スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良かった良かった 

小野2アシスト! 鮮やかデビュー(スポニチ)

ドイツ1部リーグで小野伸二が加入したボーフムは3日、アウェーで2位ブレーメンに2―1で逆転勝ちし、小野は途中出場で2アシストのデビューを飾った。小野は後半22分に交代でトップ下に入り、1分後に右からのパス、39分には左CKで得点を引き出した。(中略)

卓越した技術はさびついていなかった。小野はドイツ到着後1週間足らずで公式戦のピッチに立ち、強豪ブレーメンの守備を手玉に取った。リーグ屈指の技巧派と評される相手のブラジル代表MFジエゴもかすむ活躍で、逆転劇の主役となった。トップ下に投入されて1分後、ゴール右へ走り込んで後ろからのパスを折り返してアシスト。ソフトタッチで味方がシュートしやすい球を何げなく繰り出す技術が光った。後半39分には右足でカーブをかけた左CKで2点目を演出した。


どんなに経緯がグチャグチャでも(笑)、素直にそういう言葉が出て来るのがこの人の人徳というもので。まずは良かった。

前回の後、変なところでありゃりゃと思ってしまったのは、TVKで見ていたKTV系『たかじん胸いっぱい』で、”各界の収入比較”みたいな企画をやっていまして、そこでなんでサッカー代表で小野伸二の名前が出ているんだろうと素で訝っていたら、Jリーグ日本人最高年俸だからだそうで寡聞にして知りませんでした
それで去年一昨年の働き/扱いではまずかろうと、今更問題意識に目覚めちゃったりしましたが(笑)。(まあ金額の根拠はオランダとの年俸格差なんでしょうけどね)

夢的なことを言うと岡田ジャパンのスローガン「接近」戦術は、ある意味小野みたいな選手にはぴったりだとも思うので、そんな感じで頑張って欲しいです。
シドニー予選で見せた俊輔との超高速ダイレクト交換、”フラッシュパス”による密集突破よ再び。


長谷部初陣に監督も地元紙も合格点(スポニチ)

浦和からドイツ・ボルフスブルクに移籍したMF長谷部誠(24)が2日、アウエーのビーレフェルト戦で上々の海外デビューを果たした。後半開始から4―4―2の左MFで出場。途中からボランチに下がり、1―0の勝利に貢献した。
(中略)
マガト監督はポジションを変えたことについて「サイドはうまくいかなかったので真ん中をやらせた」と説明してから「最後はいいプレーを見せてくれた」と評価した。3日付ビルト紙の採点はチーム3位タイの3点で、及第点を与えられた。


ついで(?)にこちらも。
長谷部の方もまあ、少なくともオシムよりは遥かに岡田さんの方がチャンスはあるだろうと思いますね。トップ下か、その一つ下(サイド)か、どちらにしてもプレーイメージは合う。
ただこの人の場合どんなチームでもやれることはやれるはずなので、むしろ「海外組」としてハクがつくこと(笑)、及びコンスタントに出てることの方が重要かも。

・・・・まあ小野よりも長谷部よりも、合流予定先の岡田ジャパンそのものの方が、実際には心配なわけですが。(笑)
この二人が抜けたレッズも、気が付くと結構心許なかったりして。僕レッズの場合はめんどくさくてあんまり「理想/予想メンバー」とか考えないんですけど。誰かが何とかするだろうと。(笑)

そんな感じの今日この頃。ブンデス見たいなあ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/270-0c8912db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。