スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL準決勝城南一和戦(アウェー) 

なかなかの緊迫でした。

ACL準決勝 浦和 △2?2△ 城南一和(城南)

CL(チャンピオンズリーグ)らしい風格というか。
しかしこれと国内リーグの並行は、それこそ毎年のように出ないとなかなか慣れないでしょうねと、いっぱしのことを言ってうえふぁの方の人たちに軽く笑われてみるテスト。
いや実際、スタミナだけでなく、気持ちの持って行き方とかサッカーの質のギャップとか。


とは言え実際には浦和は、既に最初からかなりうまくはやっていると思うんですよね。
基本じっと我慢、とにかく綻びを作らないようにというJの「ケ」と、いざ鎌倉悔いを残さずバッと開放目のACLの「ハレ」と。トーナメントに入ってから特に、なのかもしれませんが。
ともかく準々全北のホーム戦に続いて、明らかにJより前向きで活発な戦いぶりでしたが、それがちょっと危なっかしいという部分も不可避的に。

全北の時は相手のレベルが低かったことから、その活発さの良い面が主にクローズアップされてましたが、それでも時に足がもつれそうなところは見えていました。
それが今度の城南の場合、いきなり立ち上がりからふわふわしたところを的確に攻め立てられ続けて、こっちも攻めてはいるんですがおよそ浦和らしからぬ、ペースを、試合の支配権を掴めない状態で推移して、前半はほとんど「このまま0?1で帰れれば上等だな」くらいに思っていました。

特にJではあまり突っつかれた記憶の無い、最終ラインからの球出しを、これ作戦かなあと思うんですがジャストなタイミングで邪魔されて、落ち着く/安全に出来るはずのリズムのところでそれが全然出来なくて、でも前の方は最初から行く気満々でちょっと分断気味。
ボランチラインが注意をとがらすべきタイミングもいつもより少し早めになっていたんですが、サボってたわけではないでしょうがそれになかなか適応出来ずに、思い通りだろう攻撃の形をポンポンと作られていました。

作戦かなあと思うのは城南のプレス/チェイスが単に(いつも?)ガリガリ来るというよりは、もっと冷静に見てやっている感じだったからで、はっきり言ってJだと無闇にやって来てそれがたまたまハマる時もある、みたいなのばっかりですからね甲府を筆頭に。少なくとも対浦和だと。


で、浦和がいつペースを取り戻したかというと、多分特に戻してないですね(笑)、1回も。
達也の同点ゴールも形はきれいでしたが、たまたまというか単発ですし。
ていうか城南は前線と中盤に比べて、最終ラインのクオリティが単純に低くなかったですか?なんでだろうというくらい。そこをついて(そこまで辿り着ければ)チャンスそのものは結構作れていて、その一つがポンテの最高のクロスからうまく得点に結び付いた。

ついでに言うとこの日の達也の出来及びそもそもの先発起用自体、余り僕はポジティヴに思いません。相変わらず急ぎ気味でかなりプレイ精度が低目で、決まったのがヘディングなのがさもありなんという感じ。・・・・つまり落下点に入ったら当てるだけだからという意味で。
そしてそういう達也は現状はっきりペースを上げるかさもなくばモロカウンターの時でないとなかなか機能しづらいので、相手関係含めてどういう試合になるかよく分からないこういう試合では、永井でニュートラルに行った方が良かったんじゃないかと思います。どうせ(?)故障中だったわけですし。

ともかくそういう(↑)チャンスの一つから、若干甘めのPKまで頂戴して、かなり美味しい2得点目ゲット。ありゃまさか勝っちゃうの?とホクホクしてましたがそうは行かなかった。
ていうか”追い付かれた”どころかそれ以前にもそれ以後にも、死ぬほどチャンスを作られて2失点で済んだのがかなりラッキー、逆に決勝進出を確信しているところですが。どうも負けないようになっているらしい。

リードしてからいつも通りの手堅く逃げ切り態勢に入ったところは、ある意味では”ペースを取った”と言えないことはないんでしょうが、それ以上にスタミナ切れが激しくて安心状態とは程遠く。
ただどうも選手交代の度にむしろ城南の攻撃のコンビネーションが悪くなって行く感じで助かりましたが、向こうも国内リーグを戦っている事情は基本的に同じ筈なので、多少は疲れとかもあったのかなと。

終了間際オジェックが珍しく(内舘でなく)細貝を守備固めで使おうとしたのはいいんですか、慣れないことはしないもので(笑)、トゥーリオが傷んだことを挟んで交代の段取りがばたばたして、中はソワソワするは平川はスローインの遅延でカードもらっちゃうわで、かなり嫌な時間帯が生まれましたが、何とか無事に3分のロスタイムも凌いでゲーム終了。結果は上々。


気が付くと妙に素直に試合経過追っちゃってますが(笑)、それだけ真剣味のある試合だったということで。妄想に入れねえよ。
唯一のお笑いポイントは、BS1の中継で知らない内に永井の投入が行なわれて、気付いたアナが「あの走り方は永井ですよねえ?」と素でポケたところくらい。・・・・いや、ほんと、走り方特徴ありますよね(笑)。ぬるぬるパタパタ。最近じゃそれが余裕と冷静さに見えますが、悪い時はだらけてるように見えるというアレ。

週末の大分戦の過ごし方が大事ですね。状態をキープしさえ出来れば、ホームで押し返せると信じます。相手の力は分かったんですから、とにかく改めて冷静に慎重にやることです。
ただポンテへの依存度が極大化しつつあるのがどうも。小野もいなくなっちゃいましたし。
ここは一つワシントンあたりに楽させてもらいたいですが、特に大分戦は。移籍とかはまあしたければすればいいですけど。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/231-485b5b88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。