スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐田?浦和(’09) 

あんまり書くことが、ないかも。

J1第3節 浦和 △1?1△ 磐田(エコパ)

普通の試合に、なってしまいました。


前回の「パスサッカー考」を引き継いで言いますと。
・フィンケの”パスサッカー”と、ガンバ・甲府・広島あたりを現在の代表例とする、日本人が無意識に考える”パスサッカー”との違いは、一言で言えば『ビルドアップ』段階での凝り方というか、繊細さというか、注意の集中の仕方というか。
・明らかにそれ自体として、”愛でて”ますからね(笑)。単なる「段階」ではなく。だから”核”(↑)にも、なりやすい。勿論”目的化”、という、色合いも付きまとう。
・まず「回し」て、その後どうすべえかと、単純に言えばそういう感じ。
・それに対してフィンケや、広義にはオシムもそうでしょうが、そういう人たちのものは、それより遥かに最初から視点が遠くにあって、言ってみればいきなり「決めに」行っている、最終段階を見ているor過程を一直線的に見ている。
・その「決め」の手段としてパスがあるのであり、純然たる準備として、「回し」ているような状態もある。
・ベンゲルは、どうだったかな。日本時代。あんまりよく覚えていません。
・ピクシーはそこそこ”回し”好きのように見えますけどね。ただし超シンプル。

・とにかく焦点は”決め”に当たってるので、だから見方によっては今まで調子のいい時にやっていた「集中攻撃」の類と、ある意味見た目はそんなに変わらないところがある。(前回参照)
・と同時に、「決め」切らない、決め状態が発動しないと、何も無い、何も起きないように、見えるところがある。
・ガンバなら、どんなに出来が悪くても、そんなことにはならない。必ず「何か」はある。ただ失敗するだけ。(笑)
・どちらがいいというのではなくて、意識・感覚のありようの話ですけど。
・あるいはオシムが去った後に、千葉に「パスサッカー」の”伝統”や”香り”が残ったりするかというと、そんなことは特に無い。
・あのレベルで”成功”して初めて、(パス的に)目に見えて何かがあるものなので。

・ここらへん、同系のはずのオシムとペトロヴィッチは、明らかに違う感覚でサッカーをやっている、チームを作っているように見えますし、別にブラジル人でも日本人でも無くても、オフトのように徹底的に”ビルドアップ”狂みたいな人もいるし、なかなか括りでは言いずらい。
・まあ一応、フィンケ/オシムの方が新しい(流行の)スタイルで、オフトの重心の低さがオールドスタイルだということは、言えることは言えるんでしょうけど。
・ただ磐田でも浦和でも、”残る”ものはオフトは作ってくれましたよね。その上に別のものを加えて、両者はそれぞれに面白い花を咲かせた。
・それはともかく。


・....”それはともかく”と繋いだ場合、通常はその後に更に言いたいことが残っているわけですが、実は特に無いです。(笑)
・だから考えよう。
・ふむ。そうですねえ。だからフィンケのチーム作りは、あえて言えば進行具合が余り分かり易いタイプではないのかなと。
・「成功」するか、「失敗」するか、見た目が両極端と言うか。
・ある意味”過程”の無い、サッカーだから。
・どうなのかなあと思っている内に、気が付いたら完成してるかも。
・何だろう、相手やる気が無いのかなあ、ああそうか!こっちが強くて付け入る隙が無いんだ!みたいな。(笑)
・勿論監督の中には(過程が)あるでしょうし、分析すれば純機能的には色々区別もあるでしょうけど。見た目の問題として。

・より具体的に言うと、”崩せないけど回せる”みたいな中間点状態は無くて、崩しが成功するかどうかが常に目安であり、テーマであり、その結果を見て進行具合を考えるしかない。純論理的にというか。
・それでも出来上がった暁には、感覚レベルでも全体像や質感が、それなりに把握できるようにはなっているでしょうけどね。
・どんなチームも、最終的には具体的なものであるし、個別的なものである。
・ただ問題は、よほど上手く行っている(行った)時以外、割りと今までのチームとの差別化が、し難いところは出て来るかなと。
・なまじある程度誤魔化しの利く個力もあるだけに、気が付くと普通にサッカーやってるだけだという。

・やっぱり本当は、誰か分かり易く「変化」を象徴する存在が、ピッチにいてくれるといいわけですけど。
・凄い低次元の比較でも(笑)、オジェックには(復調した)『田中達也』がいたし、エンゲルスにも『エジミウソン』や『梅崎』がいた。
・フィンケは実に男らしく(?)、全く変わり映えしないメンバーで、純粋に自分の「理論」力のみでやってますけど。(笑)
・なんだかんだきついとは思いますよ。
・原口は今いちそこらへん分かり難いし、その原口欠場の穴を埋める為のこの日の高原in達也下がり目の布陣の、”お茶濁し”感というか”今更”感は、正直ちょっと鬱でした。そうじゃありませんか?(笑)
・どこの貧乏チームなんだレッズはという。人いねえ。もしくは厚いとこだけ無駄に厚い。....”ボランチ”あたりの話ですけど。(笑)
・エスクデロ酷かったしねえ。梅崎は言うまでもない状態だし。
・全て山田直輝待ち、というのは、さすがに悠長というか、無策というか。
・まあ監督がどう考えてるのか、特には伝わって来ませんが。好きにやれればそれでいい人なのか。


とりあえず高原は移籍すべきですよね。本人の為に。
レッズでやれることはもうないですよ。精神的に貯金使い果たしてるんじゃないでしょうか。誰の意思でもない、”飼い殺し”状態。
逆に駄目なのを、一方的にレッズのせいにされても困るし。
どこか本当に必要としてくれる(J)チームに移籍すれば、次の日からでも数倍マシな働きが出来そうな気がしますが。(もしくは本当に”駄目”だということが判明するか)

ナビスコか。何だかすぐ試合だ。しかも広島戦
こりゃあ、書くことありそうだぞお?(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/330-5f1ece72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。