スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビ準々決勝清水?浦和、浦和?清水(’09) 

対清水2連戦2連敗。

ナビスコ杯準々決勝第2戦 浦和 ●0?3○ 清水(日本平)
J1第20節 浦和 ●0?1○ 清水(埼玉)

愚直な浦和と”試合巧者”の清水。去年までと真逆ですね。


少し空くので、まとめ的に書いてみますと。

最大の問題は・・・・つまらないことかなと。
いや、マジで。煽ってるわけでも叩いてるわけでもなくて。
勿論いち観戦者として、実際に退屈で少々往生してるというのも事実ですが(笑)、それだけではなくて勝てなく/点が取れなくなっている理由の根幹そのものに、”つまらな”さ、”退屈”さが、巣食っているのではないかというそういうこと。

つまらないんですよねえ、ほんとに。それは、具体的な比較としては、(プロ1年生の)栃木や富山と比べてもという、そういう次元で。別にリーガやらプレミアやらとか、そういうことではなくて。
簡単に言うと、単調だということですが。意外性、意表を突かれる瞬間が無いという。栃木や富山と比べても。だから見透かされる。

もう少し細かく言うと、敵の注意や意識を、「切る/切れる」瞬間が無いんですよ。最初から最後まで、全部見られている。
フィンケ・レッズの”単調さ”については、「崩しのアイデア」や「チャレンジ」が無いということがよく言われるわけですが、それについてはあんまり僕は同意しません。むしろよくやってる方だと思います。エジ・タカ・ゲンキは(多少のずれはありますが)ここしばらく揃って好調でしたし、それも含めて前の方の/最後の方の工夫やクオリティは、悪くないと思います。そこで頑張って、でもこの結果だという、そういう認識。それをもっと頑張れというのは、ちょっと無理やりかなと。

では何かと言うと、問題はその前ですね。「回せてるけど崩しが・・・・」的な言い方の、その「回し」の部分。
・・・・どう言おうかな。
そうですね、例えばなぜカウンターや速攻だと、点が入り易いかと言えば、攻撃の始まりの部分に対して注意の空白がある、意識が追い付いていない、あるいは守備側の反応の統一性の整備が遅れるからなわけですよね。そこに更にひと工夫ひと技術加えれば、割と簡単に、ゴールは破れる。もちろん単純に、人数の問題もありますけど。

逆に”ポゼッション””アクション”での得点の難易度が高いのは、敵が待ち構えている/注意しているところに仕掛けるからですね。その為により工夫が要る。
つまり、カウンターや速攻時には、「状況」が作ってくれていた”空白”を、自力で作らなくてはいけない。それが出来れば、後は基本的に同じはずです。

で、その為に問題になるのが「回し」、または初期段階の作り、における工夫や変化なわけです。
Jリーグで代表的なのは、例えばビクシー名古屋の左右に大きく素早くボールを動かす動きや、鹿島のリズムの変化や集中力(とそこから来る初動の隠れた速さ)、それに勿論、好調時のガンバの全てのパスに込められた細かい緩急や角度の工夫みたいなもの。
いずれも分かっていても、意識を切られる、ボールの行方を見失う瞬間を、守備側にもたらすわけです。

つまり今のレッズに欠けてるのはそれで、その後に来る末端の工夫や技術は悪くないと、僕は思ってるわけです。そこだけにそれ以上を求めるのは、みんながみんな、待ち構えていても防げないクリロナ級のドリブルをしろマラドーナ級のパスを出せ的な力ずくの話で、「方法」の話とは言えないと思います。
勿論、常により以上を求めて行くこと自体は間違ってはいませんが、「問題」意識のバランスという点でね。

要はその”前”の段階で幻惑出来ていないから、後が苦しくなる。頑張ってもなかなか追い付かないという、そういうこと。


でですね、実はある時期まで、フィンケ・レッズにも”幻惑”に足る「回し」、初期段階の作りの工夫に相当するものは、あったと思うんですね。
つまり、例の”密集”やら”接近”やら言う言葉で語っていた、あれですが。あの独特な人とボールの動き、そこにまず注意を引きつけて、それへの対応に力を使わせ、あるいは一転して大きな展開をするという形で、ある時期までの今季のレッズは、攻撃を進めていた。戦績そのものは出来過ぎというかビギナーズラックみたいなところも確かにあったとは思いますが、実際に内容は充実していたし、その方向での”発展”の道も見えていたと思います。

