スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和?鹿島(’08) 

言ってしまえばモチベーションの差か。

J1第6節 浦和 ○2?0● 鹿島(埼玉)

さほど整然とはしていなかったけれど、とにかくプレス!をきっかけに眠っていた何かが呼び起こされていた浦和と、勝ち馴れて受け馴れて、いつも通りでしかなかった鹿島と。そして勿論、埼スタ力と。


ほらね!と言うほど効果的でも持続的でもなかったですが(笑)、対鹿島のホーム戦という自然な気合にも助けられて、立ち上がりからいつになく高いレベルでプレスの意識が統一されていて、試合の入りの問題はとりあえず解決されていましたし、中間グズグズしつつもともかく1試合を戦い切る最初の勢いやイメージは、生み出すことに成功していたと思います。
前節などは「今日もサッカーか」みたいな感じで、間欠的にしか注意力が働いていなくて、こんなんで鹿島とやったら相当ヤバイと、危惧したものでしたが。

こうしたハイプレススタイルの別の効用は、味方ながら微妙に気恥ずかしい、結果は出てるけどこんなんいつまでやるんだと思わざるを得ない、”中盤/トッブ下トゥーリオ”に、「高い位置でのプレス力」という一応の正当性が与えられるところ。フォローに奔走させられる他の選手的にも、なるべく納得しながらやりたいでしょうし。(笑)
ただそういうのが色々含めてどこまで狙いなのか、次の試合は同じようにやるのか、それとも鹿島戦でテンション上がっただけなのか、はっきり言って現状よく分かりません。

もう一つ、この日のプレススタイルを見ていて困ったもんだなと思わされたのは、プレスならプレスにかかりっきりで、その後の攻撃にまで頭が上手く回っていない、それまではダラダラしつつもそれなりにあった攻撃の深みやインスピレーションの余地が、ほとんど無くなってしまっていたこと。
はっきり言って加茂ジャパンとか思い出しちゃいましたよ、アタシは。(笑)

それだけ、レッズの戦術力のベースが落ち込んでいた、本当に個人の集合体になっていたんだなあということと。連想ついでに言えばファルカン・ジャパン的に。(?)
そしてもう一つ、プレス・スタイルもその可能性の一つとする、エンゲルスのリード力・包括力の、現時点での一定の限界が見えるような気がするというのと。

勿論今のレッズの選手一人一人の力・戦術眼は、当時の日本代表選手たちとは比べ物にならないほど本来的には余裕があるので、続けて行けば放っておいてもある程度形にはなると思いますが。


そうした現状の寒さとは別に、見てて漠然と思ったのは、どうせパサー不足なんだし、(プレスからの)ショートカウンター・スタイルに徹するのも悪くはないかなと。
それだけでは勿体無いような重量級の人材を揃えているので、ちょっと前までのリトリート・リアクションスタイルとはまた違ったえげつなさ・大人気なさでJリーグを席巻しそうで、それはそれでニタニタとサディスティックな想像が喚起出来て楽しいところではあります。勿論現在の「戦術トゥーリオ」との希望的整合性もあるというのは、上に述べた通り。

まあ結局ポンテが戻って来るまでは、そしてどの程度”戻って”来てくれるのかを見るまでは、なかなかリアリティのある完成像が描き難い感じ。エンゲルスが手なりでやっているだけでは、あんまり輪郭のはっきりしたチームにはどうもなりそうにない。
結局選手の配置と采配で、その時その時やる監督のように見えますね。良くも悪くも。だからこその「戦術トゥーリオ」のひらめきであるし、永井や梅崎の投入によるシフトチェンジの、度々の”成功”でもあるわけでしょうが。

・・・・それにしてもオジェック期も含めた序盤は永井が助けてくれて、その後梅崎が助けてくれてトゥーリオが助けてくれて、また今度は永井と、相変わらずレッズの”ローテーション・ヒーロー”システムは健在のようで。(笑)
当てになるようなならないようなエジミウソンが、それならそれで少なくとも、絶対能力分にコンスタントに一定の力を発揮し続けて、負傷者も代わる代わる帰って来て、高原だっていつかは何かやるだろうし(笑)、エスクデロだって一応いるし、何となく今年も”ローテーション”で何とかなりそうな気がしないでもないですが、さすがにちょっと飽きました
ローテーションならローテーションでいいですけど、もうちょっとベースを高く、”ヒーロー”に頼るのではなくプラスアルファとして使えるようなチームになってくれないと。


