スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和?鹿島(’09)メモ & 来季展望 

まあ、こんなもんでしょう。

J1第34節 浦和 ●0?1○ 鹿島(埼玉)

実は"妥当"な到達点のような気が、しないでも。


「序盤は勝ち過ぎで中盤は負け過ぎ」だという話を前回しましたが、例えばシーズン開幕前に、「終わる頃はこんなだよ」ともしこの試合の映像を見せられたら、おおかたの人は納得したんじゃないでしょうか。馬鹿な想定ですが。(笑)
一応持てて繋げて、鹿島相手に「試合」にはなった、でもそこまで。

まあ、そんなところかなと。ほとんど従来と逆の方向に、基礎も無いところからからやったんだからと、たいていの人のあの時点での反応としては、そうなったろうという気がします。
もっと酷いことになるんじゃないかという不安は、実際ありましたからね。"パスサッカー"以前に、4バックでまともにやれそうなサイドバック自体、いないじゃないかとか。細貝すら、実績が無かったわけだし。山田暢も坪井も、そもそもまともに動けるコンディションなのかとか。

そこからすれば、割りと上手くやったみたいじゃないか、"フィンケ"とかいう、新しい監督。(笑)


実際「試合」になったなというのが、この試合についての僕の一番の感想です。
こてんぱんにやられると思っていたわけでもないわけですが、開幕戦で感じた「子供」(浦和)と「大人」(鹿島)という印象、こっちだけがバタバタ駆けずり回って向こうは涼しい顔で最低限の動きで仕留められるという気恥ずかしさ、それを結局同レベルで繰り返すかも、ここんとこ比較的落ち着いてるように見えたなんちゃってポゼッションのなんちゃっての部分を、残酷にえぐり出される羽目になるかもという、最悪な想定の方は回避出来たなと。

攻め切れないくらいがなんだ。繋ぎの時点で恥を掻くかも知れないと、恐れていたんだから。(笑)
全体として鹿島の手の内(誤差の範囲)に留まっていたのは否めないでしょうが、ちゃんとやり合っていたし駆け引きしていたし、鹿島の想定を越えて攻め込めていたことも、何度かはあったと思います。
そこで点を取らないと、慌てはしてくれないわけですけどね。王者なり、「上位者」の気分でいるチームは。
うっかり見せた弱みは、ギリギリまで無かったことに(笑)。そのご都合主義もまた、強さの一部。

まあとにかく、変な「イベント」みたいだった開幕戦から、差はあってもいい意味でありきたりな「試合」のレベルに、浦和の"パスサッカー"が日常化されているのは、確認できました。


それが「順調」ということなのか、あるいは発展段階的にどこらへんにあるのかとか言われると、よく分からないんですけどね。
一年もやってりゃあ嫌でも起こるだろう、自然的馴化という以上のものなのかは。
ただ「戦術」としての実効性への不満はともかくとして、パスサッカーの「文化」みたいなものとしては、僕の予想よりも少し上のレベルに落ち着いて、終わったかなあと。フィンケが去ってもそれなりに残るレベル、と、これも前回言いました。

フィンケ個人によるのか、レッズのサッカーに実は隠れていたものなのか。
うっすら後者も感じているんですが、ちょっと僕のレッズについての知識・経験では、はっきりしたことは言えません。



さて来年ですが。

フィンケ続投。トゥーリオ退団。
一つの方向性は、既に出ているようですね。

やることはだから決まっていて、フィンケの望む方向に選手層の入れ替え・若返りを図りながら、今季のサッカーのレベルアップ・完成を目指すと。


いくつか問題があるかも知れないのは、まず"若返り""走れるチーム化"ということなんですが、トゥーリオ以外の旧主力選手は概ね契約続行が決まっているようで、また「若手」もある意味今季既に十分な数"出て"は来ているわけで、そんなに目に見える変化は来季も無いだろうと。
後は内実を煮詰めて行くという、比較的地味な作業になって、意外と「改革」一年目の今季より、難しい部分もあったりなかったり。

例えば僕は左サイドの永田なんてのは、山田直輝に次ぐくらいのインパクト・改革力のある素材だと思ってるんですが、そこには今季細貝が「台頭」して、ある意味落ち着いちゃってる。細貝は・・・・"若手"なの?(笑)
ポジションも選手も限られているだけに、意外とこういう行きがかりは、妨げになったりする。


最終成績もどうも中途半端ですしね。
反省・大改革を正当化するような成績でもないし、そういう意味で本当に来年は「継続」の年で、その地味さはフィンケの正味の指導力や求心力を、厳しく問う/問われることに繋がるだろうなと。吠えるトゥーリオがいなくなっても。(笑)

土台らしい土台があって、流れらしい流れがあれば、「継続」・発展も願ったりなんでしょうが、どうも今季のフィンケ・レッズの一年の過ごし方としては、あっちゃこっちゃ行ってる内に何となく真ん中辺に残ってるものが固まったというか、低レベルだけど実は完成しちゃってるんじゃないかというか、そんな分かり難い印象を僕は受けるんですよね。
だからほんとに、「状況」ではなくて、フィンケ個人の「意志」や「意識」が、来年のチームを導く必要が出て来ると思います。

極端に言うと、レッズを応援するというよりフィンケを応援する感じになるんじゃないのか。応援するならね。(笑)


