スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜FM?浦和(’09) 

”完成形”が邪魔をした?

J1第14節 浦和 ●0?2○ 横浜Fマリノス(日産)

ような気がしますけど、よく分かりません。


フィンケもたまげた(笑)総崩れ、以下一つの想定として、上の”仮説”に基づいて言ってみますが。
どこまで本気なのかは自分でも。イマイチ。

一つのキーワードとしては、まず前回お祭りムードの陰でこっそり言っていた(笑)「陳腐化」というのが、遠因としてあり得るかなと。
故障者&代表選手抜きで、かつそれまでの一番の不適応選手高原を否応なしに巻き込みながら、必ずしも”トップモード”ではない状態で一つ一つ、どちらかというと目の前の現実を優先しながら結果を出して行ったナビスコの戦い。
そのラストに出現した、フィンケのもう一つの顔らしい、きれいな4?4?2と分かり易い役割分担による、(リスクを抑えた)サイド攻撃メインの、ある意味”穏健”な枠組み。
それと偏執的でフリーキーな、渦巻いて暴れ回るねずみ花火のようなショートパスサッカーという「核」、それらの兼ね合いの中でその時々において”フィンケサッカー”というものはあるんでしょうが、この試合ではナビスコ的戦いの中で進行していた「核」の緩みと、高原の組み込みと一石二鳥的に変に落ち着いてしまった上記「枠組み」(の陳腐性)、それにやけに華々しかった大宮戦の結果によってもたらされた「自信」が、どちらかというと過信に作用して、非常に怠惰で潜在的なモラルの低さに結びついた、悪しき要素の”コンビネーション”を形成してしまっていた。

要するに、”完成者”然と楽して悠々とプレーするイメージがどことなくチームを支配していたということですね。最初だけ気分だけ”フィンケサッカー”でも、例えばそれはこの日初めて見た人には、そもそも何をやろうとしているのか、特に差別化出来ないような水準に落ちていたかも知れない。
上手くはなっている。こなれてはいる。蓄積だって無くはないし、自信があるのも悪いことではない。でも今は、まだ”がむしゃらさ”や(形を決めない)”オープンさ”の方を優先すべき、いい意味で駄目もとでやるべきそういう段階、その程度の実力、なのかも知れない。

それについては、僕の考え通りなら、はっきり言ってフィンケ自身の責任もあると思います。
「形」にはめに行ったのはフィンケですし、代表選手の復帰を受けて、余りにも”無風”感の大きいスタメンをこの日組んでしまったのもフィンケですから。特に色々な人が言ってますが、やはり”細貝左SB”には、一定の理解はしつつも、あーあ感を感じるのを止めるのは僕も難しかったです。無理やり時計が戻されたような。・・・・だから”完成形”とは言っても、実際にはその重要なピースである「ピチピチしたサイド」(笑)は、右の山田暢共々、予め欠けていたわけですが。残されたのは中央の、停滞に近い安定感だけ。

とにかく、ちょっと楽しようとしたら歯止めが利かなくなっちゃった、先手必勝の戦術なのに後手に回ってどうしようもなくなってしまった、しまいには言うだけ野暮の”前がかりの守備の脆さ”も、今更剥き出しになってしまったと、そんな感じでしょうか。


その「形」については、大宮戦に引き続いて、やはりサイドに縛られない山田直輝の”縦横無尽”な動きが、どうも依然として浮き気味上滑り気味で。それはプラン的に、近々のチーム仕様的に少し過剰なのと、周りのテンションそのものが、追い付いて来てないというのと。
疲れ気味で調子自体が微妙にピーク落ちしているのは、駄目押し要素でしかないと思います。絶好調なら、個別のコンビネーションや反応性や正確性で、ともかく結果を出して全体の崩れの糊塗の役に立ったかもしれませんが、それは今、望むべきことではない。
そこまでガツガツ勝負がかりのシーズンではないし(目標ACL圏内?)、何よりまず、スタイルそのものを、作っている段階ですし、言うまでも無く。

