スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『書剣恩仇録』総評 

書剣恩仇録〈1〉秘密結社 紅花会 書剣恩仇録〈1〉秘密結社 紅花会
金 庸 (1996/10)
徳間書店

この商品の詳細を見る


”最初から完成された作家金庸”・・・・の、習作

完成されてるのに習作とはこれいかに。

さすがにデビュー作ですし、しかも作家デビューに向けて長年準備を重ねて来たわけでもないのにいきなり「毎日連載の新聞小説」なんて過酷な条件ですから、多少はバタバタするのも致し方はないと、とりあえずは常識的にも言えると思いますが。

ただそういう言い訳的な理由とは別に、むしろ作品に関する意識付けの問題・性格が、このデビュー作の「習作」性、今イチピントの合ってない印象をもたらしているより大きな原因なのではないかと思います。狭義の”技術”という意味では最初から何も問題はないし、こめられている思想そのものも後代に比べて別に青いとかそういうことは全然なくて、それこそ”完成”されている。

とりあえず具体的な難点としては
(1)文体が(他の作品に比べて)硬い。他人行儀。
(2)パートは充実しているが、全編としては何かそのパートが機械的に継ぎ足し継ぎ足しされているだけのような印象があり、全4巻と特に長い方ではないのに個人的には全作品中で一番長く感じた。え?まだ続くの?
(3)作品の基本的身分表示としての「大義名分」がうるさい、わざとらしい。(第1期の特徴の甚だしいもの)
・・・・といったことが挙げられると思います。

(1)に関してはやはり、単純に自信がまだなかった&こなれてなかったということでしょうね。
(2)についても当然新聞小説の細切れのペースがまだよく把握できなくて、結果パートの繋がりがだらだらと足し算になってしまったか、もしくは安全策でパートはパートとして最初から割り切って単純化して書いたか、いずれにしても広い意味での未熟・不慣れは否定できない原因としてあったと思います。

でもそれだけではないのではないかと。


習作だけど「集大成」、「決定版」

またもやなんなんだという感じですが。(笑)

つまりこういうことです。
なろうと思ってなったわけではなく、かつ今後特にこれで身を立てて行こうという予定もなかった”腰掛け作家”金庸にとって、このデビュー作は同時にラスト作でもあり得たわけです。
また一方で文学についても武侠小説についても溢れんばかりの知識・教養を持ち、沢山の言いたいことをしかも最初から十分に洗練された形で準備万端保持していた、そういうおよそかわいくない(笑)「新人作家」金庸でもあったわけです。

そこでどうしたか。
新人の身の程を知るわけでもなく、アマチュア時代から育んだピュアな想いを凝縮した形でぶつけるわけでもなく(そもそもそんなものはない)、金庸は「この際だ」と『武侠小説』という形態で吐き出せるものをいきなり全部吐き出してしまおうとした、あるいは『武侠小説』ということでイメージ出来る完璧なもの/包括的なものをいきなり書いてしまおうとした、そういう風に僕は感じました。
それがこの積算的にゴテゴテした構成になり、それに慣れが追い付かないことでやや散漫にとっちらかった全体的印象ともなったと、そういうことではないかと。

・・・・言わば ビートルズがいきなり『ホワイトアルバム』

ザ・ビートルズ ザ・ビートルズ
ザ・ビートルズ (1998/03/11)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

でデビューしてしまったようなもの と、こんな比喩を使えば分かる人には分かるでしょうか。そういう「集大成」、「決定版」。
どんなに実力があってもいきなり『ホワイトアルバム』は無理ってもんで。

『書』と『剣』と『恩』と『仇』と。タイトル自体、武侠小説の目録のようです。

各論につづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/7-fc223ef3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。