をロクに見ないというようなそういうニュアンスのものに流れがち。

ただ逆に”見る”方に最初から重きを置こうとすると、単純に後手に回るか無駄と馬鹿を厭うあまり、結局労働量がズブズブに縮小するかになることがとても多いので、ある意味もういいんだよ、見なくていいんだよ、目ぇつぶってやるんだよというのが湯浅健二的サッカー論。(笑)
浦和がどうしてこうも上手く「見る」ことを戦闘力に転化出来ているのかというのは、一つは勿論それに相応しい成熟したor自己責任を引き受けられる選手が揃っているということでしょうが、もう一つは何か今のチームが形成される過程での幸運な行きがかりがあったんじゃないかなと、本格的に見始めたのは去年からの僕は想像してるんですが。


ともかく双方「見る」ことに長けたどうしの対戦は、見合って膠着するわけでもなく、むしろ局面局面でJリーグでは滅多に見られない細かい駆け引き、間合いの取り合いが多発する、大変面白いものになっていました。
最終的に勝負を決したのはやはり個々人の絶対クオリティと自信の差、特にゴールに近付いてからの落ち着きや集中力の差だったかなと。やっぱりね、慌てるんですよ神戸は、少し。ゴールに近付くと。それまでの落ち着きぶりが嘘のようというか、我慢が利かなくなるというか。伊達にこのクオリティで、それまで連続無得点に苦しんで来たわけではないなという。

それに対して浦和は、「見る」お株を奪われて慌てるどころか、あっそうニヤリと本気を出したかのように(笑)、更に集中力を研ぎ澄まして勝負所で力を爆発させる。
2得点はいずれも見事でした。意図的に、必要な分だけ、その時にギアを上げた感じが。半信半疑でしたが、どうもほんとに強いらしいですね。相手が強ければ更に強くなるという。シトンもサントスもいないせいか、去年ほどの厚みは感じませんが、ただ基本フォームはもう取り戻しているらしい。悪く言えば劣化コピーかも知れませんが、現実的には十分。

まあ神戸は後半落ちました、確かに。「見た」前半に使った、微調整の為の細かい運動量・スタミナの問題が一つと、先制されて必死になった分、その後は普通の日本人サッカーになってしまったのと。ここらへんが”ギア”を上げてもペースは失わない、浦和との差ですかね。


後は都築、相変わらず絶好調。そうそう破られる気がしませんね、今は。
平川も解説者は「思うように攻め込めずに抑えられている」と言っていましたが、別に相馬みたいにバリバリ突っ込んで行くタイプではないので、限られた機会の中で、あるいは派手には抜き切らないプレーの中で、それこそよく「見」た気の利いたボールをきちんと中に送り込んでいたと思います。持ち味は発揮していた。

ちなみにすっかり”時の人”のその平川(笑)の影で、なんかかわいそうなコみたいになってしまっている相馬ですが、彼の場合はむしろいい意味で「見ない」ところに持ち味があるんだと思うんですよね。
つまり「見る」スタイルには上で言ったようにズブズブになる危険もあるわけで、その時に遮二無二行ってくれることがチームを下支えしてくれる、推進力になってくれる。悪い意味で「見」てしまうチームの見本であった、’05年当時のヴェルディでは、正にそういう存在でした。(駄目でしたけど・涙)

レッズでは多くの場合「見る」ことがすんなりプラスになっていることが多いので、あまりそういう機会はありませんが、それなりにそういう役立ち方をしていた時期もありましたよね。
とはいえどうにも厳しい現状ですが。うむ。


もう明日ですか、次。忙しい。
なんか最近キーボードを叩いてるとすぐ疲れてしまって(特に腕が)、更新遅れ気味で申し訳ありません。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/218-4553747f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。