スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビスコアウェー京都戦 

いやー、負けないで良かった。

ナビスコ杯第2節 浦和 △3?3△ 京都(西京極)

それなりにいいところも見えているだけに。とりあえず、”繋がった”か。


梅崎がかなり広範囲&自由に動いているので、システムの表記とかは非常に難しいんですが、要するにエジミウソンをトップに残して、その後ろを梅崎と永井が臨機応変に使うみたいなそんな感じか。めんどくさければ3?5?2でもいいですし、3?5?1?1または3?4+変則3トップみたいな言い方をしてもいいし。根本的には、「”3トップ思想”の3?5?2」とでも言うべきか。
実際の機能性を見ると、平川と相馬の両翼も含めて、「エジミウソン以外は全員サイドアタッカー」みたいな、下手すると昔の韓国代表的に見えなくもなく(笑)。プラスするところの梅崎の機転。

いずれエンゲルスの得意のスタイルと、レッズの選手層及びこれまでの流れとの折衷型で、準備期間が少ない中で、混乱を避けつつでもなるべく活性化と新しい色をという、苦心の結果なのか半ば成り行きなのか、今イチ判断が出来ませんがとにかくそういうバランス。
梅崎のここまでの機能性、全体への目配りの良さというのは、正直僕も予想外。自分が動きながらチームも動かすという、そこにもっと分かり易い柏木という表看板もいて、なるほどあのユースチームが強かったはずだなと。

ハットトリックのエジミウソンは、オジェックがこの選手を欲しがったのはむしろ動きの質と量によるチームへの献身、つまり”ワシントン的でない”部分だったんだろうと思いますが、ともかく現状ではむしろ真ん中にいてあまり動かずに最後のところをきちんとやってくれというそういう(むしろワシントン的な)役回りで、まだあまりチームに馴染んでいない本人にはシンプルでありがたかったらしく、はっきりとメンタルの改善が見られていますね。
それで実際決めるんだから大したものと言えば大したものですが、じゃあ高原が帰って来たらどうなるのかとか、そこらへんは不透明ですがまあ今はそこまで考える余裕は。

ボランチ山田も、少なくともトップ下よりは現在のコンディションでは随分ハマりは良さそうで。


繰り返すと僕がエンゲルスor”レッズの監督”に求めていたのは、「とにかく何かやれ」「何か起こせ」ということで、それで実際何かやって何か起きて、確実に風通しは良くなっているし、個々の能力もポジティヴに表現されるようにはなっていると思います。これとて”やっ”たからと言って必ずそうなるというものではないので、少なくともそういう意味では合格というか上出来というか。ある意味もう満足。(笑)

後はクオリティ、または最終到達点という話になるわけですが、それについてはどんな監督でも保証の限りではないので、まあこれから期待して見て行きましょうという要するにそういう話で、更に言えばこうして動き出して初めて、「さあ選手ども、頑張れよ」と、そう厳しく要求するリアリティが、僕の中にも出て来ます。

・・・・まあ不安はありますけどね、(最終)クオリティには。エンゲルスのサッカーというのはいかにもチャレンジャー型で、少し狭いというかその場限りの感じはしますし、単純にケツが軽いというか穴が開きやすいというか。スタイルなのか精度なのか、多少後者の疑いもあります。
それが勝利を義務付けられたorレッズのスケールのチーム/クラブに相応しいのかという疑問はありますが、一方で元々の腰が重くて分厚いチーム体質と、上手く混ざればいいバランスかもと一応は思います。

分かんないっすね。ただこのまんまこんな感じの試合を続けて、”ソツが無い”というある意味最大の(近年の)チームカラーを失ってしまうのは嫌だというか、多分それでは戦闘力自体も大したものにならない。・・・・言い換えると選手の能力の合算自体は、そこまで決定的に(アジア含む?)他チームに対して優位ではないと、今季の戦いの中で感じているということでもあります。でもやりようによってはやはり”圧倒的な”レッズにもなり得ると、なんか凄く微妙なライン。

現に監督はエンゲルスで、出来ることしか出来ないわけですけどね。心情的にはとても応援してますし。無いものねだりなのかも知れない。
ただやはり前監督に必要以上に落とされたという感覚があるからでしょう、全くの”新チーム”に向かう心の準備は正直出来てません(笑)。大きな継続性の中の変化・刺激という範囲で、とどめたいという未練がある。(みなさんは?笑)

まあポンテのコンディションが戻らなかったりしたら、諦めるでしょうけど。そもそも今年はまだ「強く」すらなっていないわけですし、どんな意味でも。
”予想”の問題としては、ここから数試合、何はともあれ勝って行きさえすれば、前チームの余韻・威光を引きずりながら、『レッズ力』と『エンゲルス力』の融合はある程度自然に達成されるのではないかという感じはしますけどね。今代表に行っているメンバー及びトゥーリオの順次の合流を消化しつつ。勝てればね。そうでないと「作り直し」感がより鮮明に。

新潟、清水、磐田か。失礼だけど、何とかなりそうな相手ではあります。その後に鹿島というのは、チーム作りのスケジュールとしてはある意味とても分かりやすいかも。1試合1試合、何とか。


ディフェンス陣の落ち着きの無さが、コンビネーションの問題なのかメンバー落ちor変更の問題なのか、それとも”神話”的なディフェンス力が失点という結果として崩された動揺によるものなのか。全部だとは思いますけど。守れないレッズは、やっぱり困るな。
頑張れエンゲルス。・・・・という、取り留めのない締めで失礼(笑)。いやあ、分かんないっすよ。

京都のパスワークの鋭さはいつもああなのか。久さん選手交代上手いし。


スポンサーサイト

コメント

変則・・・・にしろ守りにしろ、どこまでが仕様でどこまでがたまたまorクオリティなのか、まだ判別出来てないんですけどね。(笑)
少なくとも刺激力はありそうなので、レッズという素材と合わさって、これからいいサッカーに「なる」可能性はあるかと。何とか鹿島戦に間に合わせたいです。(笑)

いいサッカーだ!

好きですね変則3-4-3。 あれを浦和のメンツでやれば強いですよ。 しっかり弱点まで久さんに突かれてね・・・。 守りはこれから修正でしょうね。 ゲームの創り方はやっていけば大丈夫。 ある意味「脅威だ」。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/280-53a15222

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。