スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京?浦和(’09) 

なんでこう、なるの↑(欽ちゃん風)

J1第31節 浦和 ○1?0● FC東京(味の素)

FC東京サポの気持ち。・・・・かも知れない。


終わってみれば、結果として残ったのは、いつもの"浦和とFC東京の試合"という感想でした。
FC東京の「頑張り」も「クオリティ」も、それなり(にいつも通り)のものは見せているようには思うんですが、どうもそれが自己完結気味というか、鼻先で演じられているショーという感じで、浦和を本格的に巻き込む大きな波に、成長しない。
もう少し辛抱してくれれば、焦らないで待っていれば、腰の重い浦和も"参加"しそうなそういう気配は無くは無いんですが・・・・

去年の特に2回目の対戦時も、城福FCに好感を持っていた僕は、エンゲルス下の緩み切った浦和に鉄槌を下して欲しい的な気持ちも少なからずあったわけですが、てんで駄目だった。(笑)
ただあの時はFCの状態も下降気味というか停滞気味というか、はっきりしない感じだったのでさもあらんという部分もあったんですが、今回はね。疲れはあっても充実しているでしょうし、立ち上がりも落ち着いた感じだっただけに。
なんでこう、なるの?という。(笑)

言いたかないけど、「相性」かなあという。「合い口」というか。
"悪い"というより"合わない"んですよ。
そういう場合、より繊細な方、真面目な方(笑)が、独り相撲の頑張りで損をする、そういう傾向はあると思います。
鈍感力な浦和は(笑)、ポイントだけ頑張って後はだいたいで、それがかえって強い。(強く見える)
それなりに勝利の実績が加わって来れば、同じ本質でもまたマッチアップは変わって来ると思うんですけどね。先輩が偉く見える段階の若手は、仮に自分が正しくても上手くそれが指摘出来ない、主張し切れないみたいな、そういう。いったん立場が対等に近づけば・・・・。でもまだ駄目みたい。(笑)

でもほんと、手が合う合わないというのは、あると思います。
例えば大宮の浦和"対策"なんてのは、割りとよくハマるというか、それ以前に非常にビビッドに浦和に影響を与えるというか、可視化されるというか。トータルの"格"はかなり下の状態でもね。つまりはちゃんと「組める」んですよね、ともかくも。
"FC東京"というチーム自体も、多少特殊というか独特の自走的な性格のようなものが、あるような気がしますし。これはヴェルディでの方の、対戦経験からも。根っから真面目というか、わき目もふらず、相手の顔色も窺わず(笑)に一直線に努力するというか。それで一人でああ駄目だった、よし勝ったと、やってる感じ。それをこちらは少し引いて、眺める。別に馬鹿にしてるわけじゃなくて、声かけてもあんまり聞こえてないみたいなんで、しょうがないんです。

これはそれこそ大熊時代、原時代から、通して変わらない印象ですね。ガーロはよく分からん。(笑)
城福さんになってサッカーの内容的には、なかなかに充実・成熟して来たのかも知れませんが、逆に城福さん自体、ここで言ってる「性格」の権化みたいなところがあるので(笑)、差し引きトントンというか、変わってるようで変わってないというか。
浦和に対するコメントも、いつも正直「ハア」という感じですし。ま、浦和に限らず、常に自分内の基準でのみ喋る人という、印象ではありますが。お似合いの監督だなあというか、ここまで来ると一種の「文化」だなあというか。

サポどうしも仲良さそうですしね。ブログ・シーン一つ見ていても、連絡性の良さは僕が各チーム見た中でも、突出している感じです。はてな使ってる人が多いというのも、大きいんでしょうけど。
ヴェルディともレッズとも、全く違う雰囲気。具体的にどうとかは、自分も当事者なんであれですけど。(笑)
とにかく今後も独自路線で行っ・・・・た方がいいのかどうかは、よく分かりませんが(笑)、でもそう簡単に変わるものとも思えないし。なるようになるか。


もう少しだけまともな話を。
メンバー編成的観点からのFC東京の印象は、一言で言って「寄せ集め」。・・・・ん?ちょっと語弊があるか、言い直しましょう(笑)、「寄り集まり」。とにかく何か、「色」が見え難いんですよね、それなりの段階に来たチームにしては。キャラクターが無いというか。軸が無いというか。メンバーが思い出し難いというか。(笑)

