スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL準々決勝全北現代戦(アウェー) 

ともかく大きな怪我は無かったようで何より。

ACL準々決勝 浦和 ○2?0● 全北現代(全州)

いい審判でしたね。良過ぎてちょっと冷や冷や(笑)。少しくらいはあっちの贔屓しても恨まないよ?


試合の方はなんつうか、あまり言うべきことがないですね、見ての通り。
はっきり言うと相手にならない、おとといおいでという感じ。色んな意味で。
開始早々の先制点の時点で、既にサッカー的には敵でないことが分かってしまっていましたが。

1戦必勝態勢で向かっている浦和レッズに対して、ポンテのところか、跳ね返りに詰めるところか、いっそキーパーが死ぬ気でキャッチしてしまうか、どこかでプレッシャーを抵抗を見せられないようなチームが勝てるわけがない。日頃のJの相手と比べてもね。
これだけ実力が足りないと、ああいうホームの煽りは力になるよりむしろ負担になるのではないかというそういう感じ。

勿論その後あんな見苦しいプレーを繰り返して来た相手に同情する謂れはないんですが、例えば代表の日韓戦でも、いつからでしょう多分加茂/トルシエあたりの日本が本格的に強くなって来てからは、「日本には勝利以外あり得ない」という不条理な信念が、マスコミレベルではともかく現場レベルでは目に見えて薄れて、そりゃ勿論しゃかりきにはなって来ますが勝利の絶対性に対する”本気”度は内心かなり常識的なレベルに落ち着いてしまって、それでもやらなければ勝たなければという余計なプレッシャーに苦しんでいる様子が気の毒に見える時があります。

むしろ本当に韓国代表が”圧倒”的に強い時はほっとしたりして。(笑)
良かったね、アジアの虎さん。ちなみにこっちが見てるのはアジアじゃなくて世界だけど。
そりゃ選手は馬鹿じゃないから分かりますよね。相手が十分に強いのも場合によっては尊敬に値するのも。実際日本が強くなったからこそ、現場レベルでの、あるいは潜在的な日韓関係は随分良くなったと思いますが。騒いでるのはサッカーとあんまり関係無い人たちでしょう。

ともかくこちらのホーム、あちらのアウェーである埼玉で終了間際に全北現代が取ったこの前の1点は、全北現代の”底力”を示すというよりはアウェーの劣勢から開き直って気楽に攻め立てられたからこその、ある意味あれしかないという流れのものだったようで。
まあレッズも数的有利の割りにそれほどパッとした戦いをしたわけではありませんが、ご存知の通り(笑)元々必要も無いのに本気を出すようなチームではありませんし、怪我とカードにだけ気を付けて、予定通りの逃げ切り。2点も取るなんて大サービスじゃないですか。(笑)


さて準決勝の相手はまたも韓国、城南一和に決まったそうで。
移動が小さいのはいいことですが、正直そのう、限界スレスレの戦いを続けている選手たちには大変申し訳ないお気楽な話なんですが・・・・もしここで負けてしまうと、結局今年は要はA3を2回やっただけみたいな何とも地味な感じになるので(笑)、是非とも勝ち抜いてせめて異人種の人たちとの戦い(?)を実現させてもらいたいもの。

いやあ、きついっすね。来年以降も当然この大会は続いて行きますが、浦和みたいなともかくも大人なタイプのチーム以外、Jの代表は勝ち抜くチャンスがどれくらいあるんでしょうか。”クオリティ”メインでどこまでいけるものか。
逆にそういう、あるいは普通の優勝チームがその内容通りに勝ち抜けるようになったら、そこでJのレベルはもう一つ上がってるんでしょうけどね。開幕からチーム状態にぶーこら言いながら、ある意味いつの間にかここまで来てしまった感もありますが、ひょっとしてかなりレアなチャンスかも知れないので、何とか最後まで勝ち切りたいものですね。


えー、その前に次どこだっけ。新潟か。ひーこら。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/229-21e025da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。