スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詠春拳? 

詠春 The Legend of WING CHUN DVD-BOXI詠春 The Legend of WING CHUN DVD-BOXI
(2008/09/03)
ニコラス・ツェーユン・ピョウ

商品詳細を見る

詠春 The Legend of WING CHUN DVD-BOX II詠春 The Legend of WING CHUN DVD-BOX II
(2008/11/05)
ニコラス・ツェーユン・ピョウ

商品詳細を見る

スカパーch.362ホームドラマチャンネルで始まった、’07年製作の香港製カンフードラマ『詠春』(公式)
ユン・ピョウ、サモ・ハンといったビッグ・ネームも出てるし、製作も新しいんだけど華流を見慣れない僕にはよく分からない(笑)。まとめて冗談に見えるんだけど、力作なのかな。
せっかく(加入してる)”ドラマ・セット”で見られるので、見てみますけどね。
タレコミ情報とかあったら、お願いします。(笑)

「詠春拳」という現在も隆盛する実在の拳法の、中興の祖とその息子たちの葛藤の話らしい。
ブルース・リーがジークンドーの元にしたとして有名らしくて、多分”近距離からシンプルに拳を叩きつける”、あのブルース拳法の合理性・直截性の部分に関わっていると思われます。

いやあ、しかし”詠春拳”のWikiが詳しくて笑った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%A0%E6%98%A5%E6%8B%B3
どういう読者を想定してるのか、よく分からない。(笑)
知らない人には全体が何のこっちゃという感じでしょうし、知ってる人はWikiなんて見ないで実践してそうだし。(笑)

まあ、知った方が楽しいのは、確かですけどね。


初回は”璧卦掌”の使い手と対決してましたが、見ててなるほどなと思ったのは、「掌」(法)というとてっきり掌または”掌底”を叩き付けるか、もしくはカメハメ波でも出すかというイメージしか無いんですが(笑)、要するに「拳」つまり拳を握った状態でなく戦うということなので、その中にはいわゆる”チョップ”みたいな状態も普通に含まれるわけですね。石の塔をスパッと手刀で切断みたいな、ハデな場面も。

こんな感じで”勉強”になればいいなとか。(笑)
楽しいねえ、武術は。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/334-f3645779

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。