試合&鹿島について言うと、いつもの力は発揮して、見ての通り完成度の差は歴然というか、大人と子供に近いというか。
それがどうしてこういう結果になってしまったかというと、失点(こちらから言えば得点)シーン2つを見れば運が悪かった、たまたまちょっとした隙をピンポイントで衝かれたというようにも見えますが、総じて言うなら「大人」過ぎたのかなと。余裕があり過ぎた。

ここまで今季無敗&大連勝中の鹿島ですが、強さの特徴としては圧倒的にどうというよりも(スタイルの)「安定」と(戦術の)「良識」と「平常心」であって、集団的能動的に崩す技自体は持っていますが、まず”見て””受けて”、相手の「不安定」と「非常識」と「心の隙」を粛々と衝いて、労せずして/水が高きから低きに流れるように(笑)当然の対価としての勝利を手にするというそんな感じで。

ただでさえ勝ち続けているチームには慣性と受動性が生まれるものですが、鹿島の”泰然自若”ぶりというのはほとんど念仏でも唱え出しそうな俗っ気の抜けたもので(笑)、余りに心地よくて今更汚濁世に戻って必死に何かやるなんてのは沽券に関わるみたいな、極端に言えばそういう感覚がチームを捉えているのではないかと。
運動量はある、勝者のメンタリティもある、しかしそれらは全て要するに鹿島目線の、「鹿島の試合」という予定調和的なイメージの範囲で知らず知らず考えられているもので、はっきり言えば本当のペースチェンジやインスピレーションやトライというのは、なかなか出来ない体になっているのではないかと。

それくらい、クオリティは高いけれどある意味無抵抗な、ボーッと見てるとどこと戦っているのか顔が余り見えてこないような、そんな90分に僕には感じられましたが。それはむしろ、清水や磐田と比べても。・・・・井の中の鹿とは言いませんが。(笑)
勝った、というよりも、結局何もやって来なかったなという感じ。

それに対してそもそも”マイペース”が存在しないも同然のレッズの方は、拙(つたな)いながらも一つ一つ必死です。立ち上がりのプレスもそうだし、後半ポゼッションが取れていた時間帯の必死の攻めもそうですし、結局押し込められてからの守りもそう。
そして勿論、2つの得点シーンのここだ!という集中力もそう。そういう勘は、トゥーリオと永井は絶対外さないですからね。ちょっと相手が悪かった。

こうした”王者”的戦いと”挑戦者”的戦いの場合、90分だと結局王者が勝ってしまうこともなんだかんだ多いわけですが、どっこいこの”挑戦者”は腐ってもレッズで、今までの相手とはやっぱり違った。耐える自信と決める自信が。同じように立っちゃったら、クオリティ通りにボコれたかも知れませんが。去年の最終戦のように。(いや、あの時はむしろ逆か)


・・・・形而上的にはこんな感じ。
まあぶっちゃけラッキーだったとは言わざるを得ませんが。上手いことせしめた望外の勝ち点3だと。
特に鹿島のペナ角の”溜め”からの追い越し→サイド展開のパターンは、ほとんど名人芸で、分かっていても防げなくて何回かやられたと思いました。

次会う時にはどうなってるやら。お互いに。鹿島の場合は「あまりJリーグに適応し過ぎないようにね」と、来たるアジア(以降)の戦いに向けてアドバイスを送りたいですが。(笑)
レッズが勝てたのはいいかげんだったからですよね、ある意味。日本のチームにしては。


スポンサーサイト

コメント

まあ

基本的に、それで勝ててる内は変わらないですよね。レッズの”リアクション”もそうですが。
鹿島の場合は元々中規模の戦力を最高度に磨き上げたような状態で、これ以上を求めるのはなかなか難しそうですが、一方で獲って来た新要素は確実に監督が力にしてくれそうですし。健闘を祈ります。(笑)

負けました

>予定調和的なイメージの範囲
これなんですよ問題は・・・。 フランスが陥って、アーセナルが嵌りつつある(例えのレベルが違いますが(笑))。 「いつもは浮いてる不良っぽい」奴が必要なんですがね、高望みか・・・(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/286-5af6fa27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。