スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスペルガー/高機能自閉症と多重人格 

自閉症だったわたしへ〈2〉 (新潮文庫)自閉症だったわたしへ〈2〉 (新潮文庫)
(2001/03)
ドナ ウィリアムズ

商品詳細を見る

詳しくはここなどを参照してもらいたいが、アスペルガー症候群、高機能自閉症などと分類される特殊なタイプの自閉症者がいる。簡単に言うと知能や学習に健常者からの大きな劣勢が見られず(むしろ天才的能力を発揮することも多い)、また自閉症と聞いて一般の人が連想するようなあからさまな”自閉”症状、外界との非交渉的行動を示すことの少ない自閉症者のことである。

そういう人たちはきちんと診断されないと自閉症、障害と認められることがなく、部分的に示す自閉的あるいは奇矯な言動・行動から単に問題児、協調性のないわがままな人、お高くとまった傲慢な性格と誤認されて排除や迫害を受けることも多い。またしばしば本人も自分のそういう傾向に悩み、なかなかその本当の原因に思い至らずに自責の念を抱き続けたり無理解な周囲の人に不信や絶望を感じる。

どんなに「高機能」で軽症に見えたとしてもやはり彼らは自閉症特有の認知/現実解釈/表現のシステムの重大な欠陥、あるいは健常者との齟齬を抱えているのであり、彼らの見かけの適応、「高機能」ぶりの陰には尋常でない努力や特異な工夫が隠れている。
そしてその”工夫”の代表的なものとして多くのそうした人たちが報告しているのが本書でドナ・ウィリアムズが『キャラクター』『仮面の人物』と呼んでいる、多重人格者の”人格”とよく似たツールである。僕の知る限り両者の関係について学問的に確定した認識はなされていないようだが、多重人格という現象を理解する上で有用だと思うので以下に事例をまとめてみる。

なお本書はドナ・ウイリアムズが(高機能)自閉症者である自らの内面を鮮やかに描写して世界的ベストセラーとなった『自閉症だったわたしへ』

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)自閉症だったわたしへ (新潮文庫)
(2000/06)
ドナ ウィリアムズ

商品詳細を見る

の続編、後日談である。


サイトトップへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinyo.blog66.fc2.com/tb.php/85-ed9b3511

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。