スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『書剣恩仇録』レビュー改訂完了 

カテゴリートップ


あー、しんどかった。
改訂はある意味いちから書くよりしんどいというのはほんとのことですね。
金庸先生もゴチャゴチャ改訂ばかりやってるくらいならむしろ新作を・・・・(笑)

オリジナルの論旨を極力裏切らないようにしつつ、新しい印象を付け加えようと苦吟してバランスを考えた結果、

 1.根本であった(その1)はそのまま残す。
 2.(その2)(その3)の批判点は踏まえつつ、それに弁護を書き加える。
 3.褒めていた(その4)は2の”弁護”の一部として吸収する。


という方針で(その2)?(その4)を全面的に書き換えて、そこに更に

 4.(その5)としてまとめを付け加える。

という形で決着。


まあ満足度としては75%くらいですけど、嘘はないですよ。恥ずかしかった部分も消せた・・・・と思います。(笑)
一緒に借りて来ちゃったので、多分次は『碧血剣』の再読・書き換えをやっちゃうと思います。ちゃんと辻褄合うかな。


サイトトップへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/39-fd708db3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。