スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島?浦和(’09) 

スケール感はあったと思いますけどね。”本格”感というか。

J1第1節 浦和 ●0?2○ 鹿島(カシマ)

その分鹿島と噛み合って、絶妙に力を引き出してしまったところも。(笑)


ありていに言えば遮二無二前がかりになって、でもその割りに実効性が薄くてドタバタみたいな場面は多かったんですが、それはそれとして、”サッカー”をやってるなあという感じは凄くありました。
攻撃的だから?アクションだから?人もボールも動くから?・・・・うーん、そうじゃないわけでもないんですが、でも同じことを日本人監督や二流以下の外国人監督がやったとして、それでこの程度の達成度なら、もっと遙かに”ドタバタ”して、かつみすぼらしい感じに見えたと思うんですよ。例えば結局岡田監督だって、勝ったとか負けたとか、将来性とか、色々みんな言うけど、要するに嫌いなんでしょ?貧乏臭いから嫌なんでしょ?(笑)生理的に。我らが「代表」チームには、もっとパリッとしていて欲しいわけでしょ?

分かるよ。それは分かる。なるべく言わずに、僕は我慢してるけど。(笑)

フィンケに関しては、実績が少し古いのと、”直球派”ギドの猛反発の先入観もあって、ちょっと自足的なタイプの”ポゼッション”なんじゃないかオシムよりオフトの方に近いんじゃないのかと僕は予想していたわけなんですが、それよりは結構、オシム寄りだったかなと。前のめりというか。オシムとオフトの間、の、オシム寄り、て、なんかどうでもいいような位置付けの話ですけど。(笑)
心配していた”スピード感”はそれなりにあって、でも未完成ながらそれは決して無理に上げるタイプのスピードではなくて、リスクはかけつつ品も失わない、さすがは高級舶来品だわ、雇った甲斐はあるようだと、何言ってるかよく分からなくてすいません(笑)。”何”が違うのかというのは、正直僕には言語化出来ないんですよね。理論的には同じようなことをやって、どうしてこうも日本人監督と(一定レベル以上の)外国人監督と、サッカーの質感や広がり感が違うのか。でも違う。2分で分かる。(笑)

逆に「分からない」というとこがミソかも知れなくて、同国人ということもあるのかも知れないけど、日本人監督だとかなり出来のいい類でも、すぐ底が割れるというか要するに今見てる(or推理してる)ものが”全て”だろうと、簡単に考察が終わってしまうことが多い。
ガイジンさんの場合は、具体的にどうしてるのかよく分からないんだけどなんだかここんとこ上手く行ってるなあ、やってるなあと、常に”謎”や”奥”が残る。だから「勝つ」とは限らないんだけど、サッカーを見る”経験”としては、そっちの方が楽しい。分かろうと日々努力はしてるんだけど、さりとてあんまり”分かって”しまうのは興醒めする。

まあいいや。


とにかく、なるべくそれでも具体的に(?)言ってみると、少なくとも今後しばらくの”レッズのサッカー”として、嫌いじゃないタイプのリズム感だなと、勝ち負け別にして我慢して見るようなことにはならなそうだなと、ひと安心したということです。
いいよ、任せるよ。当分。好きにやって。

ニュートラルには僕は実はもっと端的に速い、ピンポイントでエグり込むようなサッカーが好きなんですけど、ことレッズに関しては、何度も言うように原体験が ’06年なので、あんまりせせこましいのや必死なのは(笑)好ましくない。速くてもいいけど、厚みや重量感も失わないで欲しい。”行く”時は鉄砲水とかじゃなくて、津波であって欲しい。ゴーーーッ。
言い換えると速さ激しさありきではなくて、ゆったり分厚いものを、「速く」やるという感じ。じゃないと正直、”レッズ”を見る喜びは余り感じない。そこらへんは所詮は兼業野郎、生意気に選り好みする(笑)。本家の方なら、存在して頑張ってれば、要するに何でもいいんですけど。

だから例の”オシムへのオファー”も、そもそも実現性は低いとは言え、引き受けてくれなくて良かったみたいなところがあります。千葉みたいにされちゃたまらん。ごめんねオシム?(笑)、千葉は千葉でいいんだよ?、でも浦和でやられると困る。
いいよフィンケで。しばらくよろしく。


