スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱り目に祟り・・・・ 

目。

ロブソン・ポンテの怪我・帰国について(公式)


問題の横浜FC戦の負傷を、出来過ぎた「終わり」のシーンなんて書いちゃったことに微妙に罪の意識が。ごめん、俺のせいだ。(違うけど)

これが天皇杯なら、すわ早引けの口実か?などという疑惑も浮かぼうってものですが(笑)、今年に限ってそれは。
本当に駄目なんですねえ。お大事に。ゆーーーーっくり休んで。


ただ困るのはこれでますますクラブW杯の位置付けが難解になることで、つまりJのV逸でようやくフロント側から出て来たオジェックへの疑問の声、それによるクラブW杯での”追試”という意味合いが、ちょっとボケてしまうかなというのが。
どんな監督であれ、ポンテ抜きでレッズの「本来の」力なんて、出せなくて当然ですからね。

一応こういう話

オジェック更迭も…クラブW杯次第で(スポニチ)

にはなってますけど、ニュアンスが分からない。
日本サッカー協会的に祈るように擁護/なるべく事なかれなのか、それともニュートラルなのか。
藤口社長ってどういう人なんでしょう。(いや、単純に知らないんですけど。”三菱と全日本の選手”としてしか・笑)


とりあえずの楽しみはこれでしょうけどね。

浦和小野がクラブW杯でアピール誓う(日刊)

でも1人だけ元気でもなあ。パスに走ってくれる人がみんな力尽きてそうだし。(笑)

・・・・なんか湿っぽくなっちゃいましたね。トホホ。
気分転換にテンプレート変えてありますが、あんまり赤くなくてごめんなさい。(笑)
看板に偽りありだ。どうもいいのが無くて。

ていうか正直オフモード?(金庸モードというか)


スポンサーサイト

コメント

CL決勝は00-01でなく01-02ですね。レアルのジダン、ボレー一発!で決まった試合だったはず。ごめんなさい。

 レバークーゼンは00-01シーズンがピークで、あれよあれよとCLの決勝まで言ったんですね。ベスト8か準決かでマンUに「うちかった」試合は印象的でした。
 wikiとか調べたらそのシーズンはポンテはレンタルで出ていたみたいです。悔しかったろうし、それが今期の頑張りの動機にはなっていると思います。WCPには出たかったはず。
 あの年はバラックが中央で縦に自由に動いてました。さばいてゴール前に出てきて・・・、そうなるとサポートは「頑張り型」「ディシプリン」でしょう。中盤はラメロウが後ろ、前がバシュテュルクだったような。そしてサイドがプラセンテ、ゼ・ロベルト、シュナイダー、ノイビル、CBがルッシオ・・・誰が守ってたんだろ(笑)

へええ

バシュテュルクの風下に立ってたんですが。何となくカチンと来ますけど(笑)分かるような気もします。
つまりバシュテュルクの”アジリティ”はそれ自体として武器に出来るようなもので、チームのパーツor飛び道具としては、そっちの方が使い易いかなと。

それに対して浦和に来て盤石の地位を得たポンテは、それによってリーダーとしての「精神力」という(隠れた)資質を存分に発揮する機会を得たと。彼が最近見せている浦和への忠誠心というのも、そうした環境とセットなんじゃないかなあと。
全て想像ですが。

何となく「浦和のポンテ」として、リベンジというか凱旋というか、そういう機会を与えてあげたいなという気持ちもありますが。

>バイエルンみたいなチーム
ちょっとその後思うところがあるので、クラブW杯終了後にでもエントリー立てる予定。

 失礼しました。ポンテでしたね。一度何故かポンセで覚えてしまったもんで。
 浦和に来る前のレバークーゼンで不遇だったころ(これは同タイプのゼ・ロベルトやバシュテュルクが良すぎた)も「日本なら十分頼りになるね、こいつ欲しいな」と思ってました。今年50試合以上でてるんですからご苦労様です。

 やっぱり監督ですよね。バイエルンみたいなチームにしたいんでしょうが、このやり方は日本では悪いほうにしか行かないです。変わってもらったほうが良いでしょうね。

”ポンセ”というと昔横浜大洋(?)にいた地味な4番打者の方を思い出しますが(笑)、同じ字なんでしょうか。
真面目な話ポンテは”スペイン系”のブラジル人で、それもあってあのファンタジスタでありながらコマネズミのようなアジリティも兼ね備えているんですよね多分、うん。

特にポンテと鈴木啓太とトゥーリオは、欠けるとレッズがレッズである強味を大幅に減じることになると思うので厳しいは厳しいですね。長谷部は・・・・まあ来季の補強次第というレベルかと。

どのみちよっぽどのことにならない限り、目下の最大の問題は監督だと思います。

ポンセの怪我は来期まで影響しそうですね。厳しいですね、長谷部もいなくなりそうですし。当方の全盛期末期に、相馬・熊谷・中田浩と金属疲労的大怪我をしてチーム力が低下したことを思い出しました。
Challengeableな意思を持ち続けないと厳しいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/251-0d951da0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。