スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『雪山飛狐』総評(1) 

雪山飛狐 雪山飛狐
岡崎 由美、金 庸 他 (1999/02)
徳間書店

この商品の詳細を見る

レビュー第3弾。
いずれどうなるか分かったもんじゃないですが、だいたいこんなパースペクティブで書いてます。はい。

さて『雪山飛狐』ですが、一巻ものと短いですが、意外に難物。むしろ無視してしまった方が流れとしては書きやすい。(笑)
一言で言って意義付けが難しいんですね。読み応えがあるないという意味では遥かに疑問の残る『越女剣』は、上の参考エントリーでも書いたように”金庸武侠の下書き”みたいな見方が実際出来ると思うんですが、『雪山』は・・・・。はっきり言って、バイオグラフィ的には存在しないものとしても全然支障が無いような。
いや、面白いは面白いんですけどね。

それについても一応僕なりの仮説を立ててみたので、後ほど。


”嵐の山荘”ミステリー?

『書剣”ホワイトアルバム”恩仇録』、『碧血”サージェントペパーズ”剣』にちなんで『雪山』もビートルズで例えてみると・・・・うーん、『イエローサブマリン』かな、ちょっと無理矢理だけど。
つまり一度はやってみたかった”嵐の山荘”ミステリー、一度はやってみたかった映画のサントラということで。

ただし”嵐の山荘”ミステリーとは言っても、別にそれによる「密室性」が主題になったりはしてませんけどね(笑)。あくまで雰囲気作りのレベル。
あえてミステリーということで言うならば、”複数の語り手による過去の事件の説明のズレが生み出す謎”という意味で、少し「叙述トリック」的なところはありますが。

いずれにしてもこれは一種のシャレ、若い時から西洋小説も好んで読んでいたという現代中国人金庸さんが、せっかく書き手に回ったのでちょっとやってみた同窓会的な趣向ではないかと。
伝統中国小説にも多分似たような趣向はあったんじゃないかとは想像しますが、そのテのミステリーを読んだ経験のある人には、明らかに欧米&日本の西側のそれの臭いが漂っているのは感じられると思います。

一方でその密室性/閉鎖空間性を前提に、「食料を捨ててしまうことで自分諸共ゲストを(飢えによって)皆殺しにする」というえげつない殺人手段が、個人的な怨恨ではなくて恩人への義理という動機によって、しかもいかにも当たり前のものとして計画されるというのはいかにも中国的、武侠的だと思いますが。他の小説ジャンルではなかなか説得力を持たせるのは難しいでしょう。


胡斐という”主人公”

ところでこの『雪山』の実質的主人公が、回想エピソードの中の胡一刀と苗人鳳の好敵手二人であることは論を待たないと思いますが、そこで問題になるのが書名にもあるように表向きの主人公である、”雪山飛狐”こと胡斐の位置付け。
ぶっちゃけ「主人公」としては随分落ち着かない扱いですよね。一巻ものなのにさんざん待たされて(しかもその間の話題の中心は自分ではない)登場した挙句、一応かっこいいところを見せて速攻で恋なんかもしますが、でもラストはアレですし。(笑)

ところがその一方で、妙に示唆的な細かい描写だなと思うところも僕にはあります。例えば

雪山飛狐と名乗るだけあって、普段ならば聡明で臨機応変な胡斐(p.316)

あるいは

胡斐は普段から悪人を徹底的にやっつける方である。(p.326)

といった記述。

”普段””普段”って、それを具体的に見せるのが作品てものでしょうが、そんな主人公の性格を全部作者が説明してしまって終わりってそれどうなの?金庸先生と、筋としては突っ込まなくてはいけないところだと思います。
特に前段部分は、なまじ「狐」と「聡明で臨機応変」との結び付きがイメージ的に魅力的なだけに、そこ見たいそこと、それこそ油揚げの臭いだけかがされた狐のような気分になります。(笑)

勿論あっさり言ってしまえば長さ的に書くスペースが無かったということでしょうが、ではならばなぜそんな構成になってしまったのかという。
そして何より不思議なのは、そういうストーリーテリングの定石的にはまずい書き方をしながら、実際に作品を読んで僕が金庸の説明に説得力を感じなかったかというと、実は感じたということです。(だから僕の”難癖”にピンと来なかった人も多いでしょう。)


(2)につづく。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/220-9f4bf8e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。