とは言えフィンケに与えられた条件の方は、なかなかに厳しいものがあるなと、一試合だけでも。
予想はされたことですが、そんなに大きな変化をもたらすのは、容易でないメンバー構成。
例えばサイドバックが細貝と平川に収まったのも、妥当とは言え苦笑いという部分も。余程の未知の戦力でも台頭しない限り、まあこうなっちゃうんでしょうけどね。去年エンゲルスが細貝を右サイドバックで使った時は、”いつもの奇策”とかなり馬鹿にする向きが多かったですが、でもそれ以前からの僕のシミュレーションでも、フル稼働の計算出来る(&それなりの楽しみもある)右サイドバック候補なんて、結局細貝しかいなかったんですよね。平川も左ならなかなかのいぶし銀だけど、右ではリード力不足だし。”こなせ”りゃいいってもんじゃない。
細貝が”いい”とまでは思わないし、ボランチでの攻撃のスイッチャーとしての能力は正直勿体無いですけど。消去法だとこうなる。

この日のペアは勿論ですが、その細貝が仮に入ったとしてもボランチの展開力不足は変わらないし、ただでさえ人材不足の2列目は、加えて監督代わってポンテのコンディション・戦術適性に疑問が増しているし。梅崎、梅崎ーー?
FWはあんまりよく分からないですね、達也は達也でいいとして、高原に求められるのはどういう能力なのか。オールラウンド/タスク優位なのか、それとも案外点取りのスペシャリティなのか。最低限の”運動”は当然としても。
坪井のとこも、結局坪井しかいないみたいですしね。

まあ例年に比べてここまでのある意味極端な”不動”のオフは、事情も分からない状態で無駄に動きたくないという、フィンケの方の考えや美意識や、段取り上の都合が強く反映しているのだろうと思うので、全てはこれからだと思いますけど。例えばまた古い話ですが、ファルカンの後に加茂が就任した時に、わざわざオフトのメンバーに一回戻して、そこからある意味非常に人工的でガラス張りのプロセスを踏んでシャッフル&入れ替えをして行きましたよね。そんなようなニュアンスの、”不動”なんじゃないかなあと。
欲しがりません、分かるまでは(語呂悪)。本気でやるなら、”3年かけて総とっかえ”みたいな感じになりそうですけどね。

それはそれでいいとして、出来れば中継ぎ的に、従来メンバーを中心とした「小ピーク」みたいなものも、作ってくれないかなと思ってるんですが贅沢でしょうか(笑)。そういうタイプの(ギド的な?)手腕も見せて欲しいというのと、あとこの日見た限り少なくともリズム的には、それほど人を選ばないというか、従来メンバーでもこなせなくはない、そういうものに見えたので。
それこそ(千葉の)オシムのだと、”チルドレン”にならないと難しいでしょうけどね。

やっぱねえ、一度勝ち癖手放すと、なかなか大変ですからね。というのと、「フィンケ」はフィンケでいいとして、”僕の”浦和の謎の強さの伝統も、出来ればもう一つの味としてちゃんと引き継いで欲しいなというのと。(笑)


まあいずれにしても雲を掴むような話です。とりあえずもう少し見てみないと、何が「フィンケ」なのかすら、まともには。
原口もいいですけど、多分ほんとは山田直輝あたりがバリバリ出るようになって、初めて本格的にチームが変わり出すのかなという気はします。年齢・能力はともかくとして、ちょっとレッズの場合従来の主力クラスとそうした若手連中との、”文化”的繋がりが薄過ぎる感じがするのが困りものですね。これはJの他のチームと比べても、かなり特異なレベルのギャップのように感じるんですが。
・・・・つまりだから尚更使い難い、入れ替え/組み合わせ難いということですけど。
言いたかないけどここらへんは、やっぱり完成品を買い集めてチームを作って来た報いですかね。逆によく、ここまで見所のある若手が下で育ったものだなという。

実際のところフィンケが「育成」(”若手”というよりチームの)と「結果」を、どう考えているのか、比重もそうですけどその前に目標として分けているのか、まだあんまりよく分かりません。
例えばこの日の”お馴染み”メインのメンバーは、手堅く行ったのかチーム作りの本道を進む中でも、結果としてそうなったのか。割りと後者な感じも、しないではないんですけど。であるならば、お望みの「小ピーク」も、そんなに虫のいい目標ではなくなるはずなわけですけど、さてどうか。

とにかく始まり始まり。


しかし冒頭に戻って鹿島、特に2点目のカウンターのクオリティは、単純に痺れました。
展開のタイミングがいちいちピンポイント過ぎ。一瞬、去年やったバイエルンの幻が見えました(笑)。やるならやるって、言っておいてよ。急にあんなの出されても、対応出来ないって。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/327-dfb13a11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。