例えばもし”今の”レッズを前提に、ここまで述べた自分の認識に基づいてテコ入れを考えるとしたら、それこそ名波みたいな、低めの位置ではっきりした変化をつける、独自のゲームヴィジョンを持った副司令塔的な選手を補強したいとそう考えると思いますが、本来はそんなものは必要としていなかったんですよね。
”チーム”としての立派な作りの動き/工夫がまずあって、その上にポンテの技術があり、更に山田直輝の超絶ムーブがあった。実際に強かった、面白かったんですよあのチームは。面白い分、強かったというか。捉え難い、意表を突く部分・瞬間が、随所にあった。単純なクオリティや成功不成功以前に。構造として。

それが・・・・5月の代表休み兼ナビスコの期間あたりで、メンバー落ちの中やむを得ず誤魔化しサッカーをやって、しかもそれで何となく結果も出てしまったことから、見失われた。メンバーが戻って来ても、それは忘れられたままになった。
それが”成熟”である可能性もずっと考えては来ましたが、やはりただの堕落だと。陳腐化だと。スタイルの曖昧化だと、結論付けてしまいたい、今はそういう気持ちです。こんな何となくボールを繋いでゴール前になって急に必死になるようなサッカーは、やっぱり駄目だと。”パスサッカー”舐めんなよと。最初から最後まで、全部しれーっと見通されてるじゃないか。騙してナンボの、パスサッカー。

少なくとも目指していたものとは思えないし、”成熟”するにしてもそれはもっと先の話だったろうと。
つまり、非常に聞き苦しい主張かも知れませんが(笑)、今行き詰っているのは僕が好感を持ったあのチームとは、似て非なる別のチームだということ。
”この”チームを救うなら、名波ですかね、やっぱり。(笑)


だからね、”発展途上”と言われても、素直に受け止められないんですよ。
つまり”発展”という言い方には、現状あるものに”加えて”何かを更にという含みがあるわけですけど、むしろここに来るまでに、取りこぼしてしまったものがあるだろうと。早い段階でのボタンのかけ違えがあるだろうと、それが今日の議論から出て来る視点。付け足す前に、むしろ一回戻れと、そっちが言いたい感じ。

ちなみに混乱を避ける為に断わっておくと、最近まで僕が言っていた”発展”否定論は、「もう基本的に完成して、これ以上の奥は無いんじゃないのか」という、そっちの視点。
どのみちどうも、リキ入れてこのチームの行く末を見守る熱意が失われているのは、同じですが。

運動量が足りない、暑いというのも、よく言われるわけですが、どうなのかなという。
むしろ「運動」の向ける先が曖昧化しているので、それで動けなくなっている部分が大きいのではないか。故障前からの山田直輝の上滑りとか、象徴的ですけど。今でも重要な選手ではあるんですが、前向きに「活かす」と言うよりもとにかく動き回って、何とかしてくれみたいな、そういう位置づけになってしまっている。ヴィジョンの欠陥を動きで補うって、どこの岡田ジャパンだよという。

実際駄目な試合は、バテてるというより動きが無くて最初から駄目というケースの方が、主に見えますが。
勿論動かないよりは動いた方が、事態は良くなるでしょうし、だから暑さも日程も当然関係はあるわけですけど、それはちょっと無理やりな論点というか、そこまで動かないと機能しないというなら、それは要するにトータルでは実行不能なサッカーということに、なってしまうんではないかなと。

うーん、だからですね、運動量の問題は、チーム状態の悪さの「原因」であるよりも、「結果」である面の方が大きいのではないかなと、そういうことです。


もうこんなに書いちゃったか、まだ書きたいことはあるんですが、横着して2試合セットなんて習慣つけたのが悪いんだな。(笑)
いやなかなかね、1試合1試合について書きたいことが、余り無くてね。
こういう(まとめ的な)形なら、あるんですが。
代わりばんこに好不調があるだけで、結局同じなんだもん。勝っても負けてもという、意味も含めて。

今回の岡崎は、良かったと思います。
特に走りながら強いシュートを打つ、体の強さが。
これが”試合評”。(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/351-7d61dcd1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。