そして更に僕の懸念ですが。
それはレッズの「若返り」そのものについて。フィンケ・レッズのというか。

確かにフィンケのサッカーに、前提としてかなりの運動量が、それをこなせる肉体的能力や余力が必要なのは明らかでしょう。
また比較的極端な「全員サッカー」であって、(攻守)役割分担に慣れた、そこでの「仕事」人ぶりでここまで残って来た従来の主力選手たちの適性に、問題が多いのも確かでしょう。

となるとフレッシュでユーティリティな若手たちへの切り替えという話にはなるわけですが、果たしてそれでいいのか。
それでフィンケ・サッカーそのものが立ち行くのか。少なくとも今年一年を見る限りでは、どうも僕には疑問があります。

つまり、そうですね、例えば大連敗が始まる前の、ナビスコあたりの妙に微温的な、スタイルと選手起用とか(その言わば"バチ"が当たる形で大連敗が起こった感じもするんですが)を思い出してもらいたいんですが。
実は最初は高原の完成度を意外に評価していたり、"若手"の中でもエスクデロの頑強さや個人の強さを真っ先に重用した。
あるいは"結局ポンテ"であった部分(トゥーリオもか)や、苦し紛れとは言え「点取りたきゃ高い選手連れて来るしかない」と居直った例の発言とか。

戦術的にもアバンギャルドに突き抜けるようで意外とそうでもない、何度も言ってますがパスワークの中核的システムそのものは持っているけれど、それをどう全体として実現するかは、意外と曖昧というか常識の範疇というか、選手任せというか。
つまり・・・・一言で言うと、実はフィンケはフィンケなりに、"ベテラン"や"完成された選手"を必要としている、むしろ必須かも知れない、フィンケの"システム"を、"サッカー"に翻訳してくれる具体化してくれる選手が。

フィンケにやや欠けている、サッカー人としての"パーソナリティ"を補ってくれるor代替してくれる選手がというか。
「生徒」ばかりのサッカーとか、想像するだに少しげんなりしますけど。誰か話の分かる奴はおらんのか。
連敗中とかは、正にそういう感じだったと思いますが。習ったことだらだらやってるだけじゃん。そこに誰かの意思はあるの?という。

オシムとかだと、本当に全部自分でやっちゃうんでしょうけどね。フィールドに出なくても、そこにオシムがいる状態というか。
それはそれで、後が困ったり比較が絶し過ぎてあれなんですけど。

山田直輝・・・・は、いいんですけどね。その上に、それ以外に誰かが、何かが欲しい。
監督がオシム、でもいいですし、なんなら中田ヒデが別にいてもいい。(笑)
序盤、ポンテと直輝がほんとに共存していた僅かな期間とかは、実に楽しかったですよね。例えばあのバランスですが。
現場監督、または「要所要所にベテラン」という状態が、実はフィンケにこそ必要なんじゃないかという気が、僕はしているんですが。その「完成」の為に。

フィンケがどう考えているのか、過去どうして来たのかは、知りませんが。


ま、こんなとこですかね、今は。
これからまたメンバー編成が具体的に進んで/固まって来ると、これ以上のイメージも湧くでしょうけど。
現状維持だと結構辛そう。

エジミウソンは上で言った意味でも、どうも中途半端な気がしますが、しかしとりあえず文句の言えない成績を残してしまってるし(笑)。なんかこう、存在自体が罠みたいな感じのする選手。不満を紛らわす飴というか。
そう言えは高崎が戻って来るらしいですが、あれはあれで相当の器に見えるので、是非ともきちんと組み込んで欲しいです。
大卒選手ですし、また一年空白を作っちゃうくらいなら、日本サッカーの利益の為にケチケチせずにまた外へ出して欲しいくらいで。

後は堤の復活を個人的には期待しています。スキル的にも守備のユーティリティ的にも、非常に貴重なピースになりそうですし。
・・・・走る方どうでしたっけ?よく覚えてない。(笑)
濱田とかも魅力的ですね。うん、好きな選手はいるんだよ、個別には。
ただチームとしてのプロフィールが、どうも散漫で、現状。


ある意味フィンケは空気を読まないのが特徴だと思うので(笑)、一年目だろうと二年目だろうと、構わず我が道を行きそうで(例え繰り返しになっても)、そこらへんがいい方に出ればなと。


スポンサーサイト

コメント

お、そこまで遡りますか。(笑)
僕がとりあえず念頭に置いていたのは、具体的にはオフトがやった仕事の、例えばギドの(最終的な)チームの、例えばフィンケのチームの、それぞれに実は生きている影響とかそんな感じのことだったんですが。

確かに、僕もお世辞にも詳しいわけではないんですが、浦和ユースの近年のやや急激という印象の充実ぶりとかは、不思議と言えば不思議だったんですね。
なるほど、そんな経緯があったのか。

まあユース組は勿論そうですし、今レッズに所属している他の選手たちも、ここに至る選手生活の過程のどこかではそんなサッカーに触れて来ているはずなので、純粋な「見習い」期間が過ぎればそれぞれが自発的に関与をし出しても、不思議じゃないと言えば不思議じゃないんですが。
ただ必ずしも手癖(足癖)で出来るようなタイプのパス回しでもないことも多いので、意外と慣れるもんだなあと結構感心しながら見ています。

地域性はおおむねサッカーに出る、他地域の人間だろうと染まる、って山形の誰かが言ってた気がします。
浦和も、ユースやらレディースやら見てる限り、地域性に「そういうもの」は隠れてるような気はするんですが。
特にユースは、監督が自分を消して地域性の吸い上げを意識したらあんな風になった、って感じみたいですし。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/363-862eaf8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。