スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜FM?浦和 

ふっ、今日はこれくらいで勘弁・・・・してくれてありがとう、Fマリさん。(笑)

J1第26節 浦和 ○1?0● 横浜FM(日産)

ああ、凌いだ凌いだ。家本にすら暴れる余地を与えない、静か?な試合。


言わずと知れた過密日程。しつこい残暑。勢いのある相手チーム。
正直今年の中でも1番に近いきつい条件で、僕が全北戦後に「週末を”無事”に過ごして」という表現を使ったのも、別にFマリを甘くやり過ごせると思ったわけではなくて、きつくなるのが分かり切ってるので、ぎりぎりまでその現実を直視しないでいたいというそういう心理の表れです。(笑)

そしてこういう時に決して対処を誤らないのが浦和レッズというチームで、一糸乱れぬ暗黙の了解(?)で、細心かつ決然と、いつにも増してスローペースのゲームを演出し切っていました。
はっきり言うと恐らくカウンターに”はめる”余力・余裕すらほんとは無くて、敵ながら見事だったFマリの攻撃を最後まで凌ぐ目算も特には無かったと思いますが、駄目なら駄目でしょうがないと、その代わりたまに来るチャンスにはこれもいつにも増しての集中力で、その価値をみんなが分かっているという感じの実に丁寧なプレーで掴みに行っていて、正直感動しましたよ僕は。

世評は知りませんが、これは「いい試合」と言うべきものだと思います。”いいサッカー”などという言い訳に頼らずに、ただ黙々と”サッカー”そのものに向き合っているチームならではの。
ここんとこらしくなかったポンテも久しぶりに、改めて研ぎ澄ました”技”を見せていましたし、そして決勝点の永井!永井!永井!。前の試合のポストプレーに続いて、実に大人というか男らしいというか、万事呑み込んで「分かってる。やるから。任せて」という感じの単に落ち着いているという以上の太い意思を感じさせる見事なゴールでした。

技術的にも相当の余裕を感じさせるキープ&シュートでしたよね。これまでの履歴を知らずに普通に見れば(笑)、明らかに国内ナンバー1クラスのFWですよ今の永井は。言い尽くされてますが元々肉体的資質も技術も、少し異次元の人ですしね。
何とかなりませんかね、やっぱり。代○の方。山田さんは年齢的にチーム事情的に諦めるにしても。具体的にそれほどの夢を見ているわけじゃないですけど、このクオリティをキープし続けるのなら、何かご褒美がないと嘘ですよ。

ある意味「後押し」なのが過密日程で、A3の時もそうでしたがそれと決めたら非常に丁寧に負担を均等配分するオジェックの律儀な選手起用で、ワシントンが復帰しても当分は出場機会に問題は無さそうですし。(ああでも代○戦自体が無いか。)
・・・・しかし鈴木啓太→内舘は、やりそうでやらないだろうなと思ってたらやりましたね。少しどきどきしましたけど(笑)。こんな競った展開でいいのかなと。細貝はどうしたというのもありますし。

まあでもFWはほんとに3人横並びでいいと思いますけどね。甲乙丙(笑)つけ難い。


いやあ、勝って良かった。幸せ。
スコアレスドローはおろか、結果負けてもこの試合に関しては、文句言う気は無かったんですけどね。FマリはFマリなりに本物だったと思いますし。攻勢に安定感があった。正直運も良かったと思います、決められなかったのは。

でももうやだなこんな試合(笑)。きついって。
戦いぶりに満足していただけに、早く結果が欲しくて、2分毎に時計を見ながら授業の終わりを待つ学生みたいな気分で、そわそわと落ち着かなく見ていましたよ。むしろサポさんたちも、変に盛り上げて場を熱くしないでくれ?と(笑)。店じまい店じまい。

というわけで(?)僕も今日はここまで。


スポンサーサイト

コメント


>永井は勝利の女神に愛されているんじゃないでしょうか

現象としては確かにそういう印象がありますね。(笑)
あえて理屈をつけてみると、他の誰でもなく”自分が”やらなくてはいけない、勝てない、というような状況じゃないと力が出難いというようなことがあるのかなと。
必然的に、出した結果は重要な、目立つものが多くなる。
その代わり他の人でもいいような、やれるような時はあんまりやらない。(笑)

「人のいい自意識過剰」みたいな。
つまり自分が特別な素質・能力を持っていることを分かり過ぎてしまっている人ならではの遠慮、怠惰。あるいはその持てるものとバランスが取れるような”欲”を抱き切れない才能の悲劇みたいな。・・・・まあ、まだ悲劇と決まったわけじゃないですけどね。(笑)

ワシントンは愛されてはいなくても、適当に機嫌取るのは上手なんじゃないでしょうか。(笑)
女神の余禄をきっちり掻き集めるというか。

永井は勝利の女神に愛されているんじゃないでしょうか。いや、マジで。もはや、わたしの薄っぺらな知識では彼の存在意義は推し量ることが出来ません。万博のガンバ戦といい、今年のターニングポイントになる試合では必ず決めてくれます。それ以外での動きが物足りなくて、永井の実力というより運が良かった、みたいな気分になりがちですが、こうも続くと運じゃなくて実力ではないかと思うんです。
ワシントンは女神に愛されているとは思えないんですが(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/228-9d1140a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。