スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビスコホーム神戸戦 

ま、こんなものか。

ナビスコ杯第1節 浦和 ●0?1○ 神戸(埼玉)

良いとは言えないけれど悪くはなかったと思います。”エンゲルス監督”から想定されるものとしては。相手強かったですしね。


エンゲルスが3?4?3(だよな?)をやりたいのは、3?4?3をやりたいからというのが基本なわけでしょうが(笑)、結果的に計算できるトップ下or司令塔不在のチーム事情と合っていて、そういう意味ではスムーズな新機軸に。
ついでに言うとそれなりの選手が沢山いるけど決め手に欠ける現FW陣の顔ぶれからしても、調子や状況でとっかえひっかえし易そうでそれもグー。こういうめぐり合わせは意外と大事ですよね。

仮にこのまま行ったとしてメンバー揃って来たらどうなるかと考えると、三都主は相馬のところでも梅崎のところでも問題無いですが、ポンテが右ウィングに入っちゃうと現在の一番の武器の永井のクロスが使いにくくなる、あるいは”3?6?1”っぽくなっちゃうなと思いますが、さすがに平川のところに入れるのは無理があるか。でも「超攻撃的」だそうだから・・・・(笑)。まあいいや。

本当の問題は京都の時みたいにハイプレスで”果敢”な感じが、人柄的にもエンゲルスの本意なんだろうけど、浦和の選手層だとどうなるのかなというそっちかと。仮に折衷的ビッグクラブ的に落ち着くとして、その場合エンゲルスの統御力や持ち味はどうなるのか。


とまあ厨的な思考は色々と走りますが、選手の方も心機一転のこの試合では、”走”るとまではいかなくても”動”いてはいましたよね、脳が、ハートが。
それは単に気分が変わったとかこれまで出場機会の無かったメンバーのアピールの意欲というだけではなくて、チームに蓋が重しが無くなって、動かそうとすれば動きそうな、そういう健康な空気が戻って来たから。ようやく普通にサッカーが出来る。

ただまあ、逆に「普通」でしかないという限界・現状というのも一方ではあって、改めて今自分たちが手に持っているものはなんだろうと省みると意外と頼りないというか、とりあえず(A・G・Fとの)”4強”からは謹んで抜けさせていただいて、しばらく放っておいてもらえないかなという。(笑)
別に引き下がる気は無いですけどね。ただドレッシングルームをチラチラ覗いてもらいたくないだけで(笑)。そこを出て行く時は改めて、何事も無かったように”大物”づらさせていただく予定ですけど。わらわの席はどこじゃ。これ下郎、寄るでない。

名前の力というのは大きいです。そしてかけがえの無いものです。得るのは大変だし、キープしてればいざという時必ず理論的な狙い以上の変な力として役立ってくれるものです。
だから虚名だろうと鼻持ちならなかろうと、なるべく手離すべきではない。その時々のチームの実質とはまた違う動きをするものなので、一方で反省しつつ謙虚になりつつも、別に排除する必要も無いので。

ある種「虚名」で稼いだ時間、確保した”遊び”を利して、その間に実質の充填にいそしむ的な。そういうものが無いと、長期間/継続的に、トップではいられない。
だからトゥーリオの根拠不明の負けん気とかは、やっぱり財産なんですよね。知らずチームの最大輪郭線が押し拡げられる。中身は多少スカスカでも。(笑)

ただやばいかも知れない方の「普通」もあって、それはエンゲルスの監督としての格・総合力。まだ本当のところは分かりませんが、あまり大層なことは期待できそうな見込みは無いので、チーム/選手との相互作用でどれだけ幸せな落ち着きどころを見出せるか。グイグイ引っ張ってってくれれば、それに越したことは無いですが。
とりあえずどれくらいのプレッシング・スタイルを考えているんでしょうねえ、それが当面の一番のクリア項目になるか。それを実行させられるかバランスを崩さないで出来るのか。攻撃はある意味その延長と、やはり個々人の資質で、自然に導かれるのではないかと。


まあエスクデロが見られて良かった。高崎が見られて良かった。梅崎は元々厚かましいので、出りゃそれなりにはやるだろうと、心配はしてなかったです(笑)。オジェックのチームだと浮いた可能性が高いですが。
エジミウソンはこんな感じの扱いでいいんじゃないですかね。色々出来ますが、レッズでの個性は自力で証明して欲しい。山田さんは今の内にリハビリしていて下さい。去年末の「復活」が鮮やか過ぎたので、つい怪我上がりだということを忘れていました。都築のメンタルが少し心配。

楽観はしてませんが前向きではありますよ。何であれ相応しいと感じる運命なら受け入れる準備はありますし。
ただフロントにはあくまで「ビッグクラブ」の自意識の下に、後任や補強については休まず考え続けて欲しいと願います。みんなで動かしている”プロジェクト”なんですよねビッグ・レッド・マシンは。こういうの他に無いから。


しかし神戸は、鹿島を除けば今Jリーグで一番信頼性の高いチームですね。しかも飛び道具つき。
去年からそうでしたけど、いよいよ継続による蓄積が感じられるレベルになって来ました。
あの”楽天”がねえ。(失礼笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/279-53327207

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。