スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仏教」小説としての『天龍八部』 (1) 

天龍八部〈第1巻〉剣仙伝説 天龍八部〈第1巻〉剣仙伝説
岡崎 由美、金 庸 他 (2002/03)
徳間書店

この商品の詳細を見る

新年あけまして。今イチ気乗りしないんですが、図書館で予約待ちしている人がいてかわいそうなので(笑)、頑張って書いて返しちゃいます。

ということで仏教
この全8巻の大部の小説、色々書きようはあると思いますが、ある意味オーソドックスにタイトルの示す通り(Wiki)の、同時にあんまり正面切って誰も書きそうにない、はたまた前作『連城訣』について、「金庸の”厭世”観/”脱俗”願望は結構本気である」と書いたそのフォローという意味も含めて、このテーマで。(あんまり「総論」じゃない気もするんですけど。)

ま、あくまで我流なので、あまり信用してもらっても困るんですが。


『天龍八部』、(恋)愛、仏教

例によっての盛り沢山な登場人物と複数の主人公(少なく見積もっても段誉、蕭峯、虚竹の3人)がいる凝った構成の『天龍八部』においては、様々なパターンの男女の恋愛が描かれています。
またストーリーの大きな部分を、後述する段正淳の多情が撒き散らした「種」(文字通りの(笑))による混乱とそのときほぐしに当てていることからも、この作品の重要なテーマの1つが「(恋)愛」であるのは大きな異論の無いところだと思います。

そして『天龍八部』の金庸全作中でも際立って濃い「仏教(小説)」性も、最もこの部分に分かり易く出ていると思います。・・・・というのは、ここらへんに関する考え方・感じ方というのは、我々が無意識に依拠している現代西側文化のそれと仏教の、ある意味最も決定的に異なる部分でもあると思うからです。

つまり愛が”煩悩”である、未だ悟り至らぬことを示すそれであるというのはまあ常識的に一応流せると思いますが、そういう修辞的慣用的なレベルを遥かに越えて、より根本的な部分で愛が迷妄であり悪徳であり、その種類を問わず醜悪なものであるという、極端に言うとそういう感受性・思想が、仏教の根幹にはあるわけです。
単に度を越えたものや犯罪的なものや、たまたま不幸を呼ぶものに留まらず、あるいは男女間の(浮ついた)それに限らず、親子でも兄弟でも、対象が何であれ。その精神の働きそのものに、何か根本的に誤った/足りないものがあるという。”良い”(恋)愛なんてものは存在しない。

「仏典にいわく『まさに思うべし、美女は身に膿血を蔵し、百年の後は化して白骨となることを。』」(5巻p.146)


これは直接的には女の容色に惑う男への戒めの言ですが、例えばこのような極論や達観、それをメインでリアルな実感として生きるのが、仏教の基本的なあり方なわけですね。

・・・・勿論派によって色々説き方は違いますが、あまりつつくと別な論考になってしまうので(笑)、とにかくだいたいそういうものだと了解してもらって、先に行かせて下さい。


『天龍八部』における(恋)愛像

具体的に主だった事例、人物別に見て行きましょう。

・段誉の”愛”

対象、王語嫣
序盤に洞窟で目にした美しい玉像への思慕を出発点としつつ、ただただひたすら、王語嫣の「美貌」への盲愛で恋々とし続け、無視されても周囲に本気で眉をひそめられても、自分でも惨めだ女々しい望みはないと自覚しつつも、わずかな交流や接近の切れ端の喜び・期待だけを当てに、しばしば大理国の皇位継承者の立場も放り出して、中国中を付いて回る。
一応最後はコケの一念が通った形になる。一応。

・游担之の”愛”

対象、阿紫
親の仇蕭峯(↑)への仇討ちに燃えていたが、あっさり心折れたところで出会った(というか捕まった)美少女阿紫に一目惚れ。特殊な育ちから倫理観の根本的に欠落した、かつ加虐的な性格の持ち主の阿紫から、全く娯楽目的の無意味な虐待拷問を受け続け、挙句の果てに大火傷と共に顔全体を隠す”鉄仮面”を(溶接で)被せられてしまうが、それでも阿紫の美貌(と、足?)を垣間見える、側にいられる悦びだけに集中し、最後まで犬のように忠実でい続ける。

・阿紫の”愛”

対象、蕭峯
最後までピンと来なかったんですが(笑)、愛しているんですよね?
亡き姉阿朱(後述)に後事を託された蕭峯から、義妹として庇護を受ける。行きがかりで瀕死の重傷を蕭峯に負わされ、その看護期間を通して不可避的に、それなりに情を通わせる。蕭峯は女として見ていないし阿紫にちゃんとしたそういう感情があるのかも謎ですが、とにかくかまって欲しい気にかけて欲しい、独占したいの一心であの手この手で蕭峯にまとわりつき、くだんの重傷もその為に視覚を奪おう(それで側に置こう)という、騙し討ちの結果として受ける。
最後は天下に身の置き所のなくなった蕭峯と、ある意味”添い遂げる”ような形になるが・・・・

・虚竹の”愛”

対象。”夢姑”
少林寺(禅宗)の頑なに忠実な仏弟子であり、基本的には関心が無い、または強い禁忌・抑制を持っている。しかし手の込んだ罠・誘導によって、夢うつつの内に”夢姑”と呼ぶ実はさる王家の姫と光の届かない氷室の底で逢瀬を重ね、肉の悦びに覚醒し、溺れ、やがて他の何よりもそれを待ち望むようになる。
ただし人格的には特に破綻せず、”夢姑”とも今度は地上の日の光の下で再会を果たし、改めて結ばれる。

・蕭峯と阿朱の”愛”

これも行きがかりで蕭峯の戦いに巻き込まれた阿朱が瀕死の重傷を負い、責任(と憐れみ)を感じた蕭峯は助ける為に粉骨砕身する。その恩義と情愛に触れた阿朱は蕭峯に自然な思慕の情を募らせ、またそれらの戦いの過程でそれまでの半生を支えたアイデンティティを根こそぎ失った蕭峯に、(自分と一緒の)新しい穏やかな暮らしの希望を持たせようとする。
蕭峯も徐々にその未来像と阿朱と共にあることにリアリティを感じて行くが、またもや襲った運命の皮肉に、阿朱は自分を蕭峯に殺させることによって蕭峯と生みの父親の両方を救おうとする。目論み通りに阿朱を殺してしまった蕭峯は嘆き悲しむが、そのことによって阿朱はまた、蕭峯の永遠の心の妻となる。


解説は次に


スポンサーサイト

コメント

いや、どうも言わずもがなのこと書かせちゃいまして。
前のテンプレートが投稿者情報をちゃんと表示しない仕様(じゃなく不具合だと思う)になっていたので、”URL”欄に気付かなかったもので。

では今から頑張って続きを書きます。(笑)

リンクいただければ幸いです。
まだブログツールのテスト程度しか出来てませんので(笑)。

おめでとうございます。ブログ開設も。(笑)
ウォームアップ中ということですから、まだリンクとかはしない方がいいんですかね?

>「愛」を切り口にされましたか
Marioさんが「構造」をやる予定らしいので、何となく僕は避けたようなところも
あるかも知れません。(笑)
少しはコメントすると思いますが。

 新年快楽。本年も宜しくお願いします。
 「愛」を切り口にされましたか・・・。天龍八部は、小説・物語としては破綻してますが、テクストとしてはホントに色んな読みか出来てこの点では面白いですね。
 私も「ブログ」なるものを始めました。ウォームアップの段階ですが、時間のあるときによってやってください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/263-453ba998

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。