スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和?大分(’08) 

なんか分かんない試合だな。

J1第24節 浦和 △0?0△大分(埼玉)

頑張ってるような頑張ってないような。好試合のような駄試合のような。


年のせいか横着になって(笑)、点の入らない試合の方が、むしろゆっくり楽しめて好きなんですけど。
だからこのJ1屈指のリアクションの雄(?)の二強が、期待通りのエンパテ試合を演じてくれて、もっと満足しても良さそうなもんなんですけど。(笑)
なんかなあ。

そうは言ってもホームであるし、メンバー的にも一応は浦和が仕掛けて大分が受けるという格好にはなるわけですが、なんかこう、それでぶつかってるような、でも全然ぶつかってないような。
ぶつかってなくはないんですけどね、でも今季の浦和の出来では、とても攻め切るぞ、大分の堅陣を破るぞという気概は持ち切れないわけで。特に本音の部分では(笑)。義理で攻めてるような、そんな雰囲気がそこはかとなく。どうせ駄目だろうけどとりあえずはねと。

現象的に言っても、ブラジルドイスボランチを筆頭とする大分の中央の堅さは分かり切っているわけで、ポンテも早々にあきらめて主に右に流れてゲームメイク。作戦・工夫ではあるわけですけど、だからと言って徹底的にサイドを突くわけでも右で作って大胆に左に展開とかそういうイメージがあるわけでもなくて、やっぱりこう、「逃げた」というニュアンスはいかんともし難く。
頼みのポンテがそういうプレーをすれば(批判してるんじゃないですよ?)、元々大してマインドの高くないレッズの攻撃陣では、それ以上の迫力が出て来るわけもなく。

それは最後までそうで、後半大分の攻勢にある意味得意のカウンターの形になることが増えても、どうにも人数が足りないというか、人数をかけるスピードと勢いが足りないというか。
戦略としてという以上に、「今日はこれでいいか」みたいなムードが隠しようもなく伝わって来ました。


一方の大分はどうかと言うと、ナビスコの疲労も考慮して前半抑え目に、後半一気に集中してというゲームプランはほぼ完璧に遂行。
ただこれはある意味最近の自信のおかげ(せい)でもあるんでしょうが、攻勢時にそれほど必死の、(一応)格上チームを慌てさせる格下独特の集中力も感じられなくて、こちらはこちらでまあこんなところでいいかみたいなそんな戦い。今や欲しいものよりも守りたいものの方が大きいというか。
むしろ”抑えめ”の前半の時の、時折見せるカウンターの、本当に最小限にかけるリスクの、ちょっとだけやる無理の、その見事な過不足の無さというか様式美的ですらある効率の良さの方に、「よく訓練されたチームだな」という印象を強く受けました。 

ただやっぱり迫力不足というところはあって、その一つの原因で、今後も問題になるかもなと思うのが、攻撃のキーマン金崎ムウくんの、現状での線の細さ。
いい選手なのは間違いないんですけどね、ただ今のところ”センス”と”要領”だけみたいなところもあって、ちょっと楽(らく)し過ぎというか、諦めが良過ぎというか、もうちょっと頑張るところで頑張ってくれないと、攻撃の選択肢の少ない守備型のチームの中心選手としては辛いだろうと。
この試合で言えば、これはポンテもやってることなので言いづらいんですが(笑)、中央を空けてしまうことが余りに多かった。で、それでサイドに行ったとして、えぐるプレーがあるわけでも、詰まったところからポンテほどの正味のパス能力があるわけでもないので、結局攻撃のリード役としての機能を何も果たせなくなってしまう。

基本的にはむしろ中央付近、選択肢の多いところで、素早く要領良く、意外性のある選択をするという形で効く選手なわけで、逆にその前にその位置にいられる為のひと頑張りは必要となるわけで。180cmと体格自体は恵まれてる方なわけですから、いきなり多くは求められないとはしても、あんまり楽することばかり覚えては欲しくないですね。
それ以外にももっと細かいところで、接触を避けるような、シュートなりドリブルなり、勝負を仕掛けるようなプレーを結果として回避するような、そういう選択が多かったように思います。逆に読み易くなってましたし。全然怖くなかった。

まあムウくんの今後は今後として(笑)、大分的には今後はだから、その金崎の軟体性を補うものとしての、森島の頑張りの比重が高くなるかもしれないですね。かつてのスーパーゴリラウェズレイもお年ですし。
この日も結構いいプレーをしていたと思います。意外とスキルもあるのかなという印象でしたが。森島が頑張ることによって、金崎も真ん中にいやすくなるわけですし。左にクロッサー鈴木慎吾がいて、右にシューター高橋大輔がいてと、なんかこつこつといかにも上手く行きそうな組み合わせを作ってますよねシャムスカは。ウェズレイにもうちょっとおつりがあれば、本当に怖いんですけどねこのチームは。


あとポンテの交代ですけどね。
ううむ。バテてはいたんで、ありだとは思うんですが、メッセージ的にどうかなという。リードしていたわけでもなく、実際のところそんなに大分が怖かったわけでもない中で、こんな聞き分けよく撤退してしまって、なんかこう、今年は頑張らなくていいのね、勝たなくていいのね、ずっとこんな感じで誤魔化し続けるのねという、どうも気勢が殺がれる感じの交代でした。
やっぱりね、「ポンテが帰って来たら本気になる」というのが、誰が言ったわけでもないですが、今年の浦和の最後の一線と言うか、言い訳というか(笑)、意地というか、そういうものだったと思うんですよ。で、兄貴ポンテも、そういう期待を真っ向から引き受ける気でいるはずなわけでね。

だからイーブンなら頑張るわけですよ。望みの結果が出るまで粘るわけですよ、多少苦しくても。そういう構え。
それであんなに怒ったんだと思うんですけどね。

完全に引き分け狙いとか、ACLに集中とか、そういう意図があって伝わっているのならいいんですけどね。
あるいはそれ以前にエンゲルスに信頼感があって、リーダーだと、ありていに言えばポンテより偉いと、皆が納得できるのなら。
まあ、駄目だとは言いませんよ。理屈としては。結果は変わらなかった可能性が高いと思いますし。
ただなんか、去年のオジェックvsワシントンとはまた違った形での、禍根の種という悪い予感は無くもない。無能な上に弱腰かよと。黙って俺に任せろと、そうポンテは思っているというか、そういう本音が今後あからさまになって来はしまいかと。

ポンテに「任せる」わけにも行かないんですけどね、実際には。監督は監督ですし。
ただ怒りの、不満の意味を、ちゃんと受け止めて今後の糧として欲しいなと。優等生的にまとめてみたりして。(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/314-4f08af1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。