スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイ、永井 

永井雄一郎、清水エスパルスに完全移籍(09.1.7)(浦和公式)

永井雄一郎が、清水エスパルスに完全移籍することとなりましたので、お知らせいたします。

永井 雄一郎 (ながい ゆういちろう)
1979年2月14日(29歳) FW 184cm/75kg
東京都出身
三菱養和SS-三菱養和SC-浦和レッズ-カールスルーエSC(ドイツ地域リーグ南部:期限付き移籍)-浦和レッズ


ええ、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

で、今年初めて書く気になったのがこのニュースかという。(笑)
へええ、ヴァレンタイン生まれなのかあ。
いや、そうじゃなくて(笑)。ほんとに決まっちゃったんですね。


清水に移籍の永井“ヒール役”宣言(日刊)

清水に移籍する浦和FW永井がクラブハウスを荷物整理に訪れ、「埼玉スタジアムに戻ってきたら、すごくイヤな選手になりたい」と12年間在籍した古巣に対し“ヒール役”を演じる覚悟をみせた。
チームメートやサポーターには感謝の言葉も口にしたが、「出るチャンスのないチームにいても仕方ない。思い切りサッカーがしたい」とサバサバした表情。新天地の清水には「パサーが豊富。どんどんパスが出てくる」と期待した。


晴れて”ヒール”・・・・じゃない、”エース”として活躍する永井を見たい、見れたら素晴らしい、かえって嬉しいという、そういう気持ち自体は大いにありますけどね。
浦和→ユース代表→カールスルーエ→浦和と、常に華やかなスタイルながらもある意味影の存在、はっきり言えば実は責任の無い位置で、何となくやって来た”無冠の帝王”でしたが。

何となく、かつてのヴェルディの石塚と印象がダブるところもあります。長身で柔軟、定期的に見せるぶっち切りの才能のきらめきという意味でも勿論。

ただ・・・・清水はねえ。特に長谷川監督はねえ。
”大物”や”助っ人”や、”上手い”FWの居心地居着きが、非常に悪い印象があるんですよね。
どうしても地味なチームの「一点」豪華で、いずれ離れて行く選手みたいな仮初め感が。お金が無いというのも、あるんでしょうけど。
いずれにしても、そういう選手が常にバッチリ「中心」に居座るヴェルディとは、対照的なチーム体質。(笑)

岡崎の隣に永井が定着するの?気持ちワルッ。(笑)
”高級な西澤”みたいな扱いに、ならないといいんですけど。
”控えめなフェルナンジーニョ”とか。”ポストの出来ないチョ・ジェジン”とか。(笑)

清水側の問題としては、逆にもう一人、柔らかい選手がスターティングにいた方が、併せ技でまとまりはつき易くなるかと思います。
枝村はいい選手ですが、ちょっと直線的。山本真希あたりの存在感が増すのを、期待するか。
ただどうも、他ならぬ長谷川監督が、回り回って結局タイト一本のチームを作りたがりそうで。
ブレイク前の西野さんあたりと、良くも悪くも印象が重なるんですがこの人。いや、既に十分にいい監督ですけどね。


浦和が大物補強凍結、チーム熟成を優先(日刊)

浦和が、大物補強を一時「凍結」する。
8日、信藤健仁チーム・ダイレクター(TD)が欧州から帰国。今オフの戦力補強について「日本のトップレベルの選手を集めてもいいチームになるとは限らない。大物を取るよりも、グループワークが大事」とリストアップしていた補強プランを白紙に戻し、現有戦力の強化を最優先する方針を明かした。


まあ何とも言えないですね。
間違ってはいないし、どうせ新監督、それも日本では初めて仕事する人なわけだから、動き出してから見定めた方がいいとは思いますから、それはそれでいいんでしょうけど。
ただむしろ、「新戦力」が欲しいというよりも、現有戦力のバランスの悪さという問題が気になるのでね。
高原とエジミウソンは今年も2人ともいるのかとか。(笑)
啓太と細貝と阿部、ACLもないのに代表目指す級のボランチが3人もいるのかとか。
あとやっぱり、明らかにサイドバックだけは足りない、4バックやる場合の。堤と三都主すら、計算が立たない状態なわけで。
同じ予算の枠内でも、色々と整理したいところが。つまり”熟成”する、対象そのものの吟味をという。


昨年11月から2カ月限定でエンゲルス前監督の補佐役を担ったオーストリアU?19ヘッドコーチのモラス雅輝氏を、同国協会の了承を得てトップチームのコーチとして契約することも決定した。


ああ、そういう素姓の人だったんですか。
既にして信藤プロジェクトの布石が。昨季の時点で。


今年もよろしく。
自分的小目標としては、
・オフ中に多重人格関係を完結させる。
・それが終わったら金庸を再開する。
ことも、掲げるというかメモるというか、公言しておきます。(笑)


スポンサーサイト

コメント

あけおめ

”トップ下と2トップで作る三角形のどこか”というのが、永井の幅広い能力と自由な動きを活かす上ではとりあえずいいと思うので、清水のオーソドックスさは悪くないとは思います。
まあ去年の終盤は結構、ボックス色も強かったですけどね。

とにかくもう一人、”自由な”選手がいた方がいいと思います。エジミウソンとのコンビなども、瞬間的には凄く良かったですし。
それか本当に攻撃を構築できる、一流の監督か。

意外と”男気”が育成されてるので、助っ人的にマイナーチームを末永く渡り歩く後半生なども、イメージ出来なくはないんですが。(笑)

あけましておめでとうございます!
永井好きですが(ここ数年レプリカは永井の9番ていう程度で)、永井が活躍できるなら移籍もありかなと満足していたりします。清水いんじゃないですかね?監督の起用はわかりませんが、チームカラー的に自分のイメージにぴったりです(^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/324-155c0267

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。