スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和?神戸(’09) 

とりあえず、一番上手くいきやすい形に。

J1第15節 浦和 ○2?0● 神戸(駒場)

フィンケって、”優しい”監督なんだよなあとか。


エジの1トップで直輝その下真ん中で、細貝をミッドフィールドに戻して。
代表ウィークまでの一番上手くいっていた形と、その間のナビスコの一番のプラス点を合成した、これで駄目だったらどうしようみたいな形でしたが、大丈夫でした。(笑)

最悪だった前節マリノス戦からの修正として、ナビスコでずっと続けていたエジ・タカ2トップをさっと引っ込めたのは、
1.エジ1トップ直輝トップ下の4?5?1を、(上手くいく)”形”として認識していること。
2.エジ・タカ2トップ4?4?2は、それに対するオルタナティヴとして、はっきり意識された別手法だったこと。
の双方を、同時に表しているように感じますが。ある意味非常に、”敏感”な反応(笑)。折衷的模索抜きの。

だからこそ、つまり1で上手くいくことを理解している上での2だからこそ、フィンケの本命は2なのではないかというここんとこの主張を、再び繰り返しておきます。
直輝は今んとこ、アウトサイドっぽい位置づけでは活きないのかなあという、そういうことも含めて。
代表から帰って来てからの3戦全体について言えば、ちょっとチームを背負う責任感が、顔に出過ぎているのが見てて辛いかなあというところも。原口が”必死”なのは、仕様ですけど。(笑)
どのみち自分を駆り立ててグイグイ行く選手には違いないんですけど、その中に何か、涼しく風が吹いているようなところが、ついこの前まではあった気がするので。体も体なので、あんまり何でも正面から引き受けちゃってる感じは、やっぱり怖いんですけど。とりあえずはポンテ待ちですが。

どうなんですかね。最終的に”かき回し”と”作り”と、どっちのイメージの強い選手になるのか。それなりの年齢になった時に。
例えばオランダ代表やアヤックス(のような専用的チーム)以外のチームで、クライフはどういう感じでプレーしていたんだろうとか。ちらっとしか見たことがないので、具体的なイメージが分からないんですが。


とにかくフィンケは基本的には割りとスタティック(静的)というか分かり易く整然としたチームを作ろうとしているところはあって、隙あらばそういう狙いは出して来るんですが、隙なくば(笑)それはあっさり引っ込めて、当面の便宜を優先して躊躇無い。
理論家・理想家ではあっても、その運用においてさほど”革命”的ではないし、そもそもの”理想”の内容も意外に穏健なところがある。ゴールまでの形がそれほどはっきりしていないのも、要は「ゴールはFWが決めるもの」という性格が、暗黙の内に強く残っているからではないかなと。作って渡せば、一応終わり。

マリノス戦で、傍から見れば(代表組の)「名前」優先でメンバーを決めたと思われても仕方のないメンバー編成をしたのも、その”穏健”さの一つの表れ。それに対するフィンケのコメントが何やら面白くて、

前回の試合では代表選手が戻ってきて、少なくとも紙の上ではそれなりの選手が揃って、強いチームに思われたかもしれないが、残念ながらあの試合ではそれまでの試合に比べてとても悪いパフォーマンスを見せてしまった。これはとても大きな驚きだった。


この分析のなかで選手たちが何年間このクラブに所属しているとか、過去にどのような名声を得ることができた、何度褒め称えられたということは一切関係ないことだと思っている。


という形で、この日のメンバー変更を説明している。具体的には一部ナビスコ仕様に戻した。

言っていること自体はもっともなんですが、それこのタイミングであなたが”説教”することなのか?という、むしろどちらかというと今回はされる方なんじゃないの?という、微妙なズレは感じます。
ただこれはフィンケが厚顔なわけでも政治的なわけでもなくて(笑)、素で言ってるんだと思うんですよね。つまりそれだけ、少し手が遅めというか、まず無難な方から入ってそこから徐々に変えて行くタイプ・・・・だということを、本人は自覚していないでしょうけど。十分に過激で、革命家だと、そういう自己認識かもしれない。無難/過激の前提や基準が違うというか。

例えばチームや選手の評価なども、時々拍子抜けするほど高評価や”満足”が優先して、ならばそれは物凄く上手く行っているということなのかなと、あるいは防御用激励用のコメントなのかなと最初は思ったんですが、単にそこそこでそれなりにニコニコする人のようで。(笑)
とりあえず一緒にニコニコしといて一向に構わないとは思いますが、あんまり真に受け過ぎるのは現状を見誤るもとになりかねないだろうと、この人の場合。

オシムが褒めた場合は、それは文字通りに凄いことなわけですけどね。表も裏も、未来にまで一回行ってからの、折り返しの結論なので。その段階で、否定的な要素も全て検討済みの。
フィンケのは割りと見たまんま。そういう意味では普通の人。オシムほど”予言者”タイプではない。
まあストレートに学者的というか。調査しました分析しました、その結果がこれですという。オシムは独学独想の野人。

どっちが強いかは、知りません。(笑)
”語録”に読み応えがあるのは、オシムでしょうけど。”結果”以上の”結論”があるというか。


しかしセンター細貝がここまで欠かせないものになって来ると、さすがに左サイドバックが事実上永田一人というのは、かなり寒いことになって来たのは、確かですね。
「金が無いんだ」というフィンケの訴えは、どう受け止めたらいいのか。人がいいから騙されてるんじゃないのか。(笑)
それで思い出しましたが、”高原の頭の切り替え”(の難しさ)についてのコメントは、なかなか胸に染みるものがありますね。
ここまで考えてるのかというのと、あとそこまで記事読んでるのかというのと。(笑)
新聞かな、ネットかな。年代的には新聞ぽいですけど、ネットの方が翻訳は簡単そうだし。(笑)

それはともかく、正にその”頭の切り替え”が不可能に近く難しそうだからこそ、僕自身もさっさと移籍すべきと何度も言っていたわけですが、そこまで含めて監督が見守っていた、我慢していたというなら、それはもう、文句をつける余地は無くなりますね。お見それしました。
しかしポンテ戻って来たらどうすんだろうなあ。4?5?1でポンテ高原両翼では、さすがにサイドの守備が。また4?4?2なのか。高原外すのか。


ちょっと鹿島が遠くなってしまったので、どのみちしばらくは黙々とやる感じになるかも知れませんが。
次に燃えるのはナビスコか、とりあえず。パンパシは出たくないけど(笑)、一つは取りに行かないとね、やっぱり。いかにクラブとしての勝利のメンタリティは盤石でも、”このチーム”としての成功体験も、それはそれで必要だし。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/347-f2beb209

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。