スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『越女剣』評 

越女剣―傑作武侠中篇集 (傑作武侠中篇集) 越女剣―傑作武侠中篇集 (傑作武侠中篇集)
岡崎 由美、金 庸 他 (2001/06)
徳間書店

この商品の詳細を見る

’61年の2作と’70年の1作を併せた、日本編集の金庸唯一の中編集

時間的には結構離れていますが、括りで語れる共通の特徴はあるかと。
一言で言えば、金庸”未満”の作品たち。

特に破綻しているわけではないですし、要素としてはおおむねいつもの金庸節で構成されているんですが、何かが違う。同じ要素が見せ方によって、あるいはちゃんとした見せ方がなされないことによって違う意味合いを持ってしまう、いつものようには見えないという。
「プロデュース」みたいな作業の大事さ、的な話。


『白馬は西風にいななく』 (’61年)

薄幸の少女の悲恋を中心にしたストーリーで、狙いとしては”情緒纏綿”(てんめん)とかにしたかったんでしょうが、単におセンチに感じます。
同様にえげつない悪人ややり切れない人間の”業”のような、本来なら物語の世界観に厚みや立体感をもたらすはずのハードな要素も、ただただ残酷で救いが無い感じにしか見えません。

一言で言えば投げっぱなしなんですね、処理/調理不足というか。こういう要素はこう働くはずで、こういう要素はこう働くはずだという”計画”をそのまま読まされているような感じ。
センチメンタリズムも残酷さも、ある意味での生(なま)の迫力はありますが、後味がいい、食べて美味しいものではあまりない。

『鴛鴦刀』 (’61年)

こちらは一転して軽快でコミカルなタッチで、国難をめぐる宿怨というお馴染みのモチーフを隠れた中心に据えた謎解きストーリーで、読み易いは読み易いです。ていうか要はそれを一つの大きな口実とする宝刀争奪勝ち抜き武術合戦で、ストーリーというほどのものでは本当はないです。(笑)
それはそれでいいんですけど、せっかく金庸自身が世に認めさせた武侠小説の文学的価値を、自ら先祖帰りさせて台無しにしている気もしなくはないです。(笑)

まあそんな目くじら立てるようなものではないでしょうが、ただラストは余りにいただけないですね。
なんだこの古臭いorやる気のない、教訓譚風のシメは。よっぽど困ったんでしょうか。
正直金返せという感じです。(?)

・・・・この2つに関しては、ほんとに’61年(頃)に書かれたのか、それ自体に少し疑問を感じます。昔書いた習作を、編集者の求めに応じて適当に仕上げて出しちゃったとかでは?という。(笑)
次の『越女剣』の方は、年代的な成熟感としては割りと納得が行くというか、純粋に別もの/アウトテイクという感じで受け取れますが。

『越女剣』 (’70年)

”臥薪嘗胆”の故事で知られる、春秋時代の「越」と「呉」の宿命の戦いをめぐる伝説を、金庸にしては割合忠実に脚色した作品。(らしい)
ということで古典的というか静かで小さくまとまった印象が強いですが、嫌いじゃないです。同じく少女のある意味での悲恋を描いているということで『白馬?』と比べるならば、『白馬』がうまく器が作れずに情緒が垂れ流しになっているのに対して、こちらはその「古典」性が一定の節度というかスタイル性を保証しているという感じ。

まあ『越女』の少女自体が、ほとんど俗人ではないというのもありますかね。なんでこのジジイにいきなり恋するのかはよく分かりませんが。(笑)
『射英雄伝』では雑魚技扱い韓小瑩ネエさんの「越女剣」が、こういう入神の必殺剣の由来を持っていたというのは何となく嬉しいです。(笑)



簡単に言えば書き込み不足、なんだと思います、単純に。金庸の意図を説明し尽くす為のスペースが足りない、基本(巨大)”建造物”である金庸作品にとって、安普請早普請は致命的であるという。侘び住まいは似合わない。(笑)

別な言い方をすると、やはり”ジャーナリスト”、”学者”なんでしょうねこの人は。本質的には”文学者”ではない。散文的な人というか。
事例の積み重ねによって初めて一定の説得力が生まれるのであって、凝縮した文学的・象徴的表現によって、一点集中センス良く表現したりは出来ない。

ここらへんはまあ、代表的には「結末のわざとらしさ」という形で、他の作品でもちょいちょい顔を出す性格ですね。端的に書くのは下手。

”プロデュース不足””金庸未満”についてもう少し説明すると、まず一方にこの作品集でも随所に顔を出す古代的中国的な情緒や詩情、あるいは暴力や殺人に禁忌の薄い、我々現代日本人とは各種優先順位の異なる価値観等の、まとめて非西洋近代的要素があります。
それを金庸が自らの持つ西洋近代人としての部分からの目線で改めて認識し、再構成して提供する一種のハイブリッドが、文学作品としての”金庸”の完成品なわけです。

それがその作業が不徹底な状態で目に触れると、完成状態ならある意味”殺菌”済みの状態で安心して(つっても結構エグいですが)楽しめる「非西洋近代的要素」のエキゾチズムやインパクトが、やけに生な状態でつきつけられて居心地が悪い。
また完成状態のきっちりした遠近法の中に置かれれば、そうした要素は我々が習慣的に絶対化している西洋近代的価値観や感受性を相対化するというような立派な(笑)機能も持ち得るのですが、未完成に投げ出されるとただただ古くて野蛮、あるいは滑稽なものに見えたりする。そういうことです。

とにかく時に脳天気にも見える(笑)金庸作品の、それなりに複雑で重層的な生成過程、あるいは金庸が行っている知的作業のプロセスの一端が、ある意味期せずして見える興味深い作品であると、そういう言い方は出来るかもしれません。恥ずかしい舞台裏、とも言いますが。(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/233-068b7558

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。