スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18.虚偽意識(2) 

(1)より。
[補]を付けるとか言ってましたが、ちょっとやってみたらそれほどの必要性を感じなかったので、ともかく先に進ませてしまいます。参照リンクくらい後で付けておくか。


欺瞞記憶は常に虚偽意識をもたらすか

(ジャネのケース)

私の考えでは、ピエール・ジャネほど、体系的に欺瞞記憶を研究した人はいない。
ジャネは至高の動機からそれを行った。彼の患者たちはひどく苦しんでいた。

患者たちの症状を引き起こしたのは、誤って思い出されたトラウマだった。(中略)
ジャネはこれらの女性に催眠術をかけて、こうした出来事は起こらなかったのだと信じ込ませた。(中略)どちらの場合も、ヒステリー症状は消えた


マリーとマルゲリート(↑これらの女性)は、自分で記憶を抑制したのではなく、ジャネが抑制を行った。そのため、私の定義に従えば、彼女たちは(中略)不当忘却したのである。
われわれは、これらの女性が虚偽意識に苦しんだなどと言うべきであろうか?


つまり”至高の動機”、治療や患者の現実の苦痛を和らげるための「不当」忘却であるという、倫理的な観点と、実際に「忘却」(とそれによる治癒)が成功しているという、現実的観点と。
少なくともジャネの患者たちは、虚偽意識に”苦しんで”はいないように見える。

(ゴダードのケース)

おそらく不当忘却であったと思われる、歴史上の別の例に目を転じよう。
ゴダードの治療した十九歳の女性バーニスは、四歳の交代人格、<不愉快なポリー>を持っていた。バーニスは繰り返しゴダードに、父親との近親姦の話をした。ゴダードは彼女に、恐らくは催眠術を使って、それが空想であると信じ込ませた


バーニスは、確かに欺瞞記憶を持っていた。マルゲリートやマリーとは違って、私は、彼女もまた虚偽意識を持っていたと思う。
と言うのは、一九二一年であれば、われわれも、彼女も、また彼女の属していた社会に住む人々も、彼女の人生における単なる出来事と考える程度の出来事や行動様式を、彼女が忘れていなかったからだ。近親姦は彼女の成長、彼女の家族、彼女の少女時代に関する、きわめて重大なことだった。


19世紀後半から20世紀初頭にかけて活躍したジャネとの年代的ギャップ(つまり近親姦の影響をより重要視する社会の変化)と、推測されるゴダードの治療のやり口の粗さから、バーニスの忘却は不完全であったということ。


虚偽意識はなぜいけないか

”功利主義的”観点

・バーニスには妹がいたので、父親による近親姦がもし事実であったなら、ゴダードの誘導した不当忘却によって、せっかくバーニスが発した”警告”が無にされた可能性がある。

・もしバーニスが1951年に生きていたら、仮に不当忘却が成功しても、巷に飛び交う近親姦≒性的幼児虐待にまつわる様々な情報や言説に刺激されて、バーニスは事実を思い出さないまでもなにがしか強い不安感に苛まれたであろう。

・そうでなくても不当に忘却させられた記憶/虚偽に基づいた意識は、いつ引っくり返るか分からない。(それを分かっていたジャネは、再度の催眠治療の為に自分は患者より長生きするつもりだと、冗談めかして言っている)

・基本的には「セラピー」というのは功利主義的/実用主義的なものであり、上記のような実害が無ければ虚偽意識そのものには反対する根拠をもたない。

道徳的観点

私はそれでは満足しない。われわれは、魂と自己認識について、別の見解を持っている。(中略)
それは完全に発達した人間とは何かということについて、われわれの心に深く根差した確信と感受性に由来する。それは西洋の道徳の伝統???バーニスも、ゴダードも、そして私自身も持つ道徳の伝統???の一部をなしている。


先取り的に結論だけ言うと・・・・

自己認識は、それ自体が価値をもつ美徳なのである。
人々が感傷的でない自己理解を得ることで、自らの本性を満たすようなやり方を、われわれは高く評価する。


これらの価値観が、虚偽意識はそれ自体が悪であると示唆するのである。



詳しくは次で。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/300-dfabc0d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。