いずれするだろう海外雄飛先で、いつも”本来の”プレーばかりさせてもらえるわけはないですから、いずれはある程度枠を限定したプレーでもさほど威力を落とさないことを直輝も覚えるべきではあるでしょうが、今他ならぬフィンケレッズで、直(ちょく)にそのことが問題になるとは思えませんね。直輝が浮かなければいけないようなチーム状態をこそ、嘆くべきで。(チームの)”調子”の問題と、”仕様”の問題と、両方において。
例えば中央がもっと盤石なら、存在感・力を示せれば、直輝の「スタイル」もそれに合わせて、自然に最適化されるだろうとそういうこともありますし。


本題に戻して、ではどうすべきなのかということですが。「何」が問題なのか。
コンビネーションと動き不足で、パスワークのクオリティが低かったという、事実までは見て分かるとして、それを以前のレベルにまで戻して、それでどうするのか。個人的な思考としては、それで最後までゴールまで攻め切る先鋭性(少なくとも目標としての)と、それを支えるある種の”パターン”性というのが中断前の関心事だったはずですが。その一例として、”ヴェルディ的なゴリゴリの中央突破”なんてものも何となく挙げつつ。
ナビスコ大宮戦で”見た”「完成形」としては、その方向は全く取らずに、むしろサイド特化、左右分担的な方向性で、それで山田直輝も得意の神出鬼没をやや縛られて、それで上の話に繋がるという、そういう流れ。

もう一つそれ以前の問題としては、4?4?2のオリジナルポジションを比較的重視する雰囲気の中で、それでゲームマネジメント的に安定した部分はあったとしても、そもそもの(ポジションにこだわらずに)『密集』を作る集中した動きと、それによるビルドアップと攻撃の始点の明確性みたいなものが、マリノス戦ではやや曖昧化していた。それで”帰るところ”を失ったというところは、あったはず。
・・・・正直に言うと、”作り方を忘れている”ように見える部分すら、ありました。少し緩めたら、全部ほどけちゃったというか。
他チームと比較しても今年のレッズの特徴は、むしろその”最初”の部分の開き直り方で(笑)、フィニッシュに至る部分はそれほど意図して独創的ということはなく、最初の動きからの要するに延長と、後はやっぱり山田直輝の個人的機知に面目を依存するところが大きかったわけで。

まとめると即興的集中的なショートパスサッカーの原理原則と、その安定的な運用との兼ね合いをどうするのかというのと、フィニッシュへのルートをどう思い描くのかというのと。・・・・その”思い描く”内容としては、「中央」と「サイド」の他に、「特には決めない」というのまでが、含まれているはずだと思いますが。
で、僕の観察では、フィンケはここのところ割りと急激に「安定」と「サイド」への志向を強めていて、それがこの試合では、他の条件と合わせて悪い方に影響が出てしまったと、そういうことなんですが。


正直、強く言うには余りにも材料不足なんですけどね。
この1試合だけについてなら、悪いことが重なって色々一気に崩れた、と、一応それだけでいいような気もしますし。
ただ次以降も繰り返すようなら、あるいはフィンケの修正の出方によっては、やっぱりそうだったかということには、なるかも知れない。(あるいはまた全然違う理由か)

まあフィンケの意図も分かるは分かるんですけどね。それは安定云々そのものというより、”ストライカー”も活躍し易いようなチーム構成という、そういう意味で。その為のオーソドックスさ、分かり易さを、少しチームに入れようとした。
勿論別に高原を寵愛するゆえではなく(笑)、あくまでチームの戦闘力を、将来的に最大化する為ということでしょうが。
ただ何というか、単に不調というよりも、今季最初のイマイチ”上手く行かなかった”時期、エジミウソンの1トップと山田直輝の大爆発でチームが本格的に回転し始める前の、その時期その理由を、思い出して再確認するような、そういうところはどうしてもありましたけど。しかもその時とは違って驕ってもいる(笑)ので、尚更悪くてこんなひどい試合になってしまったと。


ふう。マリノスの変ユニをいじって遊ぶ暇も無くなってしまった。
いや、実は結構気に入ってたりもするんですけど。(笑)
横縞もありだなあ。
ただ白地が目立ち過ぎるので、あんまり(マリノスの)”ホーム”感はありませんでしたけどね。要デザイン再検討。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/346-1fd9f7ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。