スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水?浦和(’09) 

いいゲーム、いいレッスン。

J1第8節 浦和 △2?2△ 清水(エコパ)

でも清水とは、日本平でやらないと、気分が出ない(笑)。磐田は別に、どっちでも。


狙いなのか、ハマったのか、今のところ特に聞かないので後者なのかなと思いますが、清水の守り方は”浦和対策”として、とても効率が良かったと思います。
簡単に言えば、丁寧だけど準備運動という以上の意味の余り無い(笑)、浦和の初期段階の(ショートパスによる)ビルドアップは放っておいて、そこからより攻撃的な縦パスや広角の展開(まとめてロング)を繰り出そうとするその瞬間にプレスをかけて、コツンコツンと、言わば出バナを挫くようにかっさらう。そして勿論そこからカウンターを繰り出す。
最初からギリギリ封殺しようとして消耗した千葉とも、浦和の攻撃に調子に乗らせる余裕を与えて結局防ぎ切れなかった跳ね返せなかった京都とは違ってというか、その中間というか。

やってることは要は「低い位置のプレス」であるし、その内実は日頃からやっているプレス動作を、”好調”浦和を警戒してある意味たまたま引き気味に構えて、それが上手くミックスされたというそういうことなんだろうと思いますが。つまり別段”ザ・浦和対策”というほどのものでもないんじゃないかとも思うんですが、それにしてもそれが見事にハマって、前半はほぼ完全に抑え込まれましたね。
今季は苦しんでいるようですが清水という同じ監督の元で長く訓練されたチームだからこそ、あそこまで的確にやれたという感じはしますが、しかし少なくとも鹿島ならこのやり方は完璧にこなすでしょうから、次当たっても結局開幕戦と同じような形でカウンターに沈んで返り討ちに会うのかなと、不吉なイメージがどうしてもよぎりましたが。(笑)

とにかく、一つの”教科書”を、他チームに示されてしまったのは、確かだと思います。
次どこだっけ?新潟か!それはいかにもまたヤバそうだな。ここもかなりの精度でそれをやれそうな、むしろ得意そうなチームではあります。ううむ。(笑)


改めて言うと、普通のサッカーでも「攻撃的な縦パスを入れさせない」とか「クサビを潰す」みたいな守り方は当たり前に行われているわけですが、フィンケ・サッカーの文脈に特化した言い方をした場合、要は”ショートショートロング”と言った時に含意されているのは、”ショート”だけでは詰まる/狙われるので、それを交わす/打開する為に”ロング”というそういうことなわけで。
その「対処」策であるはずの”ロング”の方を狙われた時は、じゃあどうするのかという。

それについては正にこれから示されるのかも知れませんが、今までの話の範囲で考えられることとしては、一つにはそもそもの”ショート”と”ロング”の関係をイメージする為に使った”ドリブル”と”パス”という比喩(”キープ”と”リリース”というか)を思い出してもらいたいんですが。基本はドリブルでゴールへ、寄せられてヤバそうならハタくという、例のアレ。
そこから単純に考えた場合は、”ロング”の方を狙われているということは”ショート”の方は狙われていないということなので、つまり”ドリブル”に寄って来ないのならハタかずにそのまま行ってしまえばいいと、そういう論理が一つ出て来るだろうと思われます。話を元に戻す、と言うか。

で、実はこの前のプロサッカーニュースの清水秀彦解説で、”浦和の欠点”として言われていたもう一つのこととして、「ショートで崩し切れない」(崩し切る形が無い)というのがあって、ちょっとその時は虚を衝かれたというか、そうだったかな、結構頑張ってたけどな、いいプレーあったけどなと今いち納得し切れないでいたんですが。
でも多分それは基準というか、要求水準の違いということで、特にあの年代の人にとっては(笑)「ショートパスで崩す」と言うからには、極端に言えばヴ○ルディくらいゴリゴリにやってくれないと認められないよ、そんなちょっと綺麗に回してお茶濁されてもねと、そういうところがあるのかなと。すぐロングに逃げるなというか。(笑)

