スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「竜の封印 ?神の系譜1」西風隆介 

神の系譜〈1〉竜の封印 神の系譜〈1〉竜の封印
西風 隆介 (2000/04)
徳間書店

この商品の詳細を見る

西風(ならい)と読むそうです。いかにも何か由来がありそうなPNですが。
筒井康隆・高橋克彦・南山宏と、豪華キャストの推薦者を引っ張り出しての徳間の大プッシュもけたたましい伝奇SFミステリー(?)ですが、本人は割りと飄々とした感じで好感が持てました。1955年生まれとそこそこお年ですが、少年少女の描き方なんて凄く伸び伸びした感じでいいな・・・・とは思いますが、逆にこれは古い描き方か、あるいは距離感があるから出来る描き方なのかなとも少し。売れてんのかね、よく知らん。

ノベルズ版のその”賛”つきの装丁を見て即座に連想しましたが、明らかにウブメでデビューした当時の京極が意識されていて(少なくとも売り手が)、内容的にも彷彿とさせる、あるいはいかにも”京極後”を感じさせる「情報小説」「思弁小説」。(どちらも筒井の評)

・・・・と、なんかネガティヴな紹介になってしまいましたが、普通に楽しいです。
特に京極『榎木津礼二郎』の例の「他人の記憶が見える」能力の可能性、あれを基本的には京極の仮説を引き継ぎながら(多分)、認知神経心理学とやらを踏まえて結構丁寧にフォロー/展開してあるので、京極好きな人も読んでみたらいいと思います。

詳しくは読んでのお楽しみということにしておきますが(笑)、とりあえず僕が思うに他人の「記憶を見る」あるいは「思考を読む」、いずれも十分に想像の範囲内だと思うんですよね。(僕自身そういう素養が無くも無いタイプの人だと思いますし。)
なぜかと言えば、実は人間は日々それをやっているからです。・・・・ただし対象は自分ですが。自分という名の「他人」。

つまり他人をどうこうするより前に、まず自分の「記憶を見」たり「思考を読」んだりしないと日常生活が送れないわけで、当たり前にやってるようで実はこれ自体一種の技術で、成功/失敗もあれば上手い/下手も歴然とある。
そしてこれが上手くなれば、またはそのプロセス・システムを深く明確に理解出来るようになれば、それの転用(”類推”ともいう)で自然かなり他人のそれへのアクセスも可能になるというそういうことです。

勿論その前提として我々が使っている「脳」というシステムの規格性・共通性、そしてそれぞれの脳・・・・言ってみればパソコンを繋ぐネットワークのようなものの存在を想定しなくてはいけないわけですが、そこらへんはネタバレにもなるので本編を読んで下さい。

最後に一言。自分で思ってるほど人は「個性的」ではないのです。
それは忌々しいことでもあり(笑)、一方では孤独ではないという喜びでもあるわけですが。

サイトトップへ
スポンサーサイト

コメント

あ、そうなんですか

失礼しました。
全く、全然、これっぽっちも、露ほども(しつこい)そういう可能性を考えてなかったもので横着しました。調べてみます。・・・・論争?

[ググった結果]

アイデアというか元の理論が西風=ゆうむ→京極という順序なのは間違いなさそうですね。
ただ背景無視して小説の発表順としては京極→西風であるし、何より小説の形態としては京極あっての西風だというのもやっぱり言えるように思います。

不思議なのはトクマの煽りは別にして、西風の書き方そのものはむしろ淡々と京極フォロアーであるようにしか僕には読めないということなんですけど。”当てつけ”というようなニュアンスは全然感じられない。
どういうつもりなんでしょう。「こんな感じで誰でも書けますよ」という消極的主張なのかな。いやあ。

逆、逆。

京極堂より西風が先。
色々と論争はあるけれど。
『ゆうむはじめ』でググれ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/63-330b94da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。