スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和?山形(’09) 

”頑張り”ましたね、とりあえず。

J1第25節 浦和 ○4?1● 山形(埼玉)

ツキも残っているようだし。もしくは帰って来た。(笑)


前節神戸戦は、録画ミスで見損ないました。というわけで、ややお久しぶり。
その間あった代表のオランダ遠征で、”運動量”、または”極大の運動量を必要とする(ショート)パスサッカー”が非常に厳しい審判に曝されて(笑)、何となく肩身が狭い感じで迎えたこの中断明けの初戦。

・・・・いや、肩身が狭いというのはほぼ冗談ですけど、実際ますます懐疑的な視線が、自分(たち)自身強くなるというのは、あるような気がします。
ほんとのところ使えるのか使えないのか、何かおかしいところがあったら見逃さないぞ、誤魔化されないぞと、若干身構えて、少なくとも僕は試合に入りました。

結果は・・・・。
”合格”とは言えないけど、一息ついた、とりあえずまだチームに巻き返す力が残っていることは、確認出来たような気がします。
これから涼しくなれば、少なくとも戦うことは、出来るようだなと。
中断前書いていたことと照らし合わせれば、とりあえず体力があるだけで、物理的に運動量を戻すだけで、Jで勝ち負けには、持ち込めそうだなと。

何か「近い将来のクラブW杯優勝」からすると、随分目標が下がってしまったようですが(笑)、もっと抜け殻やら空回りやら、酷い事態も想定していたので。あるいは「何一つ変わってない」、か。オジェックやエンゲルスの(インターバル明け)時のように。
効率がいいとも鮮やかとも言えなくても、ともかくも運動量増分の、戦闘力のアップはちゃんと見えた。
・・・・”フィンケサッカー”としてなのかどうかは、今いちよく分からないんですけどね。原口を筆頭とする、個々人が奮闘していた感が強くて。
まあでも嫌そうではなかったから、別に。(笑)

見ようによっては、物凄く大雑把な解釈でフィンケサッカーを呑み込みつつあると、そんな風にも見えますが。
一気呵成に攻め立てる際の、人の集散の基本イメージ程度の。
あるいはさんざん「回してるだけ」と言われた、ビルドアップ段階のパス回しそのものだって。まあ無いよりはましと。「位置についてー」の、ポーズを教わったと思えば。(笑)

だいたいフィンケが妙に気に入っているエスクデロが、特に”フィンケサッカー”をやろうとしているようには、終始一貫見えないんですよね。
まだポンテの方が、自分が動ける状態でさえあれば、自分自身の染みついたスタイルとの”中”を取るような形ではあっても、気は遣ってる気が。


なんか実際にそういうもののような気も、しないではないんですけど。
「ハンドボール練習」とか(の”喩え”)で、ほんとに基本のメカニズムだけ与えて、後は勝手にor常識でやってくれと。
そういう緩いものだから、しつこいようですが(笑)フライブルクで10何年も、飽きずにやれた。
基本原理をケースバイケースで(主にシステム毎に)運用するという監督は、当たり前にいますけど、もっと、ラフなんじゃないか。「内容」そのものを、いる選手の資質に、拠っているんじゃないか。逆に走れるか/走れないかという以上の細かい選手の選別(基準)も、あるようでないんじゃないか。

涼しくなって(or若返って)走れれば、勝てれば、それで十分、フィンケは満足なのではないか。
そんな感じも、少しして来ました。
僕の得意な言い方をすると、やはり”ドイツ人”というか。前3代の”場当たり”監督たちと、違うようで違わないところも、多いんじゃないか。

・・・・注意すべきはここでの「場当たり」というのは、あくまで日本人の感覚で言った場合ということですね。
彼らが別に、いつも不誠実に仕事をしているわけではない。サッカーに対する、感覚の違い。
そんなピンポイントのゴール目指して、ギチギチにやるもんではないよと。あえて言えば。
そんなことしなくても、出来るはずというか。日本人にはそれは、何か肝心なことを言われていない、中心が抜けてる感じで、凄く不安なんですけどね。

実際にはそこには、「常識」、ないしは「サッカー」が入るんでしょうね、その場合。
戦術はサッカー、またはそこにいる選手。
気が付くとエンゲルスの時と、同じようなことを言ってますが。(笑)

例えば”戦術”の貧困を攻撃されることの多い昨今の岡田監督ですが、結果的に内容が空虚だということと、ラフまたは頓着してないことは違うので。
岡田監督は頓着しているからこそ、ちょっと行き詰るとすぐ目先を変えに来る。(笑)
それはつまり、「やばい、無い!」と思うからで。あるべきところに、あるべきほどのものが。

フィンケはただ、もっと上手くやれと言うだけ。
もしくは、もっといい選手連れて来い。(笑)


以上が、本日の仮説。極論すると、フィンケには実は”スタイル”は無い?!
これが当たっているならば、余り当初予想/期待されたような、繊細で美しい完成像は望めないでしょうが、一方で意外としぶといというか潰しが利く可能性もあって、ある意味リアリズムレッズ的ではある。

検証に必要なのは多分、今オフ(以降)のフィンケが望む人事を見てみることで、そこである程度以上、明確だったり細かい選り好みをするならば、それを使って実現すべき、ピンポイントの理想もあるということで。別に大物じゃなくても、へええ、そういう選手を欲しがるんだあ的な。
何も無かったり、あるいは単なるスペック主義的な希望しか見せなかったら・・・・。

まあ金は無いらしいですけど、ならば逆に、ポンテとトゥーリオまとめて売ってしまえば、否が応でもチームは変わらざるを得なくなって、フィンケのポリシーも見えやすくはなるでしょうね。(笑)


インターバルによる水入りも何のその、原口は何か凄まじいというか、誰にも止められない成長期というか。
予感通り、非常にスケールの大きな”ウィング”に、なりつつあるようで。
山田直輝なんかはもう基本完成しているわけでしょうから、それとはまた違う魅力が。日に日に。
かなりの確度で、近い将来ヨーロッパのいいクラスで活躍の場を得るのが、目に見えるような気がします。
2014年が楽しみですが、多分間に合わせようとすれば間に合いますよ、2010年も。

まああのチームに入っても、しょうがないでしょうが。
その前に2人を中心としたレッズの完成を見たいとは思いますが、どうかな。
それよりも2人が買われるのが、ずっと早そう。
いつになったら完成するという、当てが。
それはフィンケがどうというよりも、既存戦力の能力と適性と健康が、非常に中途半端なので。
狙うならむしろ来年(つまり合わせて頑張って金も使う)で、それ逃がすと・・・・という感じですが、なんだかそういう雰囲気ではないですね。
切れない、というのと、切れないから獲れないというのと。

ここらへんの閉塞感とチーム構成のいびつさは結構深刻で、だからフィンケについてもなるべく純粋な”研究”と、原理的な疑問・批判以外は、したくないとは思ってるんですが。


最後は変な話になっちゃいましたね。
ちなみに僕が好きにやっていいなら、去年までの主力で残るのは、3人くらいです。
後は外国人メインに、フレッシュな即戦力(変な日本語(笑))に取っ換える。
複数年の選手がちゃんと売れるのかが、問題ですけど。

このままじゃ新移籍制度の”草刈り”にも、確実に一年は出遅れそう。


経営の話考え出すと、暗くなりますねどうしても。(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/354-74225ef1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。