スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和?G大阪(’08) 

(プレースキッカー)梅崎への喝!は効いたようでしたが。(笑)

J1第13節 浦和 ●2?3○ G大阪(埼玉)

うーむ、恍惚の前節から一転して、不快&興醒めの試合に。だいたい俺が悦び過ぎるといいことねえんだよなブツブツ


まあ確かにプレースキックというのは、”蹴り慣れ”の占める比重が大きいのはホントなんですよね。
かつてあれほどワールドクラスの猛威を見せ付けていたマイスター阿部勇樹の右足も、最近たま?に蹴るとアレ?みたいな感じが専らですし(笑)。いつも蹴ってる人でも、一試合の中で調整が必要な場合が多いようですし。

とにかく油を差し直したのか気温の上昇で調子が良くなったのか知りませんが、この試合の梅崎の右足は、かなり見違えるくらいの精度と安定感と、高低・コースの使い分けも十分に見せてくれていて、はい、これなら満足です。
後者については意識付けの面も大きいので、それこそ「俺の喝が効いたのか?」とか自意識過剰なことを考えたくなりますが(笑)、実相としては多分、キックのフィット感そのものが向上したことによって、蹴り分けの余裕も出て来た、判断も良くなって来たというそういうことなのではないかと。

そもそも僕の苦言のある意味”本当の”動機も、「何でもいいけど今の思ったところに蹴れてないだろ?投げっ放しだろ?」という、雑な感じ(への不快感)が、結果としての合う合わない点になるならない以上に大きいので。
この前の「良いセックス」としての試合、その為の意識の連続感にとっても、調子っ外れのプレースキックというのは実に大敵で。決まる決まらないはある程度時の運として、ちゃんとしたキックで”終わって”欲しい。緊張感のあるプレースキック場面を迎えるまでに攻め込んだ、それまでのチームの流れを維持する為にもと、これは僕の口癖なんですけど。

ただこの日の梅崎の”反撃の狼煙”1点目の直接FK弾は・・・・なんだあれは?(笑)
いいキックではあったんですが、どちらかというとガンバの壁の作り方の拙さと、その壁横の敵味方の選手のウロチョロの綾で、よく分からない内に決まってしまったという感じ。
キックに向けての梅崎の内圧の高まるタイミングも、なんかよく分からなくて色々な意味で虚を衝かれた感じで、その混乱感は逆に、「この試合まだ分からんぞ?」(その時点で1?2)と希望を持たせてくれるものでありましたが。


と、それに限らずこの試合孤軍奮闘気味に大活躍していた梅崎だったんですが、一方でどうも未だにフィット感がありません。だからせめてプレースキッカーとして安定確立してくれと、いう部分も無くは無く。
実力は十分ですし出ればそれなりに頑張ってはいるんですけど、なかなかそれがチームを巻き込む力になれないというか、局所的なきらめきでしかないというか。”頑張って”るのかどうかすらよく分からない(笑)、トゥーリオの攻撃参加が問答無用でチームを動かすのとは対照的。チームメイトの心証も、絶対梅崎の方がいいと思うんですけどねえ。(笑)

結局梅崎が本当に”機能”していたのは、エンゲルス2戦目のナビスコ京都戦あたり、つまりチームがシャッフル途中でまだ方向が定まらない&新しい選手が動きやすい、そういうかなり特殊な状況下のみだったのではないかと、これまでのところは思うんですが。
現状は、”ハマ”ってるわけでもきっちり”使われ”ているわけでもなく、さりとて”動かし”ているわけでもない。調子が悪いわけでも梅崎の出来不出来/ハマりハマらずによって、試合内容や結果が大きく左右されるわけでもなく、どうも常に中途半端な感じがします。

本来はちゃんと「中心」になるべき選手なんだろうと思うんですけどね、それこそその京都戦のように。”ドリブラー”として使われるだけでは贅沢で、チームバランスが落ち着かない。
直接的には攻撃の組織が整わないチーム状況下で求められる、割と分かりやすい司令塔的なプレーが出来ないのが理由なのは確かなんですが、と同時になんかこう、「空気」が合わないというか「水」に乗れないというか、そういう感覚的な違和感も依然感じます。