例えばこの日のスタメンの出自から言えば、

権田、椋田、梶山・・・・下部組織生え抜き
今野、徳永、平山・・・・アマ(学生サッカー)のスター/有望選手
米本、赤嶺・・・・無名からの叩き上げ/抜擢
鈴木達、羽生・・・・ひと通り完成された中堅の移籍選手
ブルーノ・・・・期待されてたのかどうかよく分からない外国人選手

最後うっかり余計なオチをつけてしまいましたが(笑)、まあ概ねこんな感じ。

下部組織にはそれなりの定評がありますが、塩田と長友の本来不動のレギュラーの故障という事情で、今年権田が、ここ最近椋田が顔を連ねているのでそれなりに格好はついているものの、必ずしもそういうチームでもない。外国人も中途採用(笑)も、まずまずの選手を獲っては来ていますが、今一つか脇役っぽいか。仮にカボレがいても、その印象はそんなに変わらない。
実は一番「FC東京らしい」特徴だと僕が思うのは、二段目の"アマ・スター"枠で、Jでも相対的に上位の観客動員力と、「東京」という立地の魅力で、今後もこの部分については恒常的にそれなりの優位を、キープするのではないかと予想できます。

ただそうした選手の誰かがいち時代を画しているわけでもないし、結局のところ色んな選手が、色々な経緯で何となくいるという感じで、それを「FC東京」たらしめているは、時の監督であったり上述の「文化」そのものであったり。
なんか不思議な感じですね。まとまりはあるけれど、基盤が無いような。だから監督人事でミスると、あっという間に混沌に呑み込まれる危険が、この段階に来てもほとんど変わらずあるような、そういう印象。
「全員サッカー」というより、「脇役サッカー」?(笑)。桂馬と香車と銀の将棋というか。悪意は無いです、信じて下さい。(笑)

ここ数年のトータルで言えば、金は有り余ってるわけではないけれどそんなに無い方でもなかったはずだと思いますが、なんでこんな感じになってるのか。面白いなと思いますけど。
梶山か平山でも「大物」になれば、また変わって来るんでしょうけどね。今のところは、極端に言えばアマラオが最初で最後の、"大物"(というか"中心"?)選手みたいな。
方針でもあると思います。でもそれより、そう"なっちゃってる"部分の方が、大きく見えますが。

対する浦和の方は、文字通り金があったので、文字通りの「寄せ集め」色が強い形で現在に至り、ただそれら寄せ集めた選手たちは概ね寄せ集めただけの働きはして、非常にキャラクターの強いチームにはなりましたね。
今はようやくその威光が衰えを明らかにしているのと、同時に下部組織出身選手の目覚ましい突き上げも起きて、"過渡期"の一言では済まされない、何とも言えないスリリングというか不安定というか、あちこちでギャップの目立つ、そういう状態。これからどうなるのか、変革は間に合うのか。

少なくともヴェルディ川崎やジュビロ磐田のいち時期よりは、「次」の材料は見えている分、幸せなんでしょうけど。


試合の方は、赤嶺が決めなかった試合・・・・いや、まあ、でも、実際そういう印象も強いですが。
決めてナンボの赤嶺ですし。
レッズの方から言うと、要はそろそろお馴染み、僕の言う"フィンケ・ソフト"(フィンケのパス回しプログラム)が、束の間動作環境を得て発動して、でも結局それで試合が決まってしまったという、そういう試合。

それ自体の威力は、既にある程度証明済みで、ただそのピンポイントの"動作"以外の部分をどうするか、トータルをどのようにコーディネート、マネージして行くかが当分&当面の問題で。
この試合は見ての通り、得点直後の原口退場による数的不利が、戦い方を上手く整理して"トータルコーディネート"して、少なくとも集中した戦いを完遂することは出来ました。

それについて、てっきりまた犬飼がスポ新に乗せられて何か言ってる

 浦和“堅守速攻”で競り勝った…社長は酷評(スポニチ)

