スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和?磐田(’08) 

着々と、"Jリーグの強豪"の道を。

J1第23節 浦和 ○3?1● 磐田(埼玉)

2点目はでも、痺れました。


磐田は悪くなかったですよね、磐田としては。内山・磐田としてはというか。
ようやく(珍しく?)揃った前田・ジウシーニョの軸線に、代表戦に引き続いて何か吹っ切れたように好調な駒野もからんで。だいたいはいつも通りちょこまかしてるだけなんですけど、それのまとまりが良かった。村井の代役山本選手(知らん)はかなり素人っぽかったですけど、そこに渡るまでの流れは快調。

全体として前節FC東京(の前半)ほどの圧迫感は無かったと思うんですが、それでもきっちり前半は押し込まれて先制されて、でも所詮磐田だからJリーグだから、相手が決め切れない内に隙をついて個人技で追いついて引っくり返して、ついでに駄目も押して終わってみればまあどうってことはなかったなという。
相変わらず静岡勢は美味しいなと。分かり切っていて緊張させられるところがないんだよねと。

・・・・と、言いたいところですがちょっと危なかったですね(笑)。前田のポストの強さは想定外。
勿論動き回って小まめに散らすポストの上手さは若い時からお馴染みのものではあるんですけど、こんな構えて競り勝つポストの強さってありましたっけ?何か変わったのかな。だとすれば薄倖の天才児の未来にとって、喜ばしいことですけど。
とにかく予想外の"芯"が一つあったので、順調にもう一点取られていたらかなり雲行きは怪しかった。まあ2点先行されたら、怪しいのは当たり前ですけど(笑)。例えばもう一回リードされたらとかね。


試合展開はともかくとして、浦和の状態としては、決して悪くないと思います。決して、というか、こちらの希望のあり方とは無関係にというか。
まあ前回最後に言った、「選手の生きている現実」みたいな話とも重なりますが。
完調ではないとは言え、ポンテのいる安心感や喜びが与える力もそれなりに本物ですし、この日阿部が最終ラインに戻ったことによる機能の変化や低下は低下として、それもボランチトゥーリオに苦労させられた時期のそれと比べれば多分選手的には"誤差の範囲内"であって、それは試合後のコメントに溢れている明るさや自信に見られる通り。エンゲルス一人の自己評価が浮いていた時期とは、明らかに違う。

問題なのはそれでも更に、エンゲルスが独走していることで、それはつまり、ここ2試合の過度に慎重なゲームプラン、終盤の締め方のことですけど。この日のTBSチャンネルの放送席情報によると、柏戦のフランサ・マジックに勝ち点を盗まれた後、監督・選手で話し合って勝利に徹する意思を再確認したということなんですが・・・・
どうでしょうね、FC戦の守りに入り方はかなり無理やりな感じでしたし、この日などは明らかに、選手はもっと攻めたがっていたように見えます。それは上で言った、ポンテ復帰で戻りつつあるチームの機能性を、もっと味わいたいという意味も含めて。そこらへんで、せっかく安定しつつバランスが、崩れる危険はあるかなと。

より客観的に言うと、過去2年に見せていた、レッズの日本人チーム離れした鬼守備、守ろうとして守り切る力は、多分もう無いというか、戻って来ないというか。出て来るとすれば、前期のフロンタ戦のように、相手の圧力に対する自然な応答としての、自己組織化の結果としての、そういうタイプのもので。
だから独立したソフトとして使おうとする今のエンゲルスのやり方は、かなり危なっかしく見えるんですけど。

ただそれも、Jの対戦相手が、その内実の危うさを、レッズの当社比的劣化を、きちんと結果として絞り出してこそなので。なんか、やれてしまうような気もするなあ。万事エンゲルスのストーリー内で収束してしまいそうな感じも。(そして年末には、またアジアや世界での同じ甘さを噛み締める)
守備力そのものは足りなくても、全体の安定感と自信を呼び戻したレッズの、「やっぱり強い」というオーラに誤魔化されて。

まああれです、極力自分の感情を抑えて言うと、現状に「まだ見ぬ理想」や「より高い目標」と引き比べた不全感を感じない、目の前の結果に、目の前の戦いのレベルにベッタリ密着して一喜一憂出来るエンゲルスの適応性(?)は、当面の戦いにとって決してマイナスではないんですよね。
少なくとも監督は、直属の上司は本気なわけですから。選手も目の前のことに集中せざるを得ない。それで結果がついて来れば、やっぱり嬉しくないことはないわけですし。オジェックのチームが暗かったのは、なまじオジェックが(耳学問とはいえ)志があったから、それを断念して開き直り気味にチーム運営をしていたからというところがあるかと。「本当は違う・・・・」と思いながら戦うのは、しんどい。

とはいえすぐに、験しの機会は来るかもしれません。エンゲルスの"Jリーグ仕様"の可否の。ACLという。
来ないかも知れませんけど(笑)。正直、分かりません、やってみないと。その先で通用しないのは、見え見えとしても。


ああ、そっか。次の"Jの対戦相手"って、俺んとこか。こりゃ気が付かなかった。(笑)
ううむ、いかにも頼りないですけど。最近とみに玉砕型で。
実はよく似たチーム状況。内実は穴だらけだけど、ムードは両チームとも多分今季最高という。
そのムードを持続出来るのはどっちか。どっちもという可能性もあります。割りと負けても平気なチームなので今のヴェルディは。さわやかイレブン。
レッズの方は、一つの負けはその分ちゃんと響きますね。だから応援したりは別にしませんけど(笑)。まあねえ、もうエンゲルスに付き合うしかないんだよねえ。今更「薬」なんて嗅がされても、多分どうしようもないし。しょぼい枠の中ででもなるべく中身を充実させて、選手が輝くのを楽しみにするしか。

しかしポンテは凄いですねやっぱり。何が凄いって調子は今イチでも、いざグラウンドに出ると、「俺が出たからにはもう大丈夫だ」という顔に、ちゃんとなっていること。ここは、俺の、場所だ。
トゥーリオともども、ここらへんはブラジル人にはなかなか敵わないなという部分。
細貝も実は結構ブラジル人的だなと思うところがあって(笑)、どのチームでも微妙に浮いてるんだけど、構わず自分のプレーを、自分のやりたいプレーをやり切る。大して上手くもないのに。
将来像はよく分かりませんが。そうは言っても日本人(扱い)なので、この先の監督・チームとの出会いが大切かなと。それによって、最終的なポジションが。

その二人の、自分のところで責任を持とうとする大きなプレーが二つ繋がった(平川の)勝ち越しゴールは、素晴らしかったです。
レッズっぽくもあるし、(解説の)金田さん好みでもある。(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/311-4b3b3db7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。