それについては以前も、「梅崎のプレーは(レッズには)高級過ぎる」という意味のことを書きました。ポンテがやったような、ある意味の”俗化”の必要があるかもしれないと(本来は共に高みに昇りたいわけですけど)。
更に付け加えるとすれば、それ以前からの相馬同様、縦への志向が強過ぎて、チームがついて来ないとそういう面もあるかも。・・・・そういえばここんとこの相馬は、良くも悪くも「鈍」くなって、地味にフィット感増してますよね。

ただどうも最近思うのは、梅崎の個人的事情も少なからずあるかなと。つまり、彼の「KY」はある種仕様で、レッズだけじゃなく、多かれ少なかれどこででも浮き勝ちなんじゃないかなということ。
思い返せば大分でも、破格の個人能力と我の強さは光り輝いていて、オシムにも早い時期にピックアップされたし、前園小倉(だっけか?)に専門誌上の対談で絶賛されたりしていましたが、じゃあフィットしていたのかというとあんまりそういう印象も無いんですよね。今の金崎とかと比べても。シャムスカのことだから上手に使ってはいましたけど。

いかにも海外向きな感じなのに、グルノーブルでも早々に弾かれていたみたいだしと、これはまあ推測の域を出ませんが。


ではそれはなんなんだろうということですが、うーむ、分からない。・・・・いや、その、「分からない」というのが理由と言えば理由なんです。(笑)
つまり上で「内圧の高まるタイミング」が分からなかったとか書いてますが、この想像力過多の僕にしても(笑)、この人がその時何を考えてどういう気持ちでプレーしているかというのが、どうしてもリアルタイムで、ビビッドに感じることが出来ないんですよ。仮にでも。他の選手のようには。

結果的にやっているプレーを見ると、そんなに常道を外れたり周囲が合わせられないようなプレーをしているわけではないんですが、そのプレーの開始や目指すものが、どうも伝わり難くて常に少しずつ遅れ気味に/間接的にしかチームメイトに伝わらなくて、脳の自動発火が不確実だったり部分的だったりという、そういう感じで。理性と常識で補いながら合わせてはいても。
そこらへんが、トゥーリオという”サイン”や、ポンテという”メッセージ”との差というか。

多分真面目過ぎるんだと思うんですよねこの人、実は。コメントなどを見ても。”我”が強いのは確かなんですが、それは専ら自分への厳しさに向いていて、外へは向いていない。
一見いいことのようですが、逆に言えばそれは自分基準だけで動いているということであって、他人を寄せ付けないということでもある。むしろ”我がまま”を言ってくれる方が、対処のしようがあるということもある。正にトゥーリオのように。(笑)

よりサッカー的に言うならば、もっと状況の方に合わせて、努力や注意力の配分をすべきだということになりますか。楽をしてもいいわけですよ、それで(も)状況に合った効率的なプレーが出来るならば。ブラジル人とかほんと上手いですよねそこらへん。
なんていうかなあ、労働者のようにプレーしたがる芸術家で、かえって傍迷惑というか。その”労働”が「必要性」の観点からなされているのならなるほど現代サッカーの優等生なんですが、そこまで対象化されずに癖でやっている感じがするというか。

凄くいい教育者に一度つくか、戦術的レベルの高いチームである意味”自分基準”を破壊or吸収してもらうか。
吉田カナダU?20代表チームでのバランスはとても良かったですけどね。柏木という、異様に分かり易い司令塔が別にいるのも良かった。そういう意味ではポンテと一緒にプレーしてどうなるかというのは、やはり楽しみではあります。


で、試合ですが・・・・よそを見てもらうということでまたいいですか?(笑)
いや、なんか最近つくづく、普通の試合評なんて求められてないんだろうなと思えて。勘違いなら一言言ってもらいたいですけど。(笑)

まあいつもの”逆”をやられておたついてしまったという、そういう試合でしたね。追いすがってはいたし時間も結構あったんですけど、”ポタンの掛け違え”感が気力を削いで、どうも同点逆転の予感みたいなものが最後まで本気では感じられなかった。
やなもんだなというのと、だから「主導権を取る」戦いをしようなんていうのなら、半端にやってもむしろ弱くなるから怖いよな、エンゲルスじゃ無理っぽいよなというのと。

でも引きこもりレッズはそれはそれで「主導権を取」ってるんだよ、赤人さんのところのコメント欄で言われている”レッズ=M、ガンバ=S”の図式はむしろ逆だよということを、勝ってれば勝ち誇って言うつもりでしたが負けたので無し。またの機会。(笑)

別な方面で空気も乱れてますし。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/298-b41f116d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。