と思ったら、「橋本」の方の「社長」だったか(笑)。未だにとっさに、こんな反応になってしまいますけどね。
しかしこの人も、こんなこと今言う立場なのかしらん。政治的にも、男気的にも。スポ新バイアスを脳内調整しても、ちょっと釈然としないですが。

まあ書きかけの"フィンケ"問題については、改めて。
横着して試合評と兼ねようと思ってたんですが、久しぶりに書きたいことがあって"しまった"ので(笑)。コメント放置している次郎さんすいません。内容で答えに代える予定だったもので。
引っ張るほどの内容じゃないんだよなあ、さっさと書けば良かった、失敗した。(笑)


最後に、審判はクソでした。
何と言うか、「どうでもいいだろう?」と一つ一つ言いたくなる。
ルール上、or個別には必ずしも間違ってはいないのかも知れないけど、伝わって来る精神がクソなので、納得し難い。
あんまり審判気にしない人なんですけど、久しぶりにイライラしました。
原口がそんな悪いコに見えるかよ。


スポンサーサイト

コメント

どうも

「余所者の失礼」は、そもそも僕(のFC東京へのコメント)が先ですから。(笑)

>城福さんになってからはやや改善傾向だとは思うのですが・・・。
確かに駆け引きや試合運び的なものを強調しているというのは、去年あたりよく言われていた記憶があります。
ただ何と言うか、僕が感じたのはそれ以前、そういう"テクニック"を繰り出す前の、まず胸を合わせるなり拳を組むなり(笑)、「取り組み」「試合」を成立させる段階の特徴・・・・マイペースさというか内向性というか、そういうことなんですよね。何かこちらを見ずに突っ込んで来るような、一瞬勢いにはたじろぐんですが、結局「見」てないので致命傷は回避出来るというか、そんな感じです。

逆に浦和は特に「外向」的で、「見」るタイプなので、普段はさほど問題にならないレベルのものが、強調されるのかなと。
余談ですが更に浦和の場合、「見」てしまうことが、その「分別」が、それこそ今季のニュースタイルへの集中力を殺いでいる可能性も、あるかと思います。

FC東京が「見」ることを覚えて浦和を捕まえるのか、それとも体質は変わらないまま、絶対値で粉砕するのか、何となく後者の方が見たいような気が、個人的にはします。(笑)
まあでも城福FC東京のライフサイクルも自体、そろそろ成熟期なのかも知れないですけどね。だとしたら前者か。

はじめてコメント致します。さらに、いまさらですが・・・。
私は東京サポです。が、こちらの東京評、大変的を得ていて、とても楽しく拝見させて頂きました。仰るとおり、相性って大きいと思います。昔はまったく逆で、浦和にだけはなぜか負けないって時代もありましたし。
東京が自分たちしか見ていないというご指摘、実は私もずっと昔から思っておりまして、特に原さん時代はその思想が極端でした。「自分たちのサッカーをして」という枕詞はこのクラブが試合に挑むに当たって必ず付くものですから。でも、城福さんになってからはやや改善傾向だとは思うのですが・・・。
浦和は勝ち方を知っているというか、抑えるところをきちんと抑えることができる、国内でも有数のクラブに思えます。今は順位はあれですが(笑)、ビッグクラブには変わりがありませんし。今回もそう思わされました。

余所者が長文失礼しました。

否定はしませんが、一般論過ぎませんかね。
それに少なくともここ2年くらいの浦和に"真っ向勝負"「だから」勝てないのだとしたら、それは単にFC東京がてんで弱いという話にしかならないと思うんですが。
そういうことがおっしゃりたいわけでは、ないんですよね。

僕はやはり、FC東京が"力を発揮できていない"もどかしさを強く感じているので、上のような書き方をしてみた次第です。

FC東京が浦和に弱いのは、真っ向勝負で勝とうとするからだと思いますよ
個で勝てない相手に対して引いて守るようなことをしてこない
それが浦和相手だと顕著になる
そういうことだと思う

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/358-f7547718

先週末に観た試合

第40回トゥーロン国際大会 日本U-23 ●2-3○ エジプトU-23(ル・ラバンドー・フランス) うん、やはり”代表”戦は楽しい。 一つにはレギュレーションの問題があって、つまり「初めにFAカップありき...
  • [2012/05/29 13:55]
  • URL |
  • みどりのろうごくblog |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。