これだけだとなんかサッカー観の相違みたいな感じですけど、実際に例えばこの日の1点目、同点ゴールの、阿部が中央を真っ直ぐに駆け上がったことで生まれた”補助線”を使った、結構強引で電光石火な、「ショートパスの交換による中央突破」(風のそれ)なんかを見ると、ああ、確かにまだやっていないことがあった、やり切れていないことがあったのかなと、そういうことは感じました。
若干偶然ではありますし、カウンターの形以外でいきなりあれをやるのは、現状ためらいがあるだろうとは思いますが。文化に無えというか、常識が邪魔をするというか。(笑)

フィンケがどう考えているのかはここまでのコメントではよく分かりませんが、確かに基本であるはずの「ショートパス(だけ)による崩し」そのものを、一度見つめ直すというか改めて定義し直してみる必要は、あるかも知れません。要するに、どうするのよ?という。仮に邪魔されなかったら。ヴ○ルディなら割りと簡単ですけどね。(笑)


と、やや先走ってしまった感はありますが、冗談でなく”ショート”の部分が少し機械的というのはあるんですよね。
それは京都戦あたりから言っていた、(最初の)”密集”の作り方ということも含めて。
・・・・ちなみにこの”密集”という言葉は、どっちか忘れましたが(マガジンかな)某専門誌の浦和プチ特集でもキーワードとして使われていたので、もうオフィシャルということでOKかなと。(笑)
話戻してつまりですね、それ自体は技術的確実性と”鉄”の意志で、案に反して現状特にリスキーではないですが、フィンケ・レッズが低めの位置で最初に密集を作る手際やタイミングはもう良くも悪くも安定してしまっているので、それで逆に”ロング”のタイミングや行き先も読まれる、そこを清水に引っ掛けられ続けたと、そういうことでもあるわけで。

単純に”ロング”の優先度を上げるか、”ショート”と”ロング”の組み合わせのヴァリエーションを充実させるか、そして勿論、”ショート”自体の根性を(笑)、もう一度入れ直すか。どうすんでしょうね。
いずれにしても最初に敵の注意を引くゾーン(攻撃の始点というか)が、もう少し高い方がいいんじゃないかなあとは思います。ある意味余裕を持って待ってましたからね、清水は。真面目なのは結構ですが、運動量の有効投入ということも、やはり考えたいですし。高い位置のみに集中してあとスッカスカの岡田ジャパンみたいなのも、どうかと思いますけど。
多少コマいかなあと。フィールド全体についてのイメージが、無いかなあと。まあそういうサッカーではあるんですが。


1失点目のトゥーリオの対応の軽さを見てると、やっぱり疲れはあるのかなという感じはしますね。
リスキーなことはやっても、軽いことというのはやりそうでやらないですからあの人は。本人それを知っていて(一種の逃げのプレーをやってしまったことを分かっていて)、なんか”照れ”たような変な表情をしていたのは、それはちょっとかわいかったですけど。(笑)
”サボり”ならいつものトゥーリオ(個人)の話ですみそうですが、ああいう見た目は前向きなでも隠れた疲れみたいなのは、多分全体のことなんだろうと推測できます。チームに”一体感”があるだけにね。みんな、(痩せ)我慢している状態。

フィンケがターンオーバー的なことにどこまで積極的なのかはまだよく分かりませんが、現状でも例えば三都主を中盤で使ってみるくらいの変化は、付けてみてもいいんじゃないかと思いますが。今後の人材起用のヴァリエーションという意味でも。
しかしフィンケ下でむしろ劣化するエスクデロというのは、どういうことなんでしょう。ついてけなくてふてくされてるんでしょうか。これまでも決して賢い選手ではなかったですけど、そんなに軽い選手ではない、ある意味男気のある選手だったように記憶しているんですが。使われてはいるんだから、頑張って欲しいですね。

”敵”としての永井を見るのは、やっぱり少し辛いです。故障もあったようですが、やっぱり、レギュラー扱いではないようですし。
ヨンセン?永井なんて組み合わせは、それ自体としては魅力的だと思うんですけど、全然健太監督の色じゃないしなあ。
合わないって。帰って来なよ。高原と交換しようよ。静岡が恋しいだろう?高原も。(笑)
堀之内&セルの”必勝パターン”も破れたので、次あたりまた新しい(形の)選手起用も、見られますかね。

ではまたすぐ。(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/338-e4237e36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。