スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水?浦和(’08) 

今イチつかみ所が無いような。

J1第4節 浦和 ○2?1● 清水(日本平)

まあ勝ってく内に分かるか。梅崎を上手く使いたいですね。


先制されつつ終始賑やかに(笑)攻撃を繰り返して、エジミウソンが軽くクオリティの違いなんかも見せちゃったりして結果勝ってるわけですから、めでたいはめでたいんでしょうけど。
それ以前にトゥーリオのほとんど決まったと思ったシュートとかオフサイドとか、まだ今季負け越しているチームには割りとキツ目のチャンス逃しもいくつかあって、そこでめげずに取り返したことには、天晴れと同時に胸を撫で下ろしたというのも正直なところで、結果にはほんと満足してますけど。

ただ”強い”のか”強くなる”のか、あるいは”圧倒的”かその気配はあるかと言われると、どうもよく分からない。


一つには失点場面の阿部の対応の軽さを筆頭に、守備の脆さ頼りなさというのが相変わらず続いていて、下手すると仕様として定着しかねない臭いを感じるということが。
”戦術”としてケツが軽くなるのなら、まあ仕方の無いことだし受け入れなくもないですけど。ただ体質としてルーズになる、出来ることやるべきことを常にきっちりやるという、ここ2,3年のレッズを支えて来た強みがあまり失われてしまうと、それはちょっと嫌かなと。
別にノスタルジーではなくて、戦闘力の展望としてね。

逆にではそのレッズの”強み”がどのように形成されていた(来た)のかということを考えてみるに、一つは「受け」中心の効率的な戦い方の中で、頭の中も効率的に整理整頓できて、余計なことはしない/やるべきことはやるという判断に、ほとんど間違いが生じなかったというのがあるでしょう。
そしてもう一つは、2代続けてそれほど厳格なオーガナイズはしない監督の元で、自分たちが考えてやるんだという自覚・習慣が身につく中で、また似たようなメンバー似たようなシステム・戦術で継続的に戦いながら、自然と洗練・研磨が進んだというそういう面と。

まとめて言うとそれほど系統だった、それこそオシムに訓練されたとかそういうものではないので、少しチームの戦い&メンバーに変化が起きた時に、改めて考えてしまうと実はよく分からないというか、すり合わせるよすがが意外と頼りないというか。そういうところはあるかなと。
そこらへんは、もし選手の自主性だけで足りなければ、やはり監督のフォローが必要になると思いますが。別に頼るということではなくて、どちらとも決められるようなことなら決める権利と責任は、当然監督にあるわけで。チーム/戦術の法的所有者というか。

普通のチームの基準なら、「いずれ慣れる」レベルのずれかも知れませんが、やはり僕は少なくとも”この”レッズには憎たらしいような強さ・ソツの無さを持っていて欲しいので・・・・と、これはやっぱりノスタルジーか。(笑)
エメ・達快速2トップの頃とかは、むしろ少し気が○ってるようなテンションのチームに見えましたしね(笑)、敵として見て。


ただまあそういう”体質”の問題は必ずしも守備だけの話ではなくて、「攻撃的」で、人数をかけて、3トップでと、それはそれでいいんですが、やはりいずれにしても効率や知性、狡さみたいなものは必要で。増して目標はクラブW杯制覇なわけですし。(そうなのか?笑)
そこらへん、梅崎が入るまでの攻撃は果敢でかつ個々のスキルの高さは十分に見せていたものの、あまり知的効率的とは言えなかったと思います。Jだから清水相手だから通じたという部分も。・・・・清水はレベルは低くないんですがテンションが低いので(笑)、オラ!と脅すと素直に引っ込んでくれるところがあるので、ヴォリュームには自信のあるレッズには去年に引き続いてある意味お客さん。いやあ、クォリティ的には微妙に負けてたよなあ、正直。覚醒が怖いわあそこは。

やはり色々いい選手はいた(いる)けど、ポンテという知性/中心の存在はかけがえが無かったわけで、それがいないならば梅崎にはいて欲しい。
先発じゃなかったのが疲労orローテーション的な意味合いならばいいんですが、基本ドリブラーだからと”スーパーサブ”的起用をメインに考えられていたりすると、ちょっともったいないかなと。そのまんまで達也が帰って来たら・・・・とか。

それとは別に梅崎が入ってからの選手の動きを見ていると、山田さんの時と比べて”2トップ+トップ下”的な色合いが急に濃くなって、永井の機能性も落ちちゃったりしていましたが。これが自然な役割分担なのか監督の認識・性格付け(つまり梅崎の)なのか。それ以前に(山田さんの時も含めて)基本システムをどう認識しているのか。
僕としては「3トップ」もしくは「2シャドウor2トップ下」的な認識のまま、コントロールもするという構えの方が、奥行きがあっていいなと思うんですけどね。

ポンテが帰って来てからの同時起用の可能性も睨みつつ。いや、この二人並んだら凄いと思いますよ。二人ともどちらかというとドリブラー体質で、よくある「パサー型司令塔2枚」ではないので、適当に役割を交代しつつ、並び立つのは割りと簡単だと思いますし。
・・・・高原頑張らないと、ほんと居場所無いよなあ。とりあえず今からでもポストプレーの練習しましょう。(笑)


とにかく「戦力」「攻撃マインドと流動性」「ソツの無さ」、3つ揃えた”圧倒的な”レッズの誕生を、期待して待っています。予感まではまだしていません。(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/283-f2